【50代でせどり隠居生活】公式ブログ

 あなたもせどりで隠居しませんか?会社を辞めて1日3時間で安定月収70万の実践記(松尾幸典)

せどりをビジネス目線で見る

キャッシュを手元に残すために

投稿日:

ここでのテーマは
キャッシュを
手元に残すために、です。
 
 
 
 
結論というか
お伝えしたいことは
 
自分のせどり実績を
キャッシュフローで
数値化してみましょう、です。
 
 
 
 
 
 
 
 
一般に、
せどりの実績を
測るものには
月商(=月の売上)
月収(=月の利益)
の2つが
よく示されますが
 
手元にお金を
残すという目的では
 
キャッシュフローが
有効です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キャッシュフローの
計算式は、
売上-仕入れ金額-諸費用 です。
 
 
補足しますと
「仕入れ金額」は
仕入れ代金の他、
仕入れにかかった送料等の
金額も含みます。
 
 
「諸費用」とは、
Amazon手数料等、
売上があがったことに
伴って発生する費用です。
 
 
 
 
 
 
 
 
特に
数字が安定してきた方は
キャッシュフローを
指標として
管理されることを
お薦めします。
 
 
一方で
拡大を続けている方は
キャッシュフローが
マイナスになっても、
仕入れ金額を増やすことが
健全なケースも
ありますので、
 
売上や利益の方が
指標として有効です。
 
 
 
 
 
 
ということで
ここのテーマでの
お話は以上です。
 
 
 
 
P.S.
 
ここでのテーマとは
関係ないですが
 
最近、読んで
面白かった本を
ご紹介します。
 
「21世紀の「裏」ハローワーク」高城剛
↓↓↓
ここをクリック
 
ひとことでいえば
社会の裏側の仕事で
賢く稼いでる人との
対談集です。
 
 
 
 
いろいろな職業が
採りあげられており
赤裸々で
興味を惹かれましたが
 
私が印象に残ったくだりの
一つは、
ホストの方に
 
「ホストという職業は
 結局、愛人業ですか?」
と、ストレートに
訊いたことに対する
 
「いえ、女性を笑顔に
 する職業ですね」
という返しでした。
 
自分の職業に対する
誇りと機知の高さが窺えて
好感を持ちました。
 
 
 
 
しかしながら、
質問者が
さらに返して
 
「さすが、話術が
 上手いですね」
 
と言われたのには、
がくっとしました・笑。
 
 
 
 
 
 
 
 
P.P.S.
 
さらに関係ないですが、
 
先日、元SMAP3人が
ファンサイトを
立ち上げましたね。
↓↓↓
ここをクリック
 
昔は、大きな事務所を辞めると
仕事を干されることが
通例でしたが
 
今は、ネットを上手く使えば
仕事を作ることもできます。
 
旧来の秩序を壊す面も
出てくるかもしれませんが、
 
それは時代の変化ですので、
率直に、応援したいです。
 
 
 
 
 
 
それでは。
 
お付き合いいただき、
ありがとうございました。

-せどりをビジネス目線で見る

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

考えるより行動せよ、って言われるけれど

ここでのテーマは 考えるより 行動せよ、って 言われるけれど、です。             結論というか お伝えしたいことは   …

中古家電は大丈夫?

ここでのテーマは 中古家電を買うときの 不安です。     結論というか お伝えしたいことは   せどらーとしては、 お客さんの不安を 先回りして、 払しょくしましょう、 …

no image

せどり教材を買うときには

ここでのテーマは せどり教材を 買うときには、です。         結論というか 一つの示唆としましては   売る側の立場になって 考えると 見えて …

10000連休

ここでのテーマは 昨日に引き続き、在庫です。   このGWは在庫の健全化に 取り組みました。         同じようなテーマが続き すみません。 & …

IDせどり

ここでのテーマは データを使ったせどりです。     (”IDせどり”というタイトルで 奇をてらいましたが、 その昔、野村克也監督がはじめた ”ID野球”のせどり版を イメージした …

   

松尾幸典
49歳で会社を辞めて
専業せどらーに。
せどりは開始9か月で
月収70万になり、
隠居生活を過ごす。
詳しくはこちら


         
私のメルマガを読んでみませんか?
隠居生活を実現するための
時短・高利益・安定の3つを
同時に満たすせどりについて
ご指南します。
※メルマガは私の「せどり講座」です。

↓ご登録はこちら(プレゼント付き)。
*メールアドレス
お名前(任意。ニックネームでも可)


↓応援ください!(クリックください!)