49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

会社を持っている人必見です。

  
\ この記事を共有 /
会社を持っている人必見です。

ここでのテーマは、会社を持っている人必見です。
結論というかお伝えしたいことは、今年も出ました、です。

 

 

今年は、コロナ対策に予算が使われ、出ないかと思ってましたが、先頃、発表されました。
↓↓↓

『小規模事業者持続化補助金』

 

具体的な公募要領はこちら。補助金は融資と違って”返さなくていいお金”なのでありがたいです。
最近、セミナーなどで個人レベルの会社経営者と知り合うことが多いですが、聞くたびに、この補助金はよく利用されているので、わたしも、”貰えるものは貰え”の精神と、先が見えない時代には選択肢をたくさん持つのがセオリーという趣旨から初応募してみます。

それで、具体的にどういう使途で応募するかが問題ですが、分かりやすいのは、せどり→物販(メーカ・卸仕入れ)の展開。資料中の使途の例を見ると、それらしい項目が並んでました。

・ネット販売システムの構築
・国内外の展示会、見本市への出展、商談会への参加
・新商品の開発
・新商品の開発にあたって必要な図書の購入
・新商品開発にともなう成分分析の依頼
・新たな販促用チラシのポスティング
・国内外での商品PRイベントの実施
・ブランディングの専門家から新商品開発に向けた指導、助言

 

わたしも以前書きましたが、最近、メーカー仕入れに、少しだけ興味がありますのでいい機会でもありますので、そちらの方面で考える予定です。
↓↓↓

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.

さて、話は変わり、完全に趣味の話です。
このところ、動画配信サービスFODで1994年放映のドラマ「妹よ」を見てます。
↓↓↓

主人公の和久井映見が好演。90年代のかわいい人って、こんな感じだったと懐かしく思い出します。

大会社の若社長、唐沢寿明が、恋人の和久井映見のために「うちの系列なんだ」と営業終了後の、夜の遊園地を貸切る(従業員を稼働させる)シーンがありますが、でも、冷静に見ると明らかに職権乱用と思われ、「コンプライアンス的にどうかと思います」と言われない時代だったこともあわせて懐かしく見ました。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

▼おすすすめしてます。
■自著『50代から始めるせどり隠居マニュアル』(無料です)

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、
ぴったりの
電子書籍(無料)をご用意しました。




2022年版
50代から始める
せどり隠居マニュアル

(著)松尾幸典

サンプルダウンロード

紙の本の長さ:76ページ
発刊日:2022年1月10日

老後の不安、親の介護、社内での世代交代・・・をきっかけに49歳で会社を退職。1日3時間働くだけで、安定月収70万円の隠居生活を手に入れた具体的な方法を公開。ぜひお読みください。

カスタマーレビュー


私自身が現在50歳会社員ということもあり、松尾さんがせどりを始めた当時も49歳会社員だったとのことですので、背景的にも非常に参考になることが多いのではないかと考え、こちらの電子書籍を拝読させていただきました。
率直な感想は、せどり初心者が知りたいことを非常に簡潔に、かつ大変わかりやすくまとめてあり、様々な手法を提示せずに一択を推奨しているところも、何から始めて良いか悩ましい初心者には非常にありがたい内容でした。
ブログも併せて拝読し、これからの活動の参考にさせていただきたいと思っております。


無料のレポートなので、正直それなりのものという気持ちがありましたが、読んでみて、良い意味で裏切られました。今まで読んだこの種のレポートに比べ大変理論的な説明に驚かされました。信頼できる方だと思いました。


初めまして。いつもメルマガを拝見させていただいております。今回第三部で有料級の具体的な手法を公開していただき有り難く拝見させていただきました。
私も松尾さんが会社を退職されてせどり専業に取り組まれた年齢49歳に今年なりますので、とても親近感が湧いてせどり自体に興味が湧いてきました。またせどり塾に参加させていただく折にはお世話になろうと思います。

Copyright©50代で隠居生活 公式ブログ,2022All Rights Reserved.