49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

失敗しないコンサルの受け方【誰を対象にしているのか、見極める】

  
\ この記事を共有 /
失敗しないコンサルの受け方【誰を対象にしているのか、見極める】

ここでのテーマは、失敗しないコンサルの受け方です。
結論というかお伝えしたいことは、誰を対象にしているのか、見極めるです。

 

 

時折、お話しますが、いま、わたしは80万円のコンサルを受けてます。先日、2回目のセミナーがありました。それで、中身は言えないので受け方としての気づきを共有してみます。

まず、そのコンサル、すごく高額なのに手取り足取りではないです。すでに自分の軸(ビジネス)を持ってる人が肉付けしていくものを得ていく感じです。※ここで期待外れになる人もいそうに思いました。

 

そういえば、ある有名な株のコンサルの講師の人に聞いたことがあります。

「どの株を買ったらよいのかという個別銘柄の話は一切しません」
「教えるのはマインドだけです」

マインド、えー、これ、けっこう、いやがられるやつ。でも、これこそ肉付けというのも分かります。

株のイラスト「グラフを見るトレーダー」

 

一方で、わたしの運営してるせどり塾はすごく手取り足取りです。そうすることで初心者向けにしてます。

その点、いま、受けてるコンサルは反面教師的に学ぶことも多いです。例えば、運営面で、人に任せることの難しさ。

 

せどり塾でもよくあります。塾生募集は、塾長が前面に出てバリバリやるけど、入塾後、教えるのはその弟子。

これには、がっかりです。明らかにクオリティが下がるからです。わたしは自分が直接教えることにこだわってるのもここにあります。

 

いま、受けてるコンサルも、この点は上手くいっていないので改めて弟子に教えさせるのは難易度が高いと感じています。

話を戻し、失敗しないコンサルの受け方。今日の文脈では、対象が、初心者向けなのか、それとも、ひととおりできる人向けにさらに肉付けしていくものなのか、その点の見極めが大事ということになります。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.

話はまったく変わり、この4月1日からの値上げがすごいですね。今回の特徴は、食費・光熱費の値上げといわれます。つまり、節約できないところなので家計への打撃が避けられない、と。

 

あと、家電も値上げするのですね。こちら、家電量販店ノジマのサイトです。
↓↓↓

SONY製品は、3割値上げするものもあるとのこと。これはおおごと。家電(中古家電)も値上げトレンドに入ってるとは、このところ、日々、せどりをしていて感じてることでした。ますます激しくなっていく感じがしますね。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

 ご案内  『50代から始めるせどり隠居マニュアル』(NEW!2022年版です)
 ご案内   せどり塾「松尾塾」【50代向けです】

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、
ぴったりの
電子書籍(無料)をご用意しました。




2022年版
50代から始める
せどり隠居マニュアル

(著)松尾幸典

サンプルダウンロード

紙の本の長さ:76ページ
発刊日:2022年1月10日

老後の不安、親の介護、社内での世代交代・・・をきっかけに49歳で会社を退職。1日3時間働くだけで、安定月収70万円の隠居生活を手に入れた具体的な方法を公開。ぜひお読みください。

カスタマーレビュー


私自身が現在50歳会社員ということもあり、松尾さんがせどりを始めた当時も49歳会社員だったとのことですので、背景的にも非常に参考になることが多いのではないかと考え、こちらの電子書籍を拝読させていただきました。
率直な感想は、せどり初心者が知りたいことを非常に簡潔に、かつ大変わかりやすくまとめてあり、様々な手法を提示せずに一択を推奨しているところも、何から始めて良いか悩ましい初心者には非常にありがたい内容でした。
ブログも併せて拝読し、これからの活動の参考にさせていただきたいと思っております。


無料のレポートなので、正直それなりのものという気持ちがありましたが、読んでみて、良い意味で裏切られました。今まで読んだこの種のレポートに比べ大変理論的な説明に驚かされました。信頼できる方だと思いました。


初めまして。いつもメルマガを拝見させていただいております。今回第三部で有料級の具体的な手法を公開していただき有り難く拝見させていただきました。
私も松尾さんが会社を退職されてせどり専業に取り組まれた年齢49歳に今年なりますので、とても親近感が湧いてせどり自体に興味が湧いてきました。またせどり塾に参加させていただく折にはお世話になろうと思います。

Copyright©50代で隠居生活 公式ブログ,2022All Rights Reserved.