LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社をアーリーリタイア。働くのは3時間だけの隠居生活を過ごしています。

古物商の法令講習会に参加。結局、どんな内容?

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

ここでのテーマは
警視庁開催の
古物商の法令講習会に
参加してきました、です。

 

結論というか、お伝えしたいことは
警察の関心事は、
もっぱら盗品流通の防止ということが
分かりました。

一方で、
ネット売買をイメージすると
まだまだ制度や運用がついてきていない、
という印象も持ちました。

(その分、有事の際の、せどらーへの
直接的な影響も大きいという
ことになってきます)

 

 

今回の講習会ですが、
正式名称は、
「古物商等新規許可業者法令講習会」で

わたしは、免許取り立ての
新規業者ということで参加してきました。

 

ただ、内容的には、
古物営業法の重要事項の
周知徹底でしたので
特筆することはありません。

 

が、わたしなりの収穫としては、
警察の関心事は、
もっぱら盗品の流通を防ぐということにあり
この関心事にそって、
捜査内容や、捜査上で古物商に求めることが
決められているのが分かったことでした。

 

 

そして
自分にひきつけると、わたしは、仕入れは
もっぱらヤフオクですので、
ヤフオクの仕組みが、盗品流通に対し
どれだけ抑止力を持っているかが、
自分への影響を左右するということにも
なります。

 

そう思って
講習会後に

ヤフオクの規約やスタンスを調べたところ、
ヤフオクのヘルプによると、こんな感じです。
↓↓↓

すなわち、
・盗品の出品は規約違反
・見つけたら警察に要相談
ということですので

残念ながら仕組み自体の抑止力は強くなくて
また、ヤフー自体が盗品流通が起こった時の
責任の一端を担うというスタンスはありません。

(従って、もしヤフオクで誤って盗品を
仕入れた場合には基本的には
自分で何とかしないといけないです)

 

 

見方が難しいですが、
ネットでの売買に関しては、
まだまだ制度や運用がついてきていない、と
いうふうにも解釈できます。

 

ということで
ここのテーマでのお話は以上です。

 

P.S.

講習会では
古物商(店舗)に買い取りを希望する
お客さんが現れたときに、
盗品をどうやって発見するかも
詳しくお話されましたが、

要約すると
・品物自体に不審はないか?
・持ち込む人に不審はないか?

という2点から、
ご自分のプロの眼をもって
ぜひ見破ってください、と
いうことでした。

 

ちょっと拍子抜けでした・笑。

 

 

それでは。

お付き合いいただき、
ありがとうございました。

 

隠居生活ができる”隠居せどり”は魅力的だけど、
どこから学び始めたらいいのかわからないという方に

ゼロベースから順を追って学べる
隠居せどりの基礎講座として
メルマガをご用意しました。

隠居せどりは、体系化され整合性を重んじていますので
学ぶ順番が大事です。

ご登録いただいた日から、メールが1日1通ずつ届きますので
着実に順序立てて学びが進められます。

特に、
・忙しいばかりで売上が伸びない。
・不良在庫ばかり増えて困っている。
・手元にお金が残らない。

というお悩みをお持ちであれば
隠居せどりは抜本的に解決する仕組みを持っています。

ぜひ、あなたのせどりに採り入れてください。

↓↓↓ご登録はこちらからです。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

今なら、メルマガ登録いただくことで
満員御礼を博しました
「せどり隠居セミナー」資料のLite版を
無料でプレゼントしています。

要旨を8ページにまとめていますので、
隠居せどりの骨子を短時間で学べます。

この機会にぜひ手に入れてください。

※ご登録後、自動返信メールにて資料のダウンロードURLをお知らせします。
 メルマガも自動で配信が開始されます。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2017 All Rights Reserved.