49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

昔、すごかった人【競争するのか、しないのか】

  
\ この記事を共有 /
昔、すごかった人【競争するのか、しないのか】

ここでのテーマは、昔、すごかった人です。
結論というかお伝えしたいことは、競争するのか、しないのか、です。

 

 

また会社員時代の話です。初めて会った取引先の人がいました。初仕事で、一緒に宮崎出張に。すると、自分は昔すごかった、そんな話をえんえんとされました。問わず語りとはこのこと。

それで、オチはそんな自分に、定期的に仕事をください。松尾さんからの仕事専門の事務所をつくります。そして、所長になるので、と。

もてなしとして、チキン南蛮発祥の店連れて行ってもらいました。※確か、ここでした。でも、チキン南蛮で仕事をくださいとは、いかがなものか。
↓↓↓


会社に帰り、まわりにきいたら、たしかに昔すごかった人でした。でも、すぐに見極めのときがやってきました。

わたしがピンチになって電話しても、まったく助けてはくれなかったです。つまり、今は無力で、昔の威光で仕事してる人でした。

 

わたしはもともと忖度しないタイプで、今の実力以外は関心ないです。でも、実力無い上司にも従ってました。なぜなら「会社員ですから」。

ごますりをしている男性のイラスト

そんな時期を経て、会社を辞めてせどりをはじめ、解放感がはんぱなかったです。忖度しないといけない人がいないばかりか、上司との人間関係もなくなりましたので。

 

でも、一方で、せどりもいいことばかりではなく競争社会です。自分の頑張りがそのまま良い方にも悪い方にもふれます。

ただ、この点については、わたしはオリラジ中田さんの考え方が好きです。あっちゃんはYouTube大学今も絶好調で、登録者数は450万人を超え、増え続けてます。

でも、サロンでいつも話してくれることはYouTubeは血みどろの競争社会」「自分もいつ追い落とされるかと危機感持ってやってる」と。

 

結局、どっちがいいか、ですね、競争するのかしないのか。いきなりアジアの話ですが、アジアでいえば、ここ30年くらいかけて日本は沈滞しました。

日本地図のイラスト

一方で、韓国・中国の成長がめざましいです。でも、成長してるということはイコール競争が激しいということ。実際、韓国・中国の国内での競争は、今でも、すさまじいそうです。

一方で、日本のように競争せず”みんなで貧乏になろう”という社会がよいのか?

 

どっちも大変そうですが、抜け道があります。それは、自分でサイズ感を決めた土俵で、競争することです。自分ひとり(自分の所帯だけ)が生活していくくらいの収入でよければ難易度がさがります。

収入の作り方はいろいろですが、そのなかでも、せどりでのスモールビジネスはいい感じの抜け道感があります。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

 ご案内  『50代から始めるせどり隠居マニュアル』(NEW!2022年版です)
 ご案内   せどり塾「松尾塾」【50代向けです】

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、
ぴったりの
電子書籍(無料)をご用意しました。




2022年版
50代から始める
せどり隠居マニュアル

(著)松尾幸典

サンプルダウンロード

紙の本の長さ:76ページ
発刊日:2022年1月10日

老後の不安、親の介護、社内での世代交代・・・をきっかけに49歳で会社を退職。1日3時間働くだけで、安定月収70万円の隠居生活を手に入れた具体的な方法を公開。ぜひお読みください。

カスタマーレビュー


私自身が現在50歳会社員ということもあり、松尾さんがせどりを始めた当時も49歳会社員だったとのことですので、背景的にも非常に参考になることが多いのではないかと考え、こちらの電子書籍を拝読させていただきました。
率直な感想は、せどり初心者が知りたいことを非常に簡潔に、かつ大変わかりやすくまとめてあり、様々な手法を提示せずに一択を推奨しているところも、何から始めて良いか悩ましい初心者には非常にありがたい内容でした。
ブログも併せて拝読し、これからの活動の参考にさせていただきたいと思っております。


無料のレポートなので、正直それなりのものという気持ちがありましたが、読んでみて、良い意味で裏切られました。今まで読んだこの種のレポートに比べ大変理論的な説明に驚かされました。信頼できる方だと思いました。


初めまして。いつもメルマガを拝見させていただいております。今回第三部で有料級の具体的な手法を公開していただき有り難く拝見させていただきました。
私も松尾さんが会社を退職されてせどり専業に取り組まれた年齢49歳に今年なりますので、とても親近感が湧いてせどり自体に興味が湧いてきました。またせどり塾に参加させていただく折にはお世話になろうと思います。

Copyright©50代で隠居生活 公式ブログ,2022All Rights Reserved.