LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社をアーリーリタイア。働くのは3時間だけの隠居生活を過ごしています。

筑後川を渡る

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

ここでののテーマは筑後川を渡る、です。
結論というかお伝えしたいことは胸に期するものがありましたが、です。

 

 

昔、好きで何度も見た、『嫌われ松子の一生』というドラマがあり、ひとことでいえば、転落人生ものです。主人公の川尻松子(内山理名)が、老境に住んだ場所から近い江戸川に20代まで住んでいた故郷の筑後川を重ね、思いを馳せるシーンがあります。

川というのは場所の象徴ですね。

わたしは福岡県久留米市出身で、帰ってきた気分になるのは、やはり、筑後川をわたったときです。ということで、いま(2019年7月3日)、久留米に帰ってきております。

 

背景はこちらです。
↓↓↓

 

件名は『ルビコン川を渡る』という故事とも掛けて、胸に期するものがありましたが、ひとまずは、母親の症状は、悪くなっておらず、ほっとしています。さっそく親元でのわたしの仕事環境を整えるべくこちらを導入(注文)、娯楽環境も整えるべく、こちらも導入(注文)。着々と整えています。しばらくは滞在予定です。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.

筑後川を渡るという件、実は、九州新幹線ができてからいつ渡ったのかわからなくなりました。本来、西鉄電車でゆっくり渡るのがいい感じの情緒です。

※今日は、せどりの話題がなくてすみません。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

 

隠居生活ができる”隠居せどり”は魅力的だけど、
どこから学び始めたらいいのかわからないという方に

ゼロベースから順を追って学べる
隠居せどりの基礎講座として
メルマガをご用意しました。

隠居せどりは、体系化され整合性を重んじていますので
学ぶ順番が大事です。

ご登録いただいた日から、メールが1日1通ずつ届きますので
着実に順序立てて学びが進められます。

特に、
・忙しいばかりで売上が伸びない。
・不良在庫ばかり増えて困っている。
・手元にお金が残らない。

というお悩みをお持ちであれば
隠居せどりは抜本的に解決する仕組みを持っています。

ぜひ、あなたのせどりに採り入れてください。

↓↓↓ご登録はこちらからです。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

今なら、メルマガ登録いただくことで
満員御礼を博しました
「せどり隠居セミナー」資料のLite版を
無料でプレゼントしています。

要旨を8ページにまとめていますので、
隠居せどりの骨子を短時間で学べます。

この機会にぜひ手に入れてください。

※ご登録後、自動返信メールにて資料のダウンロードURLをお知らせします。
 メルマガも自動で配信が開始されます。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2019 All Rights Reserved.