49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

せどりをストックビジネス化する方法【定番商品を作るべし】

  
\ この記事を共有 /
せどりをストックビジネス化する方法【定番商品を作るべし】

ここでのテーマは、せどりをストックビジネス化する方法です。
結論というかお伝えしたいことは、リピートモデルを意識するとよい、です。

 

 

若干、難しい言葉ですが、ビジネスには、フロービジネスとストックビジネスの2つがあります。

せどりは普通にやると、フロービジネスです。
仕入れて売ってを単発で繰り返します。
それで、フロービジネスの短所は安定しないこと。

せどりも、”お宝探し”のスタイルでは今日、仕入れられても、明日、仕入れられる保証が無いです。
その日暮らし、と言っても良いです。

ため息をつく疲れたサラリーマンのイラスト

そこで、安定させるには、せどりのストックビジネス化を考えるとよいです。
ストックビジネスとは、継続的な利益が得られるもの。
せどりでやるには、いろいろありますが、分かりやすいのは、リピート仕入れリピート販売を意識すること。
自分の定番商品を作りリピートすることです。

経験値も積み上がるので、他人との差も開いていきます。

なお、定番商品を作るコツはジャンル選びです。
ひとつ明らかなのは新品よりも中古。
わたしの中古家電せどりもリピートモデルです。

 

詳細の仕組みは割愛しますが、そうして、リピートすること。
すなわち、ストックビジネス化することで収益の安定につなげることができます。

ということで、今日のテーマでのお話は以上です。

P.S.
ここからは、さらに深めた話です。
では、逆に、フロービジネスの長所って、なんだと思いますか?
それは、一度の利幅を大きくとれること

例えば、ナイキの限定モデルを並んで買えば(入手できれば)、大きな利益が得られます。
希少性に寄ってるからこそ、価値が極大化しているといえます。

バスケットシューズのイラスト(靴)

 

ただ、ここで、頭の良い人は情報網を整えます。
例えば
・毎年この時期に
・この場所で、
・こんな商品が
売り出される、と、”上流情報”をつかめば継続性ができます。
すなわち、ストックビジネス化できます。

ネットの口コミのイラスト

この、「一見してフロービジネスに見えるストックビジネス」はなかなか最強です。
上級編ですが、思考をこねくり回してみてください。

 

ちなみにそんな思考の最上級がキンコン西野さん。
以前、フロービジネスとストックビジネスについて書かれた記事がこちらです。

通常、外に出ないサロンの記事を例外的に、公開されてたものです。
誰も考えが及ばない領域に到達されてるのがうかがえます。

圧巻の内容です。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

 ご案内   せどり塾「松尾塾」【50代向けです】
 ご案内  『50代から始めるせどり隠居マニュアル 入門編』(無料です)

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、
ぴったりの
電子書籍(無料)をご用意しました。




2022年版
50代から始める
せどり隠居マニュアル

(著)松尾幸典

サンプルダウンロード

紙の本の長さ:76ページ
発刊日:2022年1月10日

老後の不安、親の介護、社内での世代交代・・・をきっかけに49歳で会社を退職。1日3時間働くだけで、安定月収70万円の隠居生活を手に入れた具体的な方法を公開。ぜひお読みください。

カスタマーレビュー


私自身が現在50歳会社員ということもあり、松尾さんがせどりを始めた当時も49歳会社員だったとのことですので、背景的にも非常に参考になることが多いのではないかと考え、こちらの電子書籍を拝読させていただきました。
率直な感想は、せどり初心者が知りたいことを非常に簡潔に、かつ大変わかりやすくまとめてあり、様々な手法を提示せずに一択を推奨しているところも、何から始めて良いか悩ましい初心者には非常にありがたい内容でした。
ブログも併せて拝読し、これからの活動の参考にさせていただきたいと思っております。


無料のレポートなので、正直それなりのものという気持ちがありましたが、読んでみて、良い意味で裏切られました。今まで読んだこの種のレポートに比べ大変理論的な説明に驚かされました。信頼できる方だと思いました。


初めまして。いつもメルマガを拝見させていただいております。今回第三部で有料級の具体的な手法を公開していただき有り難く拝見させていただきました。
私も松尾さんが会社を退職されてせどり専業に取り組まれた年齢49歳に今年なりますので、とても親近感が湧いてせどり自体に興味が湧いてきました。またせどり塾に参加させていただく折にはお世話になろうと思います。

Copyright©50代で隠居生活 公式ブログ,2022All Rights Reserved.