LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

「そんな人生もあるわな」

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には130名以上が参加。 メルマガ購読者:4500名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

ここでのテーマは「そんな人生もあるわな」です。
結論というかお伝えしたいことは、サラリーマンたるもの、です。

 

 

いま、山崎豊子さん原作のドラマ『沈まぬ太陽』を見てます。
↓↓↓
沈まぬ太陽 DVD-BOX Vol.1
※古いドラマです。

 

サラリーマンの悲哀を描き、同期入社の2人の明暗を軸に展開します。

1人(渡部篤郎)は、会社に忠誠し不祥事を隠ぺいしてでも世論の印象が悪くならないようにがんばるタイプ
1人(上川隆也)は会社よりも社会正義を重視し組合活動などで、労働条件の改善をがんばるタイプ
※後者が主人公で、出世するのは前者です。

 

わたしは会社を辞めて会社の出世の力学を改めて俯瞰することがあります。

個人の能力は、そうそう大差がつくものでもないです。
そうすると、上司に忠誠する人の方が引き上げてもらいやすいです。
それは人情ともいえます。

 

思い出したのは、わたしも会社員時代、一度だけ「腹心にならないか」と声をかけてもらったことがあります。分かりやすく言うと、”派閥に入らないか”という意味です。
でも、なんだか、しばられそうで断ったところ、返す言葉で「そんな人生もあるわな」と叱責されました。せっかく声をかけてくれたのに不義理なことをしたように振り返ります。

 

さらに思い出したのは、もっと若い頃、当時の部署の部長が新車を買ったときの話です。
いつも冷静沈着な部長が興奮されていて「今度の車はアンテナが自動で伸びる。見とけ」。
そして、運転席に乗り込み、ボタンをぽちっと。

ギュイーンと伸びてきたのをみて、課長たちは「すごいですね!」と拍手。
わたしは、傍ら(かたわら)にいて、サラリーマンは大変だ、と冷ややかに見てました。
でも、そんなときに拍手できるかどうかが分かれ目なのだと思います。

 

ひるがえって、今の会社ってどうなんでしょうね。
昨今、会社の”居場所感”が急激になくなっているとも聞きます。

なので、前時代的な感じもしますが、ただ、これからはますます、不景気になります。
ますます、リストラが進展するので、もし、会社に居続けるのであれば、上司の人情に答えることが、サラリーマンの処世術として、より大事になってくるようにも思います。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.
山崎豊子さんは有名どころでは原作に『白い巨塔』があります。
社会派小説で、長編ものが多くはまります。
わたしもたくさん読みました。

おすすめは、これも有名ですが『大地の子』
↓↓↓
[山崎 豊子]の大地の子(一)

歴史に翻弄される系です。
壮大なスケールで描く、という表現がぴったり。

秋の夜長、読書してみてはいかがでしょうか。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

 ご案内   せどり塾「ID WORKS」【50代向けです】
 ご案内  『50代から始めるせどり隠居マニュアル』(無料です)

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、ぴったりの電子書籍(無料)をご用意しました。

▽感想いただいた方全員にアマゾンギフト券(500円分)をプレゼント中です。
 2020年12月15日までの期間限定です。

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

会社員生活から抜け出したい。もうだいぶ働いた。若い世代のつきあげもある。中高年リストラの不安もある。そろそろバトンタッチして早期退職したい。そんなふうに思うことはないですか。

でも一方で、収入が不安。せどりで収入といっても、自分にもできるのか分からない人生100年時代なので、余命は長い。しっかりした収入手段にしないといけない。そういう気持ちもあるかと思います。

 

ここでのわたしの提案は、であれば、まずは自分にもできそうか確認してみませんか?です。そんな趣旨で書きました。

先にお伝えすると、せどりは普通にやっても失敗します。
なぜなら、せどりの本質は、労働集約型で、体力勝負だからです。
せどり界隈が若者ばかりなのは、そういう内情があります。
50代は余計に失敗確率が高くなります。

 

そんななか、それだからこそ、
わたしの提案は「50代でも無理なくできるせどり」です。

・何が50代向けなのか?
・どうして無理なくできるのか?
・具体的にどう進めるのか?

すべて答えを書きました。加えて、実際に49歳で早期退職し、以降4年間、せどりで生計を立ててきた、わたしの体験談もふんだんにいれました働く時間は1日3時間のスローライフを実現できています。リアルな話としてお読みいただけます。

ぜひ、手にとって読んでみてください。
そして、せどりを始める前に、自分でもできる感触をつかんでください。

 

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

ご登録後、自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。同時に、わたしのメルマガも自動で配信が開始されます。なお、メール内に登録解除リンクがありますので、もしメルマガは不要ということであれば即座に登録解除が可能になっています。

それでは、この機会にぜひ入手いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には130名以上が参加。 メルマガ購読者:4500名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2020 All Rights Reserved.