LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

最強は「せどり、やめます」

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には130名以上が参加。 メルマガ購読者:4500名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

ここでのテーマは、最強は「せどり、やめます」です。
結論というかお伝えしたいことは、せどりを教える人がせどりをやめていく理由です。

 

 

いま、わたしが在籍している、田端信太郎さんが塾長の田端大学では、塾生にメダカを飼育して稼いでる人がいます。具体的な手法としては、珍しい品種を育て高値で売っている、とのこと。

先日、質問会の場で「事業として、もっと大きくしていくにはどうしたらよいですか?」と聞かれてました。
これを受けての田端さんからのひとつの指摘は「他人には教えない方が良い。なぜならノウハウが流出して自分が稼げなくなるから」と。
とんかつ屋の”秘伝のたれ”のように、ノウハウはじっと、自分だけで持っておくのがよい、と。
これには、ハッとしたことがありました。

 

転じて、せどりの話です。
せどりは、情報戦の側面があります(特に新品せどり)。自分だけの知識やノウハウをいかに持っているかで、結果に差がついてきます。

せどり業界あるあるといわれる「せどりを教えている人はせどりをやめている」というのも上述の理屈が働き、同じ説明ができます。これがハッとしたことでした。

すなわち、他人にノウハウを教えることで自分が稼げなくなるという思考が働いています。

 

でも、実際にはそんなことなくて、せどりもビジネスなので常に環境の変化に対応しないといけないです。
ノウハウはアップデートさせないといけない宿命にあります。他人に教えながらも自分は日々、ノウハウをアップデートさせていけばよいです。

また、わたしがせどりを教えながらもせどりをやめないのは、教わる人との温度差が出てしまうからです。例えばAmazonが出品者に対し、シビアな施策を打ってきたとき、同じ温度で受け止められないからです。

 

結局は、スタンスの問題ともいえます。
以前に書いた、この記事のように、あるとき、はしごを外す人もいます。
↓↓↓

でも、わたしはこれは言語道断だと思う派です。
話の流れで、わたしのせどり塾の案内がこちらになります。
↓↓↓

お蔭様で、在籍いただいている方も時間の経過とともに増えて4年目に入りました。
最後は宣伝みたいになりましたが、ご興味あれば読んでみてください、

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.
「せどり、やめます」はせどりメルマガのタイトルとしては最強と聞いたことがあります。
そのココロは、とにかく目を引くから。

なので、やめて教えることになったらそうやって、集客するとよい。
もう4年前に在籍していた情報発信塾で、そんなことを聞いたのを思い出しました。
でも、一過性の効力なので、これもスタンスの問題で、わたしは、あまり使わない派です。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

 ご案内   せどり塾「ID WORKS」【50代向けです】
 ご案内  『50代から始めるせどり隠居マニュアル』(無料です)

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、ぴったりの電子書籍(無料)をご用意しました。

▽感想いただいた方全員にアマゾンギフト券(500円分)をプレゼント中です。
 2020年12月15日までの期間限定です。

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

会社員生活から抜け出したい。もうだいぶ働いた。若い世代のつきあげもある。中高年リストラの不安もある。そろそろバトンタッチして早期退職したい。そんなふうに思うことはないですか。

でも一方で、収入が不安。せどりで収入といっても、自分にもできるのか分からない人生100年時代なので、余命は長い。しっかりした収入手段にしないといけない。そういう気持ちもあるかと思います。

 

ここでのわたしの提案は、であれば、まずは自分にもできそうか確認してみませんか?です。そんな趣旨で書きました。

先にお伝えすると、せどりは普通にやっても失敗します。
なぜなら、せどりの本質は、労働集約型で、体力勝負だからです。
せどり界隈が若者ばかりなのは、そういう内情があります。
50代は余計に失敗確率が高くなります。

 

そんななか、それだからこそ、
わたしの提案は「50代でも無理なくできるせどり」です。

・何が50代向けなのか?
・どうして無理なくできるのか?
・具体的にどう進めるのか?

すべて答えを書きました。加えて、実際に49歳で早期退職し、以降4年間、せどりで生計を立ててきた、わたしの体験談もふんだんにいれました働く時間は1日3時間のスローライフを実現できています。リアルな話としてお読みいただけます。

ぜひ、手にとって読んでみてください。
そして、せどりを始める前に、自分でもできる感触をつかんでください。

 

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

ご登録後、自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。同時に、わたしのメルマガも自動で配信が開始されます。なお、メール内に登録解除リンクがありますので、もしメルマガは不要ということであれば即座に登録解除が可能になっています。

それでは、この機会にぜひ入手いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には130名以上が参加。 メルマガ購読者:4500名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2020 All Rights Reserved.