49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

これは困った、商品が返送できない【Amazonのシステム障害っぽい】

  
\ この記事を共有 /
これは困った、商品が返送できない【Amazonのシステム障害っぽい】

ここでのテーマは、これは困った、商品が返送できないです。
結論というかお伝えしたいことは、Amazonのシステム障害っぽいです。

 

 

先日、お客さんから返品された商品を自宅返送しようと、いつも通り、セラーセントラルで、在庫→販売不可在庫の返送/所有権の放棄→返送/所有権の放棄依頼を作成、と進みましたが、しかしながら、その次の画面で、数量を入力しようとしても、入力ができない状況。
↓↓↓

それ以前に、最近、セラーセントラルの画面がそこかしこで変わってますね。
テクサポに問い合わせたところ、どうも要領を得ず(なんと、テクサポでも今回の画面は初めて見た、と)調査して回答してくれ、ということにしました。

 

ちなみに、最近、テクサポに不慣れな担当者が目立ち、その決まり文句が「しばらく時間をおいて再度やってください。それでは失礼します」と。
Amazon預かりの案件をできるだけ減らしたいがためと思われますが、逆に、不慣れさを露呈してます。
今回もその決まり文句が出ようとしたので「いやいや」とツッコミを入れ、今回のはそういう性格の事象ではないでしょう、と、押しとどめました。

ただ、わたしなりの見立ては、おそらくですが、すでに廃棄済で、返送できない商品も一覧に表示されてます。
すなわち、一覧表示部分のAmazonのシステム障害と思われ、今回の商品は返送不可、と、自分なりに結論付けました。

 

セラーセントラルの画面がそこかしこで変わってる件、当面は、システム障害も出そうですね。
結局は、奇しくも、障害がおさまるまで「しばらく時間(日にち)をおいて再度やってみる」しかなさそうです。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.
話は変わり、プライベートな話題です。
先日より、親のお金の管理も始めました。
マネーフォワードで「見える化」
マネーフォワード ME | スマホで簡単 家計簿アプリ

で、まずは、よく聞きますね。
高齢者のお金を狙って知らない間にお金が引き落とされてる件。

そんなのがないかとチェックしたら、ありました!
Amazonのプライム会費が使ってないのに毎月500円、もう1年以上も引き落とされてます。
くーー。

 

でも、さっそく電話したら、Amazonカスタマーサポート、良心的でしたよ。
すぐに、さかのぼって7か月分(!)も返金されました。
↓↓↓

よかったです。
あなたの親御さんの分もチェックできそうならチェックしてみてください。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

 ご案内   せどり塾「松尾塾」【50代向けです】
 ご案内  『50代から始めるせどり隠居マニュアル 入門編』(無料です)

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、
ぴったりの
電子書籍(無料)をご用意しました。




2023年版
50代から始める
せどり隠居マニュアル

(著)松尾幸典

サンプルダウンロード

紙の本の長さ:61ページ
発刊日:2023年1月27日

老後の不安、親の介護、社内での世代交代・・・をきっかけに49歳で会社を退職。1日3時間働くだけで、安定月収70万円の隠居生活を手に入れた具体的な方法を公開。ぜひお読みください。

カスタマーレビュー


私自身が現在50歳会社員ということもあり、松尾さんがせどりを始めた当時も49歳会社員だったとのことですので、背景的にも非常に参考になることが多いのではないかと考え、こちらの電子書籍を拝読させていただきました。
率直な感想は、せどり初心者が知りたいことを非常に簡潔に、かつ大変わかりやすくまとめてあり、様々な手法を提示せずに一択を推奨しているところも、何から始めて良いか悩ましい初心者には非常にありがたい内容でした。
ブログも併せて拝読し、これからの活動の参考にさせていただきたいと思っております。


無料のレポートなので、正直それなりのものという気持ちがありましたが、読んでみて、良い意味で裏切られました。今まで読んだこの種のレポートに比べ大変理論的な説明に驚かされました。信頼できる方だと思いました。


初めまして。いつもメルマガを拝見させていただいております。今回第三部で有料級の具体的な手法を公開していただき有り難く拝見させていただきました。
私も松尾さんが会社を退職されてせどり専業に取り組まれた年齢49歳に今年なりますので、とても親近感が湧いてせどり自体に興味が湧いてきました。またせどり塾に参加させていただく折にはお世話になろうと思います。

Copyright©50代で隠居生活 公式ブログ,2023All Rights Reserved.