LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社をアーリーリタイア。働くのは3時間だけの隠居生活を過ごしています。

「珍夜特急」を読んで思い出したこと

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

ここでのテーマは
「珍夜特急」を読んで、です。
 
 
 
 
結論というか
お伝えしたいことは
 
せどりで失敗しても
命まではとられません。
 
時にはそう思って、
気持ちをラクにして
 
へこたれないで
続けることが大事、です。
 
 
 
 
 
 
 
 
「珍夜特急」とは
最近のベストセラー本です。
↓↓↓
ここをクリック
 
沢木耕太郎さんの
「深夜特急」を
もじっているので
 
内容もパロディかと思って
読みましたが、
オリジナルの体験記で、
面白かったです。
 
 
 
 
 
 
私も若い頃は頻繁に
外国旅行をしてました。
 
それで、無計画がたたり、
よく命の危険にも遭いました。
 
なかでも、いちばんは
アラビア半島を旅していたときで
 
移動のために
小さな旅客機に乗ったのですが、
そのうち、飛行機の調子が悪くなって、
客室に霧のようなものが発生し
酸素マスクが降りてきたときには
けっこうな確率で死ぬと思いました。
 
 
 
 
 
 
比べるのが適切かどうか
分かりませんが、
 
それからすると、
せどりでは少々失敗しても
命までとられることはないです。
 
 
私は
せどりでは、今でも
いろいろと新しいことを
試していて
結果的に
数字が悪くなると
ガーンときますが、
 
生命レベルでみると
何でもないことです。
 
 
 
 
 
 
せどりでは、なかなか
命までとられる事態には
ならないので、
 
時にはそう思って、
気持ちをラクにして
 
へこたれないで
続けることが
大事だと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
ということで
ここのテーマでの
お話は以上です。
 
 
 
 
 
 
P.S.
 
話は戻りますが
他にも、日本に
帰国できないかもと
いうレベルまで
含めると
まだまだたくさんの
体験をしました。
 
 
なかでも、いちばんは
まだソビエトという名前だった
ロシアを旅していたときで
 
ちょうど
ゴルバチョフ書記長が失脚する
クーデターが起こりました。
 
モスクワに戦車が出て
けっこうな確率で、
しばらくは日本に
帰れないのではと
思いました。
(→大丈夫でした)
 
 
 
 
 
 
 
それでは。
 
お付き合いいただき
ありがとうございました。

 

隠居生活ができる”隠居せどり”は魅力的だけど、
どこから学び始めたらいいのかわからないという方に

ゼロベースから順を追って学べる
隠居せどりの基礎講座として
メルマガをご用意しました。

隠居せどりは、体系化され整合性を重んじていますので
学ぶ順番が大事です。

ご登録いただいた日から、メールが1日1通ずつ届きますので
着実に順序立てて学びが進められます。

特に、
・忙しいばかりで売上が伸びない。
・不良在庫ばかり増えて困っている。
・手元にお金が残らない。

というお悩みをお持ちであれば
隠居せどりは抜本的に解決する仕組みを持っています。

ぜひ、あなたのせどりに採り入れてください。

↓↓↓ご登録はこちらからです。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

今なら、メルマガ登録いただくことで
満員御礼を博しました
「せどり隠居セミナー」資料のLite版を
無料でプレゼントしています。

要旨を8ページにまとめていますので、
隠居せどりの骨子を短時間で学べます。

この機会にぜひ手に入れてください。

※ご登録後、自動返信メールにて資料のダウンロードURLをお知らせします。
 メルマガも自動で配信が開始されます。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2017 All Rights Reserved.