あなたも、せどりで隠居生活しませんか?

わたしのせどりが50代にぴったりな3つの理由

転売イコール商標権侵害って?

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

ここでのテーマは
転売イコール商標権侵害って?です。

 
 

結論というか
お知らせしたいことは
 

転売(せどり)が
商標権の侵害として
申し立てられ、
アカウント停止に
追い込まれる事例が
出ていますので、
ご注意ください、です。
 

 
 
 
 

最近、
メーカーから商標権の侵害を
申し立てられ
Amazonのアカウント停止に
追い込まれる事例を聞くことが
増えてきました。
 

でも、素朴な疑問として
なぜ、転売が
商標権侵害になるのか、と
思いませんか?
 

調べたところ、
法務的に言えば
申し立てる根拠は
 

商標権者(=メーカー)が
自らの意思で
流通に置いたものでないものを
販売した行為が
商標権侵害にあたる
 

ということのようです。
 

↓↓
こちらを参考にしました。

 
 
 
 

でも、さらに
それでもなぜ、
商標権侵害を
申し立てるのか、と
思いませんか?
 

本来、メーカーとしては
自分の商品を
流通に置いてくれるのは
都合の良い話で、
 

(それが小売業が
 成立するゆえんでもあり)
 

拡販になるので
WIN-WINになるはずです。
 

この点で
昨今、
そうならない状況が
出てきている、と
いうことになります。

 
 
 
 

ただ、どういうことに
なっているのか、
私には、明快な説明が
思いつきませんが、
 

仮説としては
転売業者の素行の悪さ、
例えば、
ブランドを
毀損するような行為が
 

メーカーの目に余るように
なってきていて
対策に乗り出している、
ということかもしれません。

 
 

そして
もし、この文脈であれば
 

今後、Amazonの方も
モグラたたき的な
後手に回る対応ではなく
 

抜本的な対策に乗り出しても
不思議ではありません。
 

そのときこそ
全せどらーに
直接の大きな影響が
出てくるという事態に
なります。

 
 
 
 

ということで
ここのテーマでの
お話は以上です。

 
 
 

P.S.
 

私も知見がない分野ですので
ふわっとした話ですみません。
 

この件、すなわち、
 

メーカが何故、転売者を
取り締まっているか
ということについて、
 

詳しい方が
いらっしゃいましたら
逆にぜひ教えてください。

 
 
 

それでは。
 

おつきあいいただき
ありがとうございました。

 

満員御礼いただいた
「せどり隠居セミナー」資料の
Lite版を無料で配布しています。

全8ページに凝縮していますので
隠居せどりの骨子を短時間で学べます。

特に、
・忙しいばかりで売上が伸びない。
・不良在庫ばかり増えて困っている。

というお悩みをお持ちであれば
隠居せどりは抜本的に解決する仕組みを持っています。

ぜひ、あなたのせどりに取り入れてください。



*メールアドレス
お名前(姓)
<ご注意>
ダウンロードボタンを押すと、メルマガの会員として登録されます。
登録後の自動返信メールにて資料のダウンロードURLをお知らせします。
メルマガも自動で配信が開始されます。
同意される方のみ、ダウンロードをお願いします。
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

Copyright© 50代向けの隠居せどり、お教えします。 , 2017 All Rights Reserved.