LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社をアーリーリタイア。働くのは3時間だけの隠居生活を過ごしています。

人は定年になったらどうなるのか

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

ここでのテーマは、人は定年になったらどうなるのかです。
結論というかお伝えしたいことは定年後の人たちを取材した本を読んでみた、です。

 

 

最近「定年後」という本を図書館から借りてきて読んでますが、なかなかに中身が詰まっていて読み応えがあります。わたしより少し上の世代で、すでに定年を迎えた人たちへの取材にもとづいた話です。

 

会社人間になった多くの人は、定年を迎え、会社から開放されても燃え尽きて特にやることがない。妻も、自分の生活を持っていて相手にしてくれない。仕方ないので再雇用制度を用いてまた会社にいくことにするか、みたいな。話として聞いたことはありましたが、個人的には、ほんとかなと思ってたことが、ほんとらしいです。

 

わたしは49歳で、会社を早期リタイアしましたが、そうした、多くの人が入るルートに入らなかったのが偶然だったのか不明ですが、ただ、同書に「隠居と定年の違い」という興味深いトピックもあり、定年は受け身だけど隠居は主体的な選択だとのこと。わたしは、主体的に会社を辞めたので退職前後で、その後のライフデザインをじっくり考えることになったのがよかったのかもしれないと思い返します。

 

つらつらと書いてきましたが、働ける元気があるうちは、適度に働き続けるのも大事みたいです。わたしは、自分の性格も相まっているかもしれませんが、1日3時間くらいは働いて、あとは自由時間という、いまのグータラな暮らしがとても快適です。そんな暮らしは普通の人は何年も続けられない、とも書いてあり、やはりわたしの性格も相まってる感じがしました。いずれにしても、結果的に良かったと思う限りです。

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.

関係ないですが、わたしは最近ツイッターもよく見ていて、芸人のコウメ太夫さん。一発屋と評されることも多いですが今なおツイッターで人気を博しています(というか、再ブレイク?)。
↓↓↓
ここをクリック

1日1チキショー が面白いです。
疲れたときにどうぞ。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

 

隠居生活ができる”隠居せどり”は魅力的だけど、
どこから学び始めたらいいのかわからないという方に

ゼロベースから順を追って学べる
隠居せどりの基礎講座として
メルマガをご用意しました。

隠居せどりは、体系化され整合性を重んじていますので
学ぶ順番が大事です。

ご登録いただいた日から、メールが1日1通ずつ届きますので
着実に順序立てて学びが進められます。

特に、
・忙しいばかりで売上が伸びない。
・不良在庫ばかり増えて困っている。
・手元にお金が残らない。

というお悩みをお持ちであれば
隠居せどりは抜本的に解決する仕組みを持っています。

ぜひ、あなたのせどりに採り入れてください。

↓↓↓ご登録はこちらからです。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

今なら、メルマガ登録いただくことで
満員御礼を博しました
「せどり隠居セミナー」資料のLite版を
無料でプレゼントしています。

要旨を8ページにまとめていますので、
隠居せどりの骨子を短時間で学べます。

この機会にぜひ手に入れてください。

※ご登録後、自動返信メールにて資料のダウンロードURLをお知らせします。
 メルマガも自動で配信が開始されます。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2019 All Rights Reserved.