LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社をアーリーリタイア。働くのは3時間だけの隠居生活を過ごしています。

評価の依頼って、どうやればよいですか?

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

ここでのテーマは、評価の依頼って、どうやればよいですか?です。
結論というかお伝えしたいことは、やぶへびにならない工夫が大事です。

 

 

わたしは、昨年末から、アマゾン刈り取りを始めましたが、買い手の立場になることでいろいろな発見があります。
先日は、刈り取りしたアマゾンの出品者よりこんなメール。

↓↓↓

評価依頼のメールですが、下線部がちょっとした工夫です。

 

わたしは評価依頼メールはこれまで送ったことがないです。

理由は商品に不満があったときに、低評価がつけられることを誘発して、やぶへびになりそうな感じがするからです。実は、上のような書き方の工夫で低評価を予防することも考えつく範囲内でした。が、いざ、自分宛てにやってきて買い手の立場で見ると、ていねいさや誠実さも感じられ、意外といいのではと改めて思い、紹介してみた次第です。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.

念の為、評価依頼では、見返りに、ギフト券などを贈るのはガイドライン違反ですのでご留意ください。要は、評価を”操作”することをアマゾンは禁止してます。
↓↓↓
出品者の禁止活動および行為

※スクロールして「出品者の評価、フィードバックおよびカスタマーレビューの不正使用」の事項をご覧ください。

 

P.P.S.

余談ながら、評価が高いほうが売上が上がるか?については、「関係ない」という人と「関係ある」という人に分かれます。

わたしは、例えば、100%から90%に落ちると、その分、売上が10%減るという「関係ある」派ですが、あくまで感覚であり、どこまで確かかはきちんと説明できません。唯一、客観的な裏付けとしては、以前に購入を検討している人から電話がかかってきて、「評価100%の人は珍しいので買うことにした」と言われたことがあります。

すなわち、評価100%は特別視する人がいる、ということです。

僅かなFACT(事実)ですが、そのくらいです。

 

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

 

隠居生活ができる”隠居せどり”は魅力的だけど、
どこから学び始めたらいいのかわからないという方に

ゼロベースから順を追って学べる
隠居せどりの基礎講座として
メルマガをご用意しました。

隠居せどりは、体系化され整合性を重んじていますので
学ぶ順番が大事です。

ご登録いただいた日から、メールが1日1通ずつ届きますので
着実に順序立てて学びが進められます。

特に、
・忙しいばかりで売上が伸びない。
・不良在庫ばかり増えて困っている。
・手元にお金が残らない。

というお悩みをお持ちであれば
隠居せどりは抜本的に解決する仕組みを持っています。

ぜひ、あなたのせどりに採り入れてください。

↓↓↓ご登録はこちらからです。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

今なら、メルマガ登録いただくことで
満員御礼を博しました
「せどり隠居セミナー」資料のLite版を
無料でプレゼントしています。

要旨を8ページにまとめていますので、
隠居せどりの骨子を短時間で学べます。

この機会にぜひ手に入れてください。

※ご登録後、自動返信メールにて資料のダウンロードURLをお知らせします。
 メルマガも自動で配信が開始されます。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2019 All Rights Reserved.