LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

ていねいな仕事を心がける

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には100名以上が参加。 メルマガ購読者:4000名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

ここでのテーマは
ていねいな仕事を
心がける、です。
 
 
 
 
 
 
結論というか
お伝えしたいことは
 
自分が少々ていねいに
やることで
何が変わるのかと
思わずに
 
必ず相手(お客さん)に
伝わると信じて
やりましょう、です。
 
 
 
 
 
 
 
 
私は、TVドラマはあまり見ませんが、
今季は、
「コード・ブルー」を見てます。
ここをクリック
 
 
それで、作る側からの目線でも
見てしまいますが、
 
人気ドラマだけあって
とてもよく出来ていて
特に細かいところまで
ていねいに作られていることを感じます。
 
ていない方には分からないと思い、
恐縮ですが、具体的には
 
・ミスチルのエンディング曲の後ろで
 流れる映像を、使いまわすことなく
 各回で少しずつ変えている点。
 
・新垣結衣さんの私服が、回を
 重ねるごとにかわいらしく
 コーディネートされている点。
 (私の錯覚かもしれませんが)
 
など、
超タイトな制作スケジュールであろうに
気を配られていることに敬服します。
 
 
 
 
 
 
 
 
で、これだけでは
私の趣味の話ですので
せどりになぞらえると、
 
細部まで
ていねいにやることが
相手(お客さん)に
伝わるのは
同じことです。
 
 
 
 
 
 
 
 
特にお客さんの目に
触れるところは
ていねいに、です。
 
その最たるものが
商品コメントで、
 
ちょうどよい
レポートがありましたので
ご紹介します。
 
こんな感じです。
↓↓↓
ここをクリック
 
商品コメントは
セミナーでも
がっつりやりましたが、
とても奥深いです。
 
唯一解はないところで、
自分なりにも
研究されることを
お薦めします。
 
 
 
 
 
 
 
ということで
ここのテーマでの
お話は以上です。
 
 
 
 
P.S.
 
論点は変わりますが
「コード・ブルー」の
前回では、
 
山下智久さん(山P)が
自分の患者に
「大丈夫だ」と
手術を決心させるシーンがあり、
 
あとで、同僚から
大丈夫だ、は医者にとって
NGワード。
訴訟リスクがある、と
さとされます。
 
 
 
 
でもそれを受けて、
山下さんは
「それよりも何よりも
 自分は患者を救いたいと
 思った」と返し、
 
そのかっこよさ、とともに
本当に大事なものは何か、と
いうのを
キャストに上滑りなく
語らせているところに
このドラマの秀逸さを
感じました。
 
 
 
 
 
 
 
 
P.P.S.
 
最後に
ちょっと下世話な感じに
なりますが、
 
「大丈夫だ」は
会社員にとっても
NGワードです。
 
上司からの
「大丈夫か?」という言葉に
温情を感じて
 
例えば、
「大丈夫か?納期には
 間に合うのか?
 (無理するな)」的な
問いかけに、
 
反射的に
「大丈夫です」と答えると
会社では単なるYESとして
そのまた上司に報告され、
既成事実になります。
 
なので、
「大丈夫です」と言うときは
慎重になってください。
 
不明なときは
「最善を尽くします」がよいです。
 
(YESともNOとも
 言っていないです・笑)
 
 
 
 
私は会社員時代には
そうしてました。
 
会社員の方には意外と
役立つ小ネタだったかも
しれません。
 
 
 
 
 
 
それでは。
 
お付き合いいただき、
ありがとうございました。

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、ぴったりの電子書籍(無料)をご用意しました。

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

会社員生活から抜け出したい。もうだいぶ働いた。若い世代のつきあげもある。中高年リストラの不安もある。そろそろバトンタッチして早期退職したい。そんなふうに思うことはないですか。

でも一方で、収入が不安。せどりで収入といっても、自分にもできるのか分からない人生100年時代なので、余命は長い。しっかりした収入手段にしないといけない。そういう気持ちもあるかと思います。

 

ここでのわたしの提案は、であれば、まずは自分にもできそうか確認してみませんか?です。そんな趣旨で書きました。

先にお伝えすると、せどりは普通にやっても失敗します。
なぜなら、せどりの本質は、労働集約型で、体力勝負だからです。
せどり界隈が若者ばかりなのは、そういう内情があります。
50代は余計に失敗確率が高くなります。

 

そんななか、それだからこそ、
わたしの提案は「50代でも無理なくできるせどり」です。

・何が50代向けなのか?
・どうして無理なくできるのか?
・具体的にどう進めるのか?

すべて答えを書きました。加えて、実際に49歳で早期退職し、以降4年間、せどりで生計を立ててきた、わたしの体験談もふんだんにいれました働く時間は1日3時間のスローライフを実現できています。リアルな話としてお読みいただけます。

ぜひ、手にとって読んでみてください。
そして、せどりを始める前に、自分でもできる感触をつかんでください。

 

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

ご登録後、自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。同時に、わたしのメルマガも自動で配信が開始されます。なお、メール内に登録解除リンクがありますので、もしメルマガは不要ということであれば即座に登録解除が可能になっています。

それでは、この機会にぜひ入手いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には100名以上が参加。 メルマガ購読者:4000名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2017 All Rights Reserved.