LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

45歳は一つの区切り【あの人の引退に思う】

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には140名以上が参加。 メルマガ購読者:4500名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

ここでのテーマは、45歳は一つの区切り、です。
結論というかお伝えしたいことは、したたかに先を見ましょう、です。

 

 

先日、アメトーークでザブングル松尾さんの芸能界引退特集をやってました。
↓↓↓

蛍原さんからの「なぜやめるの?」には、答えて「もう45歳になるから引退という選択肢もありかな」と。
周りの芸人さんからは「運動神経悪い芸人としてまだまだやれる」という声もありました。

が、アメトーーク自体が5年、10年みてどうなるのか、わからない。
そこに乗っかる目算でよいのか、したたかに先を見られたのかもしれないです。
※あくまで、わたしの見立てです。

 

同じ文脈で、先日、こちらの番組を見てました。
↓↓↓

ジャーナリストの佐々木俊尚さんの話がとても面白くて、珍しく堀江さんもほとんどしゃべらずじっと聴かれてました。
テレビ業界の不振はもはや知れ渡ってる感がありますが、新聞・雑誌業界も大きな不振に陥っています。

 

例えば、朝日新聞も昨年9月中間決算で419億円の大赤字。
構造的にも、今、新聞のメイン購買層は60-70代で、向けて記事を書くので、ますます若者は離れます。
そもそも高齢者は物を買わないので、広告もつきにくい、そんな悪循環がまわってるそうです。

 

業界として、旧態依然で、先が見えないなら、ザブングルの松尾さんのように、したたかに先を見るのも大事です。
45歳は一つの区切りでちょうどよい潮時かもしれないですね。
※どうのこうの言っても、40代と50代は気力・体力に差が出る感じがします。

 

ちなみに、わたしが会社を辞めたのは49歳でした。
先日、書いたこちらの記事がお蔭様で、閲覧数が伸びてます。
↓↓↓

わたしの当時の心境を書いてます。
よろしければ、ご覧になってみてください。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.
昔、マスコミは花形職業でした。
わたしの就活時期はバブル期の超売り手市場でした。
が、それでも、マスコミだけは狭き門。

わたしは、第一志望は、文藝春秋社でした。
※二次面接で撃沈。

 

当時のわたしの愛読書も『週刊文春』。就活対策よりもとにかく中身が面白かったです。
振り返ると、文藝春秋社の歴史に残る敏腕編集者、花田紀凱さんの編集長時代でした。

そんなことが知れたのが今、読んでる、この本です。
↓↓↓
[柳澤 健]の2016年の週刊文春

 

文藝春秋社の創業からの浮沈を描いたノンフィクション。
今は、”文春砲”といわれ、芸能人の人生を転落させることに何のやりがいがあるのかと、わたしも思うことがあります。
が、一方で、赤裸々な、ジャーナリスト精神には気持ちを動かされます。

メディアやジャーナリズムに関心がある人には、読む手が止まらないほどの面白い本ですよ。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

 ご案内   せどり塾「松尾塾」【50代向けです】
 ご案内  『50代から始めるせどり隠居マニュアル 入門編』(無料です)

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、ぴったりの電子書籍(無料)をご用意しました。
▽現在、感想いただいた方全員に、アマゾンギフト券(500円分)をプレゼント中です。2021年4月30日まで(ご好評につき延長しました)。

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

会社員生活から抜け出したい。もうだいぶ働いた。若い世代のつきあげもある。中高年リストラの不安もある。そろそろバトンタッチして早期退職したい。そんなふうに思うことはないですか。

でも一方で、収入が不安。せどりで収入といっても、自分にもできるのか分からない人生100年時代なので、余命は長い。しっかりした収入手段にしないといけない。そういう気持ちもあるかと思います。

 

ここでのわたしの提案は、であれば、まずは自分にもできそうか確認してみませんか?です。そんな趣旨で書きました。

先にお伝えすると、せどりは普通にやっても失敗します。
なぜなら、せどりの本質は、労働集約型で、体力勝負だからです。
せどり界隈が若者ばかりなのは、そういう内情があります。
50代は余計に失敗確率が高くなります。

 

そんななか、それだからこそ、
わたしの提案は「50代でも無理なくできるせどり」です。

・何が50代向けなのか?
・どうして無理なくできるのか?
・具体的にどう進めるのか?

すべて答えを書きました。加えて、実際に49歳で早期退職し、以降4年間、せどりで生計を立ててきた、わたしの体験談もふんだんにいれました働く時間は1日3時間のスローライフを実現できています。リアルな話としてお読みいただけます。

ぜひ、手にとって読んでみてください。
そして、せどりを始める前に、自分でもできる感触をつかんでください。

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

ご登録後、自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。同時に、わたしのメルマガも自動で配信が開始されます。なお、メール内に登録解除リンクがありますので、もしメルマガは不要ということであれば即座に登録解除が可能になっています。

それでは、この機会にぜひ入手いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には140名以上が参加。 メルマガ購読者:4500名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2021 All Rights Reserved.