LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

電脳せどりとは?8つのメリット6つのデメリットを分かりやすく解説

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には110名以上が参加。 メルマガ購読者:4000名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

電脳せどりって何?メリット、デメリットは?

せどり初心者

こんな疑問に答えます。

せどり歴は4年。月収70万。
安定的に生活収入を得ています。
せどりで隠居しています。

電脳せどりとは?8つのメリット、6つのデメリットを分かりやすい解説

-電脳せどりとは?

まず最初に、せどりは大きく分けて以下の2種類があります。

・店舗せどり
・電脳せどり

店舗せどりとは、実店舗で仕入れるせどりです。
電脳せどりとは、ネットで仕入れるせどりです。

 

定義はシンプルです。

店舗せどりの方がせどらーの数は多いですが、最近、電脳せどりにシフトしている人が増えていると言われています。総合的にメリットが大きいからです。

それでは、以下、電脳せどりのメリット・デメリットをまとめましたので、順に見ていきましょう。

 

-8つのメリットを解説します

ぴょこの成績スタンプ「Good」

①在宅でできる
電脳せどりは、パソコン・ネットで完結しますので、在宅でできる手軽さがあります。また、小さいお子さんや介護が必要な親と暮らしている場合も、出かける必要がないのでやりやすいです。

 

②住んでいる場所の不利がない
自宅にいながらにして全国のネットショップから仕入れ可能です。店舗せどりだと近所に仕入先がないと遠征しなければならないことも多々あります。特に田舎だと顕著ですがそうした地理的な不利がありません。

 

③移動のためのお金・時間がかからない
在宅でできるので、移動のための交通費・時間もかからないです。交通費や店のレシート等の経費管理が煩雑にならない良さもあります。

 

④車がなくてもできる
店舗せどりでは商品の運搬もあり車が必須といえます。電脳せどりでは車は必要なく、もちろん免許を持っていなくても大丈夫です。

 

⑤24時間いつでもできる
夜間でも早朝でもスキマ時間でも、いつでもできます。特に朝から夜まで拘束時間の多い仕事(例:ブラック企業)の場合は電脳せどり一択になります。店舗せどりでは、店の営業時間にあわせなければならず時間のやりくりが必要です。

 

⑥体力がなくてもできる
仕入れた商品の運搬や長距離の車の運転など、体力を要する作業がありません。仕入れた商品はネット上から発送指示ができますので運搬不要で、在宅ですので車の運転もありません。

 

⑦人目を気にしなくて良い
店舗せどりは一般のお客さんの横で、別目的のせどりをするわけですので、店員さんの目が気になることが多いです。もっといえば、せどり禁止と掲示されている店もあります。電脳せどりでは、人目を気にせず、商品を探しじっくりと仕入れ吟味ができます。

 

⑧人と会わなくても済む
対人関係が苦手な人でも問題ありません。また店舗せどりでは店員さんとの値引き交渉がひとつのスキルとなっていますが、そうしたコミュニケーション能力も不要です。引きこもりでも大丈夫です。

 

-6つのデメリットを解説します

ぴょこの成績スタンプ「Poor」

①生活が堕落しやすい
時間の制約がなく一人でできるので、きちんとやるも、堕落するも自分次第です。対策として、仕入れをルーチン化し毎日やり続けるペースを作ることが大事です。

 

②運動不足になる
家から出ないので運動不足になりがちです。これは、せどりというより、生活全般/健康管理の話ですが、対策として、意識して運動を採り入れましょう。

 

③とにかく単調で地味
パソコンの前に何時間も座るので、ある程度の集中力と根気が必要です。対策としては、習慣化して気持ち面の抵抗をなくすこと。あるいは気分転換しながらやることも大事です。

 

④商品の状態が分からない
仕入れ商品の話ですが、実際に商品を見ないので状態が分からないです。但し、これは店舗でも完璧に見れるわけではなく、検品も限度がありますので、割り切るスタンスが大事です。

 

⑤送料がかかる
店舗せどりだと自分が持ち帰ってくるので送料がかからないですが、電脳せどりは仕入先からの送料がかかります。但し、これは自分の作業時間や交通費をどう見るかです。作業の時給換算や実費を積み上げるとあながち費用増ともいえないことが多いです。

 

⑥全国のせどらーがライバルになる
これは電脳せどりの本質的な問題です。店舗せどりでは、地元の店舗は地元のせどらーだけがライバルですが、電脳せどりは全国のせどらーがライバルです。このため、なかなか商品が見つからないという意見も多いです。対策としては、効率的に探せる電脳せどりツールの活用です。

 

 

電脳せどりのデメリットを克服するには?【仕組み化のすすめ】

上に挙げた6つのデメリットは、前半3つは生活に関するもの、後半3つはせどりに関するものになります。
生活に関するものは、基本は自分次第ですので、ここでは後半のせどりに関するものについてお話します。

 

答えは仕組み化です。ざっくり解決の方向性を示しますと、下記の通りです。

解決の方向性

④商品の状態が分からない
→商品の状態が分からなくても、結果的にクレームや返品に至らないようにする。

⑤送料がかかる
→送料がかかっても、結果的に利益が残るようにする。

⑥全国のせどらーがライバルになる
→全国のせどらーがライバルになっても、ライバル以上に探せるツールを用いる。

 

掘り下げた内容を別記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

>>せどりのおすすめジャンルが「電脳・中古家電」一択の理由【隠居できます】

>>せどりツールのおすすめは3つだけです【初心者向け・2020年最新版】

というわけで、今回は以上です。

 

電脳せどりは店舗せどりに比べ、総合的にメリットが大きくおすすめです。
わたしも、電脳せどり100%で、丸4年やってきました。
未だの方は、ぜひ始めてみてください。

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、ぴったりの電子書籍(無料)をご用意しました。

▽現在、感想いただいた方全員に、アマゾンギフト券をプレゼント中です。
 2020年9月30日までの期間限定です。

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

会社員生活から抜け出したい。もうだいぶ働いた。若い世代のつきあげもある。中高年リストラの不安もある。そろそろバトンタッチして早期退職したい。そんなふうに思うことはないですか。

でも一方で、収入が不安。せどりで収入といっても、自分にもできるのか分からない人生100年時代なので、余命は長い。しっかりした収入手段にしないといけない。そういう気持ちもあるかと思います。

 

ここでのわたしの提案は、であれば、まずは自分にもできそうか確認してみませんか?です。そんな趣旨で書きました。

先にお伝えすると、せどりは普通にやっても失敗します。
なぜなら、せどりの本質は、労働集約型で、体力勝負だからです。
せどり界隈が若者ばかりなのは、そういう内情があります。
50代は余計に失敗確率が高くなります。

 

そんななか、それだからこそ、
わたしの提案は「50代でも無理なくできるせどり」です。

・何が50代向けなのか?
・どうして無理なくできるのか?
・具体的にどう進めるのか?

すべて答えを書きました。加えて、実際に49歳で早期退職し、以降4年間、せどりで生計を立ててきた、わたしの体験談もふんだんにいれました働く時間は1日3時間のスローライフを実現できています。リアルな話としてお読みいただけます。

ぜひ、手にとって読んでみてください。
そして、せどりを始める前に、自分でもできる感触をつかんでください。

 

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

ご登録後、自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。同時に、わたしのメルマガも自動で配信が開始されます。なお、メール内に登録解除リンクがありますので、もしメルマガは不要ということであれば即座に登録解除が可能になっています。

それでは、この機会にぜひ入手いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には110名以上が参加。 メルマガ購読者:4000名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2020 All Rights Reserved.