LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

毎日が日曜日

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には110名以上が参加。 メルマガ購読者:4000名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

ここでのテーマは、毎日が日曜日、です。
結論というかお伝えしたいことは、暇こそチャンスです。

 

 

毎日が日曜日、というのは1975年に新聞連載され、のちにベストセラーになった社会派小説です(作者は城山三郎さん)。
↓↓↓
[城山三郎]の毎日が日曜日(新潮文庫)

わたしは、子どもの頃、タイトルだけ知って、毎日、日曜日っていいな、と単純に思ったことがありましたが、大人になって、読んでみたところ、左遷(させん)されていく会社員の話でした。「左遷先では仕事がないので羨ましいね」という、同僚からの、皮肉をきかせた屈辱的なはなむけの言葉が”毎日が日曜日”でした。

 

昨今のトピックに重ねると、厳しい話ですが、リモートワークの進展で、不要人材があぶりだされたと言われます。特に中高年に焦点があたっている報道も多く目にします。そして、シビアですが、不要人材には、やがてリストラ勧告がやってきます。

ただ、一方で、幸いにして、今の時代は環境も変わり、ジョブチェンジを織り込むキャリア設計が自然になります。
人生100年時代の潮流を作った、名著『ライフシフト』でも人生のサイクルとして、仕事をする時期と、棚卸をして見つめ直す時期を、順繰りに持つとよい、と提言されてます。
↓↓↓
[リンダ・グラットン, アンドリュー・スコット, 池村 千秋]のLIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略

 

 

折しも、先日、マナブさんの有料コミュニティで週末の定期相談会があり、「コロナでリストラされた。どうしたらよいですか?」という相談がありました。有料なので中身はあまり詳しくは書けませんが、答えて、マナブさんは、相手を思いやりながらも「時間ができたことをラッキーと思うのがよい」と。

すなわち、前向きに捉え、自分で稼ぐための勉強をするとよい、という趣旨のことを言われてました。確かに、ものは考えようで、時間がある、というのは会社員にはない、大きな強みで、自分次第でいかようにもその後を変えられることを思えば、ラッキーという前向きな捉え方はわたしも同意見感です。自分の不運を呪うよりは、よほど、その後の展開が良くなりますのでね。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.
話は変わり、新着レポートです。レアなテーマでお客様からのクレーム対応について。
腰を据えた、対応手順が具体例とともに書かれていて、とても参考になります。
↓↓↓
こちら

クレーム対応は苦手な方も多いかと思いますが、それだけに逆に、お客さんときちんと向き合うことが大事。ご一読してみてください。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

 ご案内   せどり塾「ID WORKS」【50代向けです】
 ご案内  『50代から始めるせどり隠居マニュアル』(無料です)

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、ぴったりの電子書籍(無料)をご用意しました。

▽現在、感想いただいた方全員に、アマゾンギフト券をプレゼント中です。
 2020年9月30日までの期間限定です。

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

会社員生活から抜け出したい。もうだいぶ働いた。若い世代のつきあげもある。中高年リストラの不安もある。そろそろバトンタッチして早期退職したい。そんなふうに思うことはないですか。

でも一方で、収入が不安。せどりで収入といっても、自分にもできるのか分からない人生100年時代なので、余命は長い。しっかりした収入手段にしないといけない。そういう気持ちもあるかと思います。

 

ここでのわたしの提案は、であれば、まずは自分にもできそうか確認してみませんか?です。そんな趣旨で書きました。

先にお伝えすると、せどりは普通にやっても失敗します。
なぜなら、せどりの本質は、労働集約型で、体力勝負だからです。
せどり界隈が若者ばかりなのは、そういう内情があります。
50代は余計に失敗確率が高くなります。

 

そんななか、それだからこそ、
わたしの提案は「50代でも無理なくできるせどり」です。

・何が50代向けなのか?
・どうして無理なくできるのか?
・具体的にどう進めるのか?

すべて答えを書きました。加えて、実際に49歳で早期退職し、以降4年間、せどりで生計を立ててきた、わたしの体験談もふんだんにいれました働く時間は1日3時間のスローライフを実現できています。リアルな話としてお読みいただけます。

ぜひ、手にとって読んでみてください。
そして、せどりを始める前に、自分でもできる感触をつかんでください。

 

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

ご登録後、自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。同時に、わたしのメルマガも自動で配信が開始されます。なお、メール内に登録解除リンクがありますので、もしメルマガは不要ということであれば即座に登録解除が可能になっています。

それでは、この機会にぜひ入手いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には110名以上が参加。 メルマガ購読者:4000名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2020 All Rights Reserved.