49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

”すり替え”の続報、意外な結末に【補てん成功、114,900円のお金がもどりました】

  
\ この記事を共有 /
”すり替え”の続報、意外な結末に【補てん成功、114,900円のお金がも...

今日のテーマは、”すり替え”の続報、意外な結末に、です。
結論というかお伝えしたいことは、補てん成功、114,900円のお金がもどりました。

”すり替え”の続報、意外な結末に

先日、すり替えに遭ったことをお話しました。
↓↓↓

結末はどうなったか?というと補てんに成功しました。なんと114,900円(!)のお金がもどりました。Amazonからはこんな返信でした。めでたいです。

↓↓↓

今回、気がかりなことがありました

そもそも、すり替えのときの補てんの成功率は高いといわれます。とはいえ、今回の補てん申請で気がかりなことがありました。

それは、ヤフオクの支払い明細が効くのか?ということです。なぜなら、真贋調査が入ったときにヤフオクの明細はほぼ効かないと言われます。

まあ、ヤフオクにはいろいろな商品が出てますのでね。しかしながら、今回は効きました。ヤフオクの明細として取引ナビの画面キャプチャーを提出しました。
↓↓↓

※この画面です。
※提出したのは、いちばん下までありました。

まとめとして、今回、うまくいくか最後まで懐疑的でした(※その意味では、意外な結末でした)。でも、成功してよかったです。実は、喜びのあまり、Amazonのメールをしばらくの間、凝視していました。なにより金額が大きいからですね。

すり替えに遭ったときはこちらの記事

もし、あなたもすり替えに遭ったときは、補てん申請してください。手間を惜しまず、ですね。やり方はブラウニーさんのこちらの記事が分かりやすいです。わたしも今回これを見ながらやりました。

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。
それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

 ご案内  『50代から始めるせどり隠居マニュアル』
 ご案内   せどり塾「松尾塾」【50代向けです】

〈手っ取り早く隠居せどりを知りたい方へ〉

隠居せどりをコンパクトに40ページにまとめました。なぜ、せどりはふつうにやったらダメなのか?どうやれば数字が出せて、さらに安定するのか?直面する順番通りにすべてをマニュアル化しました。最新の2024年版です。




50代から始める
せどり隠居マニュアル
2024年版

(著)松尾幸典

サンプルダウンロード

紙の本の長さ:40ページ
発刊日:2024年1月27日

目次

✔2023年12月の最高額はコレだった
✔ゴールを「生活すること」においてみる
✔なぜ、たまたまの仕入れに頼るのか?
✔なぜ、競争に巻き込まれ売れないのか?
✔なぜ、時間が足りなくなるのか?
✔なぜ、手元にお金が残らないのか?
✔せどりで生活するための大枠
✔まず、なにからやればいい?

カスタマーレビュー

伊勢谷和彦様
体力的にハンディキャップがある世代に向けて、その打開策として、ギリギリまで余分な作業を省く方法を論理的に伝授してくれている内容でした。

また、実際の実績を示してくれているため、目標設定がしやすく、せどりで生活できるようになるためには?の疑問に対して具体的な数字を用いて説明してくれており、とても親切な内容だと思いました。

間瀬紳司様
ツールを使って効率良く、極力スリム化した手法に感嘆しました。
自己発送の場合は、梱包&発送に時間を取られますので、この部分をオンライン外注化することで空いた時間を有効に使えるため、更に売上げを加速することが可能になると思いました。

中古家電せどりは、程良い参入障壁がありますがデイせどを使った仕入れリスト+外注化で後はルーティン化していくことが可能だと思います。
デイせどで仕入れリストを積み上げていくことが自身の資産になり、後はいかに商品を効率良く回転させていくかがカギになると感じました。

現在は独学でせどりをしておりますが、成功と失敗を繰り返しながらかなり回り道をしているように感じています。
入塾して松尾氏が年月をかけて習得したノウハウから学んだ方が得策なのでは?と感じました。

野々下亮二様
もうすぐ50歳。
私は身体的な理由で通勤が困難になり、会社を辞めることになりました。

そんな私が「せどりで生活をする」なんて嘘だろうと思いながらマニュアルを読んでみると、
・仕入れはリサーチツールで大幅時短
・出品作業は出品代行社に完全丸投げ
・自分は家でパソコンに向かって仕入れに集中するだけ
これなら自分でもできそう。目から鱗でした。

地道に在庫を確保し続けることの重要性にも触れられており、本当にせどりで安定した収入が得られそうだと思える内容で、新たなキャリアにチャレンジしたくなりました。

Copyright©50代で隠居生活 公式ブログ,2024All Rights Reserved.