49歳で会社をアーリーリタイア。働くのは3時間だけの隠居生活を過ごしています。

納税申告洩れ発覚のその後。

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

ここでのテーマは
納税申告洩れ発覚の
その後、です。
 
 
結論というか
お伝えしたいことは
 
見事に、
追加納税額0円で
着地しました、です。
 
 
 
 
 
 
以前もお話しましたが
昨年、
 
自力で行った
確定申告に
多額の
申告洩れが見つかった件。
↓↓↓
ここをクリック。
 
 
 
 
 
 
発覚当初は
追加納税額
50万円が見込まれ
 
気持ちが
沈んでいましたが
 
 
先日、
顧問税理士さんより、
 
「追加納税額
 0円で、
 着地させ
 修正申告しました」
 
という
非常に
ありがたい報告。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
0円にできたのは
このたび、
新たに経費として
以下を計上したためです。
 
・住宅ローンの利子分(「利子割引料」)
・持ち家の減価償却分(「減価償却費」)
 
↓↓↓ここの項目です。
ここをクリック。
 
 
あとは、
在庫をうまく調整され
(ここは詳細を
 聞いてみないと
 分からないですが)
 
追加の利益分を
相殺していただきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
なお、念のため
この経費計上は、
個人事業主でも可能です。
 
(わたしの上の例は
 個人事業主時代の
 確定申告です)
 
 
 
 
 
 
 
 
今回のケースは、
 
賃貸ではなくて
持ち家を持っていて、
住宅ローンの返済を
している人であれば
 
同じように適用できて、
 
場合によっては、
多額の経費計上(=納税額減少)が
できますので、
 
該当している人であれば、
ぜひ、次回の確定申告で
やってみてください。
 
 
 
 
 
 
 
 
ただ、さすがに計算は
素人では難しいので、
税理士さんに
お任せすることのがよいです。
 
 
でも、
税理士さんに
お願いする費用よりも
 
納税額の減少金額の方が、
多い場合もありそうですので、
 
その場合は、
金額面でも
得することになります。
 
 
 
 
 
 
ということで
ここのテーマでの
お話は以上です。
 
 
それでは。
 
お付き合いいただき、
ありがとうございました。

 

隠居生活ができる”隠居せどり”は魅力的だけど、
どこから学び始めたらいいのかわからないという方に

ゼロベースから順を追って学べる
隠居せどりの基礎講座として
メルマガをご用意しました。

隠居せどりは、体系化され整合性を重んじていますので
学ぶ順番が大事です。

ご登録いただいた日から、メールが1日1通ずつ届きますので
着実に順序立てて学びが進められます。

特に、
・忙しいばかりで売上が伸びない。
・不良在庫ばかり増えて困っている。
・手元にお金が残らない。

というお悩みをお持ちであれば
隠居せどりは抜本的に解決する仕組みを持っています。

ぜひ、あなたのせどりに採り入れてください。

↓↓↓ご登録はこちらからです。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

今なら、メルマガ登録いただくことで
満員御礼を博しました
「せどり隠居セミナー」資料のLite版を
無料でプレゼントしています。

要旨を8ページにまとめていますので、
隠居せどりの骨子を短時間で学べます。

この機会にぜひ手に入れてください。

※ご登録後、自動返信メールにて資料のダウンロードURLをお知らせします。
 メルマガも自動で配信が開始されます。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。