49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

踏み越えてはならない一線とは?【そのときの判断基準】

  
\ この記事を共有 /
踏み越えてはならない一線とは?【そのときの判断基準】

ここでのテーマは、踏み越えてはならない一線とは?です。
結論というかお伝えしたいことは、お客さんのためになってるか、で考えるとよい、です。

 

 

先日、とあるメルマガの相談コーナーで、こんなのがありました。

<相談内容>
稼げる話を教えると言われて30万円払った。
そうしたら、中身は、

(1)Amazonで偽レビューを書く
(2)楽天で大量アカ作ってポイ活

で、主催者の人からは「世の中の99%はグレー。気後れすることない」

そう言われたけど、どう思われますか?

先に、わたしの見解をいえば、結論的にはやめたほうが良いです。
迷うならば、お客さんのためになってるかを判断基準にすると良い、です。

 

具体的には、(1)での偽レビューは、お客さんをミスリードするのでNGです。
なお、この手口、一例として、2019年に流行った「0円転売」があります。
亜種かもですが、まだ廃れてないのですね。
↓↓↓

 

(2)での大量アカ作成は、楽天の規約違反です。
「規約違反は法律違反ではないから」とさとされたそうですが、でも、規約はお客さんの利益のために秩序をつくっているもの。
これも、お客さんのためにならないのでNGです。

 

では、どうするか、わたしは思うに、結局、地道がいちばんです。
一瞬、儲けるだけでよければ、せどりでも、いろんな手法があります。
※実際、儲かります。

でも、人間の生活は続いていくものなので長続きしないといけないです。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.
冒頭にご紹介したのはイケハヤさんのメルマガからでした。
ネタにさせていただいたこともあり、ご紹介しますと、こちらです。
↓↓↓

半年で2万人が登録したという驚異的なメルマガです。
とても役立つので、おすすめです。
※もちろん、無料です。

 

で、イケハヤさんの答えは「プラットフォームのスキを突くような商売は、結局長続きしない」と。
ちなみに、イケハヤさんは過去、お金の亡者のように言われてた時期がありましたが、全然、そんなことないです。

メルマガでもセールスは非常にたまにしか、来ないです。
なぜなら、信用を積上げることが大事だから、といわれてます。

 

一方で、イケハヤさんは収益も安定してる様子です。
今は、かなりの高額料金で、仮想通貨のコミュニティ運営をされてます。
いまどき、仮想通貨に手を出す人はお金が余ってる富裕層なので、ターゲットの選び方から見事にはまってる感じがします。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

 ご案内   せどり塾「松尾塾」【50代向けです】
 ご案内  『50代から始めるせどり隠居マニュアル 入門編』(無料です)

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、
ぴったりの
電子書籍(無料)をご用意しました。




2023年版
50代から始める
せどり隠居マニュアル

(著)松尾幸典

サンプルダウンロード

紙の本の長さ:61ページ
発刊日:2023年1月27日

老後の不安、親の介護、社内での世代交代・・・をきっかけに49歳で会社を退職。1日3時間働くだけで、安定月収70万円の隠居生活を手に入れた具体的な方法を公開。ぜひお読みください。

カスタマーレビュー


私自身が現在50歳会社員ということもあり、松尾さんがせどりを始めた当時も49歳会社員だったとのことですので、背景的にも非常に参考になることが多いのではないかと考え、こちらの電子書籍を拝読させていただきました。
率直な感想は、せどり初心者が知りたいことを非常に簡潔に、かつ大変わかりやすくまとめてあり、様々な手法を提示せずに一択を推奨しているところも、何から始めて良いか悩ましい初心者には非常にありがたい内容でした。
ブログも併せて拝読し、これからの活動の参考にさせていただきたいと思っております。


無料のレポートなので、正直それなりのものという気持ちがありましたが、読んでみて、良い意味で裏切られました。今まで読んだこの種のレポートに比べ大変理論的な説明に驚かされました。信頼できる方だと思いました。


初めまして。いつもメルマガを拝見させていただいております。今回第三部で有料級の具体的な手法を公開していただき有り難く拝見させていただきました。
私も松尾さんが会社を退職されてせどり専業に取り組まれた年齢49歳に今年なりますので、とても親近感が湧いてせどり自体に興味が湧いてきました。またせどり塾に参加させていただく折にはお世話になろうと思います。

Copyright©50代で隠居生活 公式ブログ,2023All Rights Reserved.