LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

せどりで法人化するタイミングはいつがいい?【税金対策で2つあり】

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には130名以上が参加。 メルマガ購読者:4500名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

せどりで法人化するタイミングは、いつがいいの?

せどり中級者

こんな疑問に答えます。

せどり歴は4年。月収70万。
安定的に生活収入を得ています。
せどりで隠居しています。

せどりで法人化するタイミングはいつがいい?【税金対策で2つあり】

結論。下記のいずれかのタイミングで決めましょう。目安としてください。目的は税金対策です。

①年間売上1千万円を2年連続で超えそうなとき
②年間所得が330万円を超えそうなとき

なぜなら、①は消費税の納税猶予を延ばすためです。消費税は重税です。
消費税は、個人事業主でも法人でも、年間売上1千万を超えた1年目と2年目は免除されます。

なので、1千万円を超えた1年目と2年目は個人事業主でいき、3年目から法人化するのが良くて、これだと、法人1年目、2年目も2年間の消費税支払いの免除がなされ、トータルで4年間消費税の免除という恩恵が受けられます。

 

②は税率が逆転するためです。
下記は、個人事業主の所得税率と、法人の法人税率との比較です。

▽所得税率(出典:国税庁サイト)


→年間所得330万円を超えると税率20%になります。

▽法人税率(出典:国税庁サイト)


→年間所得800万円以下は税率15%です(資本金1億円以下で、過去の年間所得が15億円を超えない場合)。

 

要は、年間所得が330万円を超えると、法人税率15%に対し、所得税率は20%と逆転します(所得税率の方が高くなります)。
加えて、法人になると、個人事業主に比べ節税範囲が広がりますので、さらに税制面では有利になります。

ちなみに、わたしは①を意識して、法人化しました。
2016年、2017年と、年間売上1千万円超えが2年連続で超えそうだったので、2017年の12月に会社を設立し、消費税納税猶予を延ばすことにしました。

 

では、法人化ってどうやればいい?法人になってすぐにやることは何?

では、法人化ってどうやればよいの?ですが、結論として、税理士さんに頼みましょう
なぜなら、理由は2つです。

①専門的な知識が必要で、素人にはハードルが高いから
②依頼しても自分でやっても、費用は変わらないから

①は、分かりやすいところでは、法人化に際し会社の「定款」を作らないといけないですが、素人には知識・実務面で、とても独力で作れるものではありません。

②は、「会社設立手数料0円」を掲げている税理士さんは多いです。但し、その後の顧問契約とセットになっているのが普通なので、十分に吟味して決めましょう。

わたしの場合は、こちらにお願いしました。正直、可もなく不可もなしでした。
費用は実費のみで16万円かかりました(合同会社を設立するケースとして、参考にしてください)。

 

次に、法人になって、すぐやることは何?ですが、下記の2つのことがあります。

①健康保険、年金の切り替え
②古物商許可の取り直し

①は、国民健康保険(国保)から健康保険(健保)へ、国民年金から厚生年金へ切り替えます。窓口は、各自治体の年金事務所になります。ちなみに、厚生年金の高額さにびっくりすると思います。

②は、ガーンとくるかもしれませんが、古物商許可は取り直しになります。ただ、法人の場合は、提出書類がいくつか増えますが、個人と難易度は変わらないです。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

※関連記事です。あわせてご覧ください。
↓↓↓

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、ぴったりの電子書籍(無料)をご用意しました。

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

会社員生活から抜け出したい。もうだいぶ働いた。若い世代のつきあげもある。中高年リストラの不安もある。そろそろバトンタッチして早期退職したい。そんなふうに思うことはないですか。

でも一方で、収入が不安。せどりで収入といっても、自分にもできるのか分からない人生100年時代なので、余命は長い。しっかりした収入手段にしないといけない。そういう気持ちもあるかと思います。

 

ここでのわたしの提案は、であれば、まずは自分にもできそうか確認してみませんか?です。そんな趣旨で書きました。

先にお伝えすると、せどりは普通にやっても失敗します。
なぜなら、せどりの本質は、労働集約型で、体力勝負だからです。
せどり界隈が若者ばかりなのは、そういう内情があります。
50代は余計に失敗確率が高くなります。

 

そんななか、それだからこそ、
わたしの提案は「50代でも無理なくできるせどり」です。

・何が50代向けなのか?
・どうして無理なくできるのか?
・具体的にどう進めるのか?

すべて答えを書きました。加えて、実際に49歳で早期退職し、以降4年間、せどりで生計を立ててきた、わたしの体験談もふんだんにいれました働く時間は1日3時間のスローライフを実現できています。リアルな話としてお読みいただけます。

ぜひ、手にとって読んでみてください。
そして、せどりを始める前に、自分でもできる感触をつかんでください。

 

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

ご登録後、自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。同時に、わたしのメルマガも自動で配信が開始されます。なお、メール内に登録解除リンクがありますので、もしメルマガは不要ということであれば即座に登録解除が可能になっています。

それでは、この機会にぜひ入手いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には130名以上が参加。 メルマガ購読者:4500名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2020 All Rights Reserved.