49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

ささやかだけど幸せなこと

    
no image
\ この記事を共有 /
ささやかだけど幸せなこと

ここでのテーマは、隠居生活の実際です。
結論というかお伝えしたいことは、ささやかだけど、幸せなことがある、です。

 

 

これまで触れたことがありませんでしたが、いま、私のそばには14歳の老犬がいます。

若いときは、とても活発でしたが年を取って、すっかり寝ている時間が多くなり、いまでは昼夜をとわず、ほとんど寝てます。それでも、毎日16時過ぎになると、むっくりと起きだし、散歩に連れて行ってくれ、と吠えます。

そして、散歩に連れ出すのが今の日課の一つです。

ただ、これも、犬の寿命の関係で、あと何年、続けられるかは分からず、一緒に過ごせる時間を大事にしようと思いながら、これをささやかだけど幸せなことと感じています。

何に対して、幸せを感じられるかは人それぞれといわれますね。人によっては不幸なことも幸せに感じられたり、その逆もあったり。

 

私の好きな「されどわれらが日々」という小説で、
↓↓↓
ここをクリック

こんな一節があります。(長くなりますが、引用します。)

 

「ぼくは思うんだけど、幸福には幾種類かあるんで、人間はそこから自分の身に合った幸福を選ばなければいけない。

間違った幸福をつかむと、それは手の中で忽ち不幸に変ってしまう。いや、もっと正確に言うと、不幸が幾種類かあるんだね、きっと。

そして、人間はそこから自分の身に合った不幸を選ばなければいけないのだよ。本当に身に合った不幸を選べば、それはあまりによく身によりそい、なれ親しんでくるので、しまいには、幸福と見分けがつかなくなるんだよ」

 

とても平たくいうと、”幸せは気の持ちよう”ということです。(身もふたもないくらいに、平たくしましたが。)

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。
それでは。お付き合いいただきありがとうございました。

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、
ぴったりの
電子書籍(無料)をご用意しました。




2022年版
50代から始める
せどり隠居マニュアル

(著)松尾幸典

サンプルダウンロード

紙の本の長さ:76ページ
発刊日:2022年1月10日

老後の不安、親の介護、社内での世代交代・・・をきっかけに49歳で会社を退職。1日3時間働くだけで、安定月収70万円の隠居生活を手に入れた具体的な方法を公開。ぜひお読みください。

カスタマーレビュー


私自身が現在50歳会社員ということもあり、松尾さんがせどりを始めた当時も49歳会社員だったとのことですので、背景的にも非常に参考になることが多いのではないかと考え、こちらの電子書籍を拝読させていただきました。
率直な感想は、せどり初心者が知りたいことを非常に簡潔に、かつ大変わかりやすくまとめてあり、様々な手法を提示せずに一択を推奨しているところも、何から始めて良いか悩ましい初心者には非常にありがたい内容でした。
ブログも併せて拝読し、これからの活動の参考にさせていただきたいと思っております。


無料のレポートなので、正直それなりのものという気持ちがありましたが、読んでみて、良い意味で裏切られました。今まで読んだこの種のレポートに比べ大変理論的な説明に驚かされました。信頼できる方だと思いました。


初めまして。いつもメルマガを拝見させていただいております。今回第三部で有料級の具体的な手法を公開していただき有り難く拝見させていただきました。
私も松尾さんが会社を退職されてせどり専業に取り組まれた年齢49歳に今年なりますので、とても親近感が湧いてせどり自体に興味が湧いてきました。またせどり塾に参加させていただく折にはお世話になろうと思います。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright©50代で隠居生活 公式ブログ,2022All Rights Reserved.