LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社をアーリーリタイア。働くのは3時間だけの隠居生活を過ごしています。

初めての会社の決算を終えたら。

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

ここでのテーマは
初めての会社の決算を終えたら、です。
 
 
結論というかお伝えしたいことは
払う税金が、またあった、です。
 
 
 
 
 
 
 
 
わたしの会社は、昨年11月が決算月でしたが
実際には、そこから税申告の書類を作り
提出(納税)は2ヶ月後までとなります。
 
 
ということで、2ヶ月後というのは、
今月1月末までとなり、
 
つい先日、
お世話になっている税理士さんより
決算報告をいただきました。
 
 
このあたりのサイクルも
初めて知りました。
 
 
 
 
以前に、法人税については、
セーフティネット共済を使い、
めでたく納税額0円を達成した
ことを書きましたが、
↓↓↓
めでたい。法人税の納税額が0円になった理由
 
 
このたび、
たとえ、業績が赤字になっても、
払わないといけない税金が
あることを知りました。
 
 
法人住民税です。
 
 
 
 
 
 
 
 
住民税には、
個人で払うものと
法人で払うものがあるとのことです。
 
 
「聞いてないよ」と思いましたが、
それは、
「言ってないよ」という声が
きこえてきそうで、単に、
わたしが知らなかっただけのこと。
 
 
 
 
勉強になりましたが、
 
どうも、税金を払うのって、
もったいなくて、
気持ちが晴れないです。
 
 
 
 
会社をつくったときは、
「法人としての住民税」を
新たに払わないといけない、
ということを
 
今後、会社を作る予定のある方は
あらかじめ
知っておいてください。
 
 
そうすると、
わたしのようにショックを
受けずにすみます。
 
 
 
 
ちなみに、
法人が払う税金については
こちらの記事、わかりやすいです。
 
 
ということで
ここのテーマでのお話は以上です。
 
 
 
 
それでは。
 
お付き合いいただき、ありがとうございました。

 

隠居生活ができる”隠居せどり”は魅力的だけど、
どこから学び始めたらいいのかわからないという方に

ゼロベースから順を追って学べる
隠居せどりの基礎講座として
メルマガをご用意しました。

隠居せどりは、体系化され整合性を重んじていますので
学ぶ順番が大事です。

ご登録いただいた日から、メールが1日1通ずつ届きますので
着実に順序立てて学びが進められます。

特に、
・忙しいばかりで売上が伸びない。
・不良在庫ばかり増えて困っている。
・手元にお金が残らない。

というお悩みをお持ちであれば
隠居せどりは抜本的に解決する仕組みを持っています。

ぜひ、あなたのせどりに採り入れてください。

↓↓↓ご登録はこちらからです。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

今なら、メルマガ登録いただくことで
満員御礼を博しました
「せどり隠居セミナー」資料のLite版を
無料でプレゼントしています。

要旨を8ページにまとめていますので、
隠居せどりの骨子を短時間で学べます。

この機会にぜひ手に入れてください。

※ご登録後、自動返信メールにて資料のダウンロードURLをお知らせします。
 メルマガも自動で配信が開始されます。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2019 All Rights Reserved.