LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社を早期退職。働くのは3時間だけの隠居生活を過ごしています。

また筑後川を渡って

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には100名以上が参加。 メルマガ購読者:4000名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

ここでのテーマは、また筑後川を渡って、です。
結論というかお伝えしたいことは、立場逆転、です。

 

 

わたしは地元が福岡県久留米市で、筑後川はわたしにとっては故郷の象徴ともいえます。渡るたびに、帰ってきた気持ちになります。※ぎりぎり日暮れ前でした。
↓↓↓

好きなドラマ『嫌われ松子の一生』でも、主人公の川尻松子(内山理名)が、近所の荒川に、故郷の筑後川を重ねるシーンがあります。共感して見てました。

 

それで、今回の帰省のテーマは”立場逆転”

親にとって子供は何歳になっても子供と言われますが、一方で、人は年老いたときに子供に還るとも言われます。そのタイミングで、親と子供は立場逆転することを思いますが、今回の帰省で、そうしたタイミングがやってきた感があります。心穏やかではないですが、これは避けられないこと。受け止めねばと考えてます。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.

話は変わり、役立ち情報で、新着レポートです。
テーマは、Amazonアカウント停止に至る真贋調査です。テーマ自体はよくあるものですが、Amazonに提出する改善計画書の書き方指導が参考になります。

具体的には、一見やってしまいがちな「偽物でした!ごめんなさい」はNG。正直なようですが、偽物と認めてはならない、と。なぜなら、ほんとは、売る前から、偽物と分かっていたのではないか、という印象になるからです。なので、そこは「正規品であることを証明することが難しいです」で貫くこと。重要なスタンスですね。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には100名以上が参加。 メルマガ購読者:4000名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2020 All Rights Reserved.