LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社をアーリーリタイア。働くのは3時間だけの隠居生活を過ごしています。

せどり専業になることでの罠

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

ここでのテーマはせどり専業になることでの罠です。
結論というかお伝えしたいことは、罠とは、利益が出ていても手元にお金が残らないことです。

 

 

会社員を辞めてせどり専業になるのは憧れと、よく聞きます。異議を唱える人はいないです。もちろん可能です。わたしが実際に体現してます。

 

が、罠があります。

それは、結論からいえば、利益が出ていること、イコール手元にお金が残ること、ではないということ。しっかり理解しておかないと立ち行かなくなります。

 

個人的な話になりますが、わたしが、会社を辞めることを決めたのは、さかのぼる2016年2月のこと。まずは誰よりも先に嫁に伝えました、犬の散歩中に、

「利益50万くらいはずっと維持できそうなので大丈夫」と。

 

しかしながら、これは危ない認識で、実は、わたしも当時は、利益がイコール手元に残るお金で、そのまま生活費に使えると思ってました。これは誤ってます。

 

イコールにならない理由は、特にせどり初期のときは、利益が出ても、在庫を増やすためにつぎこまないといけないからです。加えて、特にせどり初期の頃は、コンサルや塾への自己投資は不可欠です。なぜなら自己流では、到底、数字が維持できないからです。

 

すなわち、実際には、在庫を増やすため、自己投資をするために利益は使わないといけないことを予め見越しておく必要があります。そして、これらのことを知らないで専業になるのは、大変危険です。

 

ちなみに、その後の、わたしがどうだったかというと、在庫を増やすため、自己投資をするために、利益を使いながらも、あまりある利益が出ました。破竹の勢いで、利益を増やしていましたので、生活費も捻出できました。ただ、自分のことながら、こんなにうまくいくのは、その後、多くのせどらーの話を聞いてきた結果、かなりまれなことと分かりました。

当時の自分の無知さを振り返ると、危ない橋を渡ったことを思います。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.

では、どうすればよいのか、小難しい話になりますが、手元に残るお金を毎月保つには、「在庫回転率」という考え方を理解し、実際に採り入れることです。そうしないと、仮に、在庫を増やすことが落ち着いても、手元に残るお金のコントロールが効かないです。

実際に、今のわたしは、自分のせどりでは、回転率だけチェックしていると言っても過言ではないほど、とにかく回転率を維持することに集中してます。結果、安定的に手元にお金を残せています。

 

P.P.S.

話は変わりますが、あなたは、出品者(自分)の都合で、注文を受けた商品をキャンセルしたことはないですか?もしキャンセルしたことがあれば、こんな影響があることを知ってやってましたか?という趣旨のレポートです。

↓↓↓
こちら

過去に経験がありましたら、この機会に、ご一読してみてください。

 

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

 

隠居生活ができる”隠居せどり”は魅力的だけど、
どこから学び始めたらいいのかわからないという方に

ゼロベースから順を追って学べる
隠居せどりの基礎講座として
メルマガをご用意しました。

隠居せどりは、体系化され整合性を重んじていますので
学ぶ順番が大事です。

ご登録いただいた日から、メールが1日1通ずつ届きますので
着実に順序立てて学びが進められます。

特に、
・忙しいばかりで売上が伸びない。
・不良在庫ばかり増えて困っている。
・手元にお金が残らない。

というお悩みをお持ちであれば
隠居せどりは抜本的に解決する仕組みを持っています。

ぜひ、あなたのせどりに採り入れてください。

↓↓↓ご登録はこちらからです。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

今なら、メルマガ登録いただくことで
満員御礼を博しました
「せどり隠居セミナー」資料のLite版を
無料でプレゼントしています。

要旨を8ページにまとめていますので、
隠居せどりの骨子を短時間で学べます。

この機会にぜひ手に入れてください。

※ご登録後、自動返信メールにて資料のダウンロードURLをお知らせします。
 メルマガも自動で配信が開始されます。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2019 All Rights Reserved.