【50代でせどり隠居生活】公式ブログ

 あなたもせどりで隠居しませんか? 会社を辞めて働くのは1日3時間で安定月収70万の実践記(松尾幸典)

これから会社を作る方へ

納税申告洩れ発覚のその後。

投稿日:

ここでのテーマは
納税申告洩れ発覚の
その後、です。
 
 
結論というか
お伝えしたいことは
 
見事に、
追加納税額0円で
着地しました、です。
 
 
 
 
 
 
以前もお話しましたが
昨年、
 
自力で行った
確定申告に
多額の
申告洩れが見つかった件。
↓↓↓
ここをクリック。
 
 
 
 
 
 
発覚当初は
追加納税額
50万円が見込まれ
 
気持ちが
沈んでいましたが
 
 
先日、
顧問税理士さんより、
 
「追加納税額
 0円で、
 着地させ
 修正申告しました」
 
という
非常に
ありがたい報告。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
0円にできたのは
このたび、
新たに経費として
以下を計上したためです。
 
・住宅ローンの利子分(「利子割引料」)
・持ち家の減価償却分(「減価償却費」)
 
↓↓↓ここの項目です。
ここをクリック。
 
 
あとは、
在庫をうまく調整され
(ここは詳細を
 聞いてみないと
 分からないですが)
 
追加の利益分を
相殺していただきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
なお、念のため
この経費計上は、
個人事業主でも可能です。
 
(わたしの上の例は
 個人事業主時代の
 確定申告です)
 
 
 
 
 
 
 
 
今回のケースは、
 
賃貸ではなくて
持ち家を持っていて、
住宅ローンの返済を
している人であれば
 
同じように適用できて、
 
場合によっては、
多額の経費計上(=納税額減少)が
できますので、
 
該当している人であれば、
ぜひ、次回の確定申告で
やってみてください。
 
 
 
 
 
 
 
 
ただ、さすがに計算は
素人では難しいので、
税理士さんに
お任せすることのがよいです。
 
 
でも、
税理士さんに
お願いする費用よりも
 
納税額の減少金額の方が、
多い場合もありそうですので、
 
その場合は、
金額面でも
得することになります。
 
 
 
 
 
 
ということで
ここのテーマでの
お話は以上です。
 
 
それでは。
 
お付き合いいただき、
ありがとうございました。

-これから会社を作る方へ

執筆者:

関連記事

違う世界にいる人。

ここでのテーマは 違う世界にいる人です。     結論というか お伝えしたいことは   法人銀行口座開設の 審査不合格が 続いてます、です。     …

税理士さんとは契約した方がいい?

ここでのテーマは   税理士さんとは 契約した方がいい?です。             結論というか お伝えしたいことは &nbs …

会社を作る前に知っておきましょう。

ここでのテーマは 会社を作る前に 知っておきましょう、です。         結論というか お伝えしたいことは   会社設立に伴って 年金を切り替える …

究極の名刺。

ここでのテーマは 究極の名刺です。     結論というか お伝えしたいことは   名前が売れたら 肩書なしでもよい、です。       &n …

こんなことも知らない?

ここでのテーマは   前回にひきつづき 会社をつくることに なった話です。     ※限定的なテーマですが  なるべく役立ちが  あるように書きますので  よろしければ …

   
   

松尾幸典
49歳で会社を辞めて
専業せどらーに。
せどりは開始9か月で
月収70万になり、
隠居生活を過ごす。
詳しくはこちら


私のメルマガを読んでみませんか?
初めて隠居せどりを知る人向けの
ゼロベースからのせどり基礎講座です。
詳しくはこちら


↓ご登録はこちら(プレゼント付き)。
*メールアドレス
お名前(任意。ニックネームでも可)

         
     

↓応援ください!(クリックください!)


↓こちらも応援ください!(クリックください!)

せどりランキング