LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社をアーリーリタイア。働くのは3時間だけの隠居生活を過ごしています。

転売屋への批判報道を考える

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

ここでのテーマは
転売屋への批判報道を
考える、です。
 
 
結論というか、
お伝えしたいのは、
 
せどりは
価値ある経済活動ですので
臆することはないです、
ということです。
 
 
 
 
 
 
 
 
昨今、メディアで
転売屋への批判報道を
よく目にします。
 
 
確かに
ポテチショックや
ミニファミコン騒動
↓↓↓
ここをクリック
のように、
流通を
ゆがめるようなことは
よくないです。
 
 
 
 
 
 
それは私もそう思いますが、
 
転売は、シンプルに
モノが欲しい人と
モノを提供できる人を
結ぶ付けている行為で
 
その基本原則に
そっている限り、
 
それが社会貢献にもなる
「三方よし」になるものです。
 
価値ある経済活動には
違いないので、
臆することはないです。
 
 
私は、あまり気持ちの揺れが
ありませんので、書くことが
少なかったです・笑。
 
 
 
 
 
 
 
 
ということで
今日のテーマでの
お話は以上です。
 
 
 
 
 
 
P.S.
 
さらに、奥深いところで
経済活動のルールを超える
”倫理観”を説いた
石田梅岩という江戸時代の
思想家の人がいます。
 
こんな著書があります。
↓↓↓
「なぜ名経営者は石田梅岩に学ぶのか?」
ここをクリック
 
(歴史の教科書では
「都鄙問答」を
 書いた人として
 出てきます。)
 
 
 
 
ルールもしくは、
規範や効率にそうだけでなく
”倫理観”を持って商売をしないと
商人の本分は果たせない、という
内容です。
 
基本原則に沿って、
商売しているつもりで
ありながら
なお、迷ったときには
ご一読されることをおすすめします。
 
きっと、
新しい視野が開けてきます。
 
ちなみに、
私がせどりを教わった
せどり塾の塾長 浜西さんに
紹介してもらった書籍です。
 
 
 
 
 
 
それでは。
 
お付き合いいただき、
ありがとうございます。

 

隠居生活ができる”隠居せどり”は魅力的だけど、
どこから学び始めたらいいのかわからないという方に

ゼロベースから順を追って学べる
隠居せどりの基礎講座として
メルマガをご用意しました。

隠居せどりは、体系化され整合性を重んじていますので
学ぶ順番が大事です。

ご登録いただいた日から、メールが1日1通ずつ届きますので
着実に順序立てて学びが進められます。

特に、
・忙しいばかりで売上が伸びない。
・不良在庫ばかり増えて困っている。
・手元にお金が残らない。

というお悩みをお持ちであれば
隠居せどりは抜本的に解決する仕組みを持っています。

ぜひ、あなたのせどりに採り入れてください。

↓↓↓ご登録はこちらからです。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

今なら、メルマガ登録いただくことで
満員御礼を博しました
「せどり隠居セミナー」資料のLite版を
無料でプレゼントしています。

要旨を8ページにまとめていますので、
隠居せどりの骨子を短時間で学べます。

この機会にぜひ手に入れてください。

※ご登録後、自動返信メールにて資料のダウンロードURLをお知らせします。
 メルマガも自動で配信が開始されます。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2017 All Rights Reserved.