LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社をアーリーリタイア。働くのは3時間だけの隠居生活を過ごしています。

仕入れの幅を広げるには?

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

ここでのテーマは仕入れの幅を広げるには?です。
結論というかお伝えしたいことは、在庫バランスを考えてみるのもひとつの有効策です。

 

 

先日、アマ狩りマスター開発者でせどり歴15年のコータさんのYoutubeLiveに参加。
わたしは、せどりはというか、中古家電せどりは一応、極めた気分でいますが、コータさんのLiveは改めて学び直す気づきが得られる貴重な機会になるので、時間が合う限り、参加してます。

 

テーマは、在庫バランスでした。

自分の在庫は、高回転商品中回転商品低回転商品をバランスよく持つようにせよ、とは、よく言われることで物販でのセオリーです。わたしは、このところ、自分のせどり塾で初心者向けに教えることが多かったので、高回転仕入れに特化していたのですが、改めて、考え直す機会になりました。

 

さて、低回転商品は、その分、見込み利益率を高くしないといけない。これもセオリーです。

それでは、具体的に、どのくらい高くしないといけないかという疑問がわきますが、計算してみればよいです。例えば、1か月に1回売れる1万円の高回転商品を利益率15%でまわすと、3ヶ月後には、1万円×1.15×1.15×1.15=約1万5千円になりますので、3ヶ月に1回売れる低回転商品は見込み利益率50%で帳尻があいます

 

いかに複利で回すことが有利かと改めて感じますが、仕入れにおいて低回転商品は敬遠され競争率が低いことも確か。うまくバランスすることで、仕入れの幅が広がります。適宜、お試しください。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.

整理すると、
高回転(1か月に1回以上売れる)商品は、見込み利益率15%
中回転(2か月に1回以上売れる)商品は見込み利益率30%
低回転(3か月に1回以上売れる)商品は見込み利益率50%

で、仕入れるのが、回転率と利益率のバランスです。

 

なお回転率の定義と見込み利益率の設定は仮置きですので、まずは基準値として置いて自分の実践で修正していくことで
より使える数字になっていきます。

 

P.P.S.

話は変わりますが、手元のキャッシュフローが厳しい方、そういえばこんなの、ありましたというレポートです。
↓↓↓
こちら

 

2016年8月15日以降にアマゾンのアカウントを作っていれば使える手法ということで、ぜひ確認してみてください。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

 

隠居生活ができる”隠居せどり”は魅力的だけど、
どこから学び始めたらいいのかわからないという方に

ゼロベースから順を追って学べる
隠居せどりの基礎講座として
メルマガをご用意しました。

隠居せどりは、体系化され整合性を重んじていますので
学ぶ順番が大事です。

ご登録いただいた日から、メールが1日1通ずつ届きますので
着実に順序立てて学びが進められます。

特に、
・忙しいばかりで売上が伸びない。
・不良在庫ばかり増えて困っている。
・手元にお金が残らない。

というお悩みをお持ちであれば
隠居せどりは抜本的に解決する仕組みを持っています。

ぜひ、あなたのせどりに採り入れてください。

↓↓↓ご登録はこちらからです。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

今なら、メルマガ登録いただくことで
満員御礼を博しました
「せどり隠居セミナー」資料のLite版を
無料でプレゼントしています。

要旨を8ページにまとめていますので、
隠居せどりの骨子を短時間で学べます。

この機会にぜひ手に入れてください。

※ご登録後、自動返信メールにて資料のダウンロードURLをお知らせします。
 メルマガも自動で配信が開始されます。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2019 All Rights Reserved.