49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

弱すぎる質問【強い気持ちで】

  
\ この記事を共有 /
弱すぎる質問【強い気持ちで】

ここでのテーマは、弱すぎる質問です。
結論というかお伝えしたいことは、強い気持ちで、です。

 

 

先日、こんな質問がありました。
「せどりで結果が出てない人を知ってます。ぼくも、結果が出ないでしょうか?」
※言い回しは違うものの、複数の人から同じ内容で来ていて、驚きました。

これは、気持ちが弱すぎ、です。
言葉通りに読み取っていいのか、と思うくらいの質問でしたが、これには、お金を稼ぐのは大変なことです、という話になります。

 

会社員時代のエピソードですが、わたしは、地域の零細企業とのお付き合いも多かったです。
そうしたところの社長さんは一癖も二癖もある人ばかりで、ただ、共通してたのはセールスでの押しの強さ。
皆、天下一品で、目を見張るものがありました。

ワンマン経営のイラスト

しかしながら、それもそうで、誰しもが、抱えている社員を養わないといけない身の上。
やれるかどうかではなくやらないといけない、そんな迫力がひしひしと伝わってきました。

お金を稼ぐのは、本来、そのくらい大変なことで、時には、”横車を押して”でも、お金を取りにいく気持ちの強さが必要と学ばされました。

 

転じて、せどりも、何が何でも稼ぐという強い気持ちは不可欠です。
「外には表れていないけど、内に秘めた闘志はすごいよ」というパターンでも良いので、どん欲さと執念をぜひ持ってください。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.
関連して、かなり昔に読んだ本ですが、こちら。
↓↓↓

『快癒力』

 

わたしの記憶が確かなら、心筋梗塞で運び込まれたシングルマザーの話がのってます。
危篤状態にある、母親が病床で「死ぬわけにはいかない。なぜなら、わたしが死んだら、残された障害を持つ子供が生きていけない」。
そして、復活。涙をさそいました。

極端な事例かもですが、もし生活収入がなくて、生きていくことへの不安まで、あるのなら、同列の話として、気持ちを奮い立たせる材料にされるのも良いです。
電子書籍になって新版が出てました。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

 ご案内   せどり塾「松尾塾」【50代向けです】
 ご案内  『50代から始めるせどり隠居マニュアル 入門編』(無料です)

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、
ぴったりの
電子書籍(無料)をご用意しました。




2022年版
50代から始める
せどり隠居マニュアル

(著)松尾幸典

サンプルダウンロード

紙の本の長さ:76ページ
発刊日:2022年1月10日

老後の不安、親の介護、社内での世代交代・・・をきっかけに49歳で会社を退職。1日3時間働くだけで、安定月収70万円の隠居生活を手に入れた具体的な方法を公開。ぜひお読みください。

カスタマーレビュー


私自身が現在50歳会社員ということもあり、松尾さんがせどりを始めた当時も49歳会社員だったとのことですので、背景的にも非常に参考になることが多いのではないかと考え、こちらの電子書籍を拝読させていただきました。
率直な感想は、せどり初心者が知りたいことを非常に簡潔に、かつ大変わかりやすくまとめてあり、様々な手法を提示せずに一択を推奨しているところも、何から始めて良いか悩ましい初心者には非常にありがたい内容でした。
ブログも併せて拝読し、これからの活動の参考にさせていただきたいと思っております。


無料のレポートなので、正直それなりのものという気持ちがありましたが、読んでみて、良い意味で裏切られました。今まで読んだこの種のレポートに比べ大変理論的な説明に驚かされました。信頼できる方だと思いました。


初めまして。いつもメルマガを拝見させていただいております。今回第三部で有料級の具体的な手法を公開していただき有り難く拝見させていただきました。
私も松尾さんが会社を退職されてせどり専業に取り組まれた年齢49歳に今年なりますので、とても親近感が湧いてせどり自体に興味が湧いてきました。またせどり塾に参加させていただく折にはお世話になろうと思います。

Copyright©50代で隠居生活 公式ブログ,2022All Rights Reserved.