LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

若い世代の職業観に思うこと。

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には110名以上が参加。 メルマガ購読者:4000名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

ここでのテーマは
 
若い世代の
職業観に思うこと、です。
 
 
 
 
結論というか
お伝えしたいことは
 
せどり、そして
おそらくは
ネットビジネス全般も
世間のイメージに反して
地道な職業です。
 
 
 
 
 
 
 
 
最近、新作映画の宣伝で
綾瀬はるかさん(32)と
坂口健太郎さん(26)を
TVでよく見かけます。
 
 
先日のインタビューで
芸能人でなかったら
どんな職業に
なりたかった?という
質問に対し
 
 
 
 
坂口さんは
美味しいものを食べて
ブログに載せて
収入を得ていくのが
いい、と言われていて
 
 
 
 
綾瀬さんは
それは、まめでないと
できないよ。
 
それなら、
自分は
美味しいものを作る
シェフがいい。
 
職人になりたい、と
言われてました。
 
 
 
 
 
 
聞いていて
 
6歳差であっても
意外と
職業観に年代が
出ているのでは
ないかということと、
 
ネットビジネスが
簡単に稼げるイメージを
持たれていることを
感じました。
 
 
 
 
 
 
 
 
そして
 
わたしは
綾瀬さんの職業観に
好感をもちました。
 
 
せどり、そして
おそらくは
ネットビジネス全般も
地道な職業です。
 
たとえると、
職人みたいなものだと
わたしは、常々、
思っています。
 
 
 
 
 
 
ということで
ここのテーマでの
お話は以上です。
 
 
P.S.
 
書いていて、
思い出したことがあり
 
 
 
 
わたしが、昔、
大学生だった頃、
 
ビラ配りのバイトの途中、
道端で休憩してきたら
 
見知らぬ
中年女性が近寄ってきて
 
「あなたには夢があるか?」
 
と、声を掛けられました。
 
 
突然のことに、驚いていると、
「今の若者には夢がない」と
嘆いて、去っていかれました。
 
 
 
 
 
 
 
 
また、わたしが
社会人になりたてだった頃、
 
 
夏休みに
モアイで有名な
イースター島に行こうと
南米のチリの空港で
飛行機を待っていたら
 
見知らぬ
中年男性が近寄ってきて、
 
「最近の若者は
 イースター島に行く人が
 多いのか?」
 
と声を掛けられました。
 
 
「そんなことない」と
答えましたが
 
「なぜ、若者はそんなに
 イースターに向かうのかな」
 
と思索にふけって
おられました。
 
 
 
 
 
 
世の中には、
人の話を聞かない
大人がいる、というのが
 
そのとき、そのときの
わたしの
まとめでしたが、
 
わたしも
年代的には
当時、声を掛けてきた方々の
年齢を超えて
 
上述の
坂口さんに対する見方は、
表面的で
的を得ていないかも
しれないと思い返しました。
 
 
 
 
 
 
それでは。
 
お付き合いいただき、
ありがとうございました。

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、ぴったりの電子書籍(無料)をご用意しました。

▽現在、感想いただいた方全員に、アマゾンギフト券をプレゼント中です。
 2020年7月15日までの期間限定です。

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

会社員生活から抜け出したい。もうだいぶ働いた。若い世代のつきあげもある。中高年リストラの不安もある。そろそろバトンタッチして早期退職したい。そんなふうに思うことはないですか。

でも一方で、収入が不安。せどりで収入といっても、自分にもできるのか分からない人生100年時代なので、余命は長い。しっかりした収入手段にしないといけない。そういう気持ちもあるかと思います。

 

ここでのわたしの提案は、であれば、まずは自分にもできそうか確認してみませんか?です。そんな趣旨で書きました。

先にお伝えすると、せどりは普通にやっても失敗します。
なぜなら、せどりの本質は、労働集約型で、体力勝負だからです。
せどり界隈が若者ばかりなのは、そういう内情があります。
50代は余計に失敗確率が高くなります。

 

そんななか、それだからこそ、
わたしの提案は「50代でも無理なくできるせどり」です。

・何が50代向けなのか?
・どうして無理なくできるのか?
・具体的にどう進めるのか?

すべて答えを書きました。加えて、実際に49歳で早期退職し、以降4年間、せどりで生計を立ててきた、わたしの体験談もふんだんにいれました働く時間は1日3時間のスローライフを実現できています。リアルな話としてお読みいただけます。

ぜひ、手にとって読んでみてください。
そして、せどりを始める前に、自分でもできる感触をつかんでください。

 

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

ご登録後、自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。同時に、わたしのメルマガも自動で配信が開始されます。なお、メール内に登録解除リンクがありますので、もしメルマガは不要ということであれば即座に登録解除が可能になっています。

それでは、この機会にぜひ入手いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には110名以上が参加。 メルマガ購読者:4000名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2018 All Rights Reserved.