49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

これはおもろい、『昭和40年男』【生涯現役って正しい?】

  
\ この記事を共有 /
これはおもろい、『昭和40年男』【生涯現役って正しい?】

ここでのテーマは、これはおもろい、『昭和40年男』です。
結論というかお伝えしたいことは、生涯現役って正しい?です。

 

 

『昭和40年男』って雑誌、知ってますか?
わたしは、時々買ってます。先日、こちらの号を買いました。
還暦まわり以降の有名人30人の話が載ってます。
↓↓↓
昭和40年男増刊 生涯現役 還暦上等
『生涯現役 還暦上等』

 

でも、思いました。生涯現役って正しいのか?
なぜなら、やはり皆、過去の栄光話を語ってたからです。

年齢的に、ピーク越えてるので、無理もないです。
でも、老害という言葉を思い出しながら読みました。

 

わたしは相応の年齢になったら、ひっそりやればよいと思う派です。
いつものオチですがせどりやるとよいです。

わたしも30代の優秀な社員に勝てないなー、と思いました。
それで、49歳で会社を辞めることにしました。

 

今は、会社にしがみつかずとも収入は得られます。
選択肢が多い時代になってますので。

ただ、それは、たとえ還暦でも、新しい時代に適応していくことです。
逆に、そうすれば収入を得る場所はたくさんあります。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.
古舘伊知郎さん(67)がYouTubeで苦戦中とのこと。
↓↓↓

古館さんもあくまで、喋りの現役プレイヤーを貫かれています。
でも、そんなに張り合って正面勝負しなくてもと思います。

場所を変えるのが吉です。

 

それでいえば、糸井重里さん。
先日、書きましたが50歳から「ほぼ日」を作られてます。
↓↓↓

それまでの超有名コピーライターから”場所変え”です。
見事な転身と思います。

 

P.P.S.
前述の雑誌の話に戻ります。
いちばん印象に残ったのは、ウルトラマンの”中の人”古谷敏さんでした。

当時、死にそうになりながらやってた、と。
特に、怪獣との水中での戦いでは、中に水がはいってきて溺死寸前。

 

でも、その経験で、後年、どんな苦難があっても乗り切れたそうです。
「ウルトラマンよりマシだ」と。
※「ウルトラマンよりマシだ」ってすごくないですか?

 

それ以外も取材された30人が30人とも、それぞれに面白かったです。
人生を懸けた渾身の話をされてました。

人の数だけ人生あり、ですね。改めて思いました。

Amazonでの購入はこちらです。
ご興味ありましたら読んでみてください。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

 ご案内  『50代から始めるせどり隠居マニュアル』(NEW!2022年版です)
 ご案内   せどり塾「松尾塾」【50代向けです】

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、
ぴったりの
電子書籍(無料)をご用意しました。




2022年版
50代から始める
せどり隠居マニュアル

(著)松尾幸典

サンプルダウンロード

紙の本の長さ:76ページ
発刊日:2022年1月10日

老後の不安、親の介護、社内での世代交代・・・をきっかけに49歳で会社を退職。1日3時間働くだけで、安定月収70万円の隠居生活を手に入れた具体的な方法を公開。ぜひお読みください。

カスタマーレビュー


私自身が現在50歳会社員ということもあり、松尾さんがせどりを始めた当時も49歳会社員だったとのことですので、背景的にも非常に参考になることが多いのではないかと考え、こちらの電子書籍を拝読させていただきました。
率直な感想は、せどり初心者が知りたいことを非常に簡潔に、かつ大変わかりやすくまとめてあり、様々な手法を提示せずに一択を推奨しているところも、何から始めて良いか悩ましい初心者には非常にありがたい内容でした。
ブログも併せて拝読し、これからの活動の参考にさせていただきたいと思っております。


無料のレポートなので、正直それなりのものという気持ちがありましたが、読んでみて、良い意味で裏切られました。今まで読んだこの種のレポートに比べ大変理論的な説明に驚かされました。信頼できる方だと思いました。


初めまして。いつもメルマガを拝見させていただいております。今回第三部で有料級の具体的な手法を公開していただき有り難く拝見させていただきました。
私も松尾さんが会社を退職されてせどり専業に取り組まれた年齢49歳に今年なりますので、とても親近感が湧いてせどり自体に興味が湧いてきました。またせどり塾に参加させていただく折にはお世話になろうと思います。

Copyright©50代で隠居生活 公式ブログ,2022All Rights Reserved.