LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

50代で隠居生活。老後の収入不安も一挙に解決する方法とは?

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には120名以上が参加。 メルマガ購読者:4500名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

昨今、人生100年時代と言われはじめ、70歳まで働く社会づくりがはじまってますね。
そんななか、わたしは、そうした動きが出る前の2016年に49歳で隠居生活に入りました。

ここでは、わたしが50歳を目前に、早々に隠居できた方法をお伝えします。
しかも老後の収入手段も確保したうえで

結論からいえば、わたしの収入手段は”せどり”というものです。
いまの隠居生活の実際とともにご紹介します。

自己紹介ふうですが、よろしければお付き合いください。

 

今のわたしの隠居生活

わたしは、いま、せどりを1日3時間だけやって、生計を立てられるだけの収入(具体的には月収70万)を安定的に得ています。あとの21時間は自由時間です。会社組織にも属せず、全く1人でやってますので、気持ち面でも自由です。

あるとき、ある人から「それは、隠居ですね」と言われました。
辞書をひいたところ、

隠居とは、勤め・事業などの公の仕事を退いてのんびりと暮らすこと

とありました。
定義には合っているみたいです。

隠居生活というと、とにかく清貧を貫くスタイルが一般的みたいですが、わたしは、ぜいたくもしていませんが、清貧は貫いていないです。ちなみに会社員時代よりは収入は増えました。

いまの1日ですが、朝起きて、午前中3時間だけ働いて、昼からは自由時間になって、好きなことをする生活です。2016年に開始し4年めに入り、すっかり安定しきっています。

 

なぜ隠居できたのか?実は差し迫った状況があった。

ただ、わたしはもともと隠居したいと思っていたわけではなく、会社をやめるつもりもありませんでした。

きっかけはわたしの世代でよくある親の介護問題です。

田舎の父親が抗がん剤の副作用で、寝たきりになってしまい、それまで何も親孝行らしいことはしていなかったこともあり、一念発起。会社をやめて、介護に専念することにしました。

せどりは、それよりも少し前に収入手段として知ってました。特にパソコンとネットがあれば場所を問わずにできる電脳せどりというものがあり、可能性にかけた格好です。

そして、学んでみると、いけそうな見通しが持てたのでせどりを収入源にすることにしたわけです。というより、親の状態が待ったなしになっていたので、せどりにすがったとのいうのが正しいです。

 

せどりは老後に入っても可能な優秀な収入手段。

わたしが会社をやめたのは2016年の3月31日付け。
しかしながら、それからなんと10日後の4月10日に父親は逝去。
介護に1日の多くの時間を使うプランがなくなりました。

わたしのせどりは、介護と両立させないといけないので、
とにかく短時間でできるかたちに仕上げていました。

なので、期せずして、
自由時間がたくさんの隠居生活を手に入れることになりました。

せどりは、高齢になっても可能な優秀な収入手段です。
実際に、60代、70代でやっている人もたくさんいます。

わたしはもしせどりに出会わなかったら、
50代からの再就職という厳しい関門をくぐらないといけなくなってました。
せどりのお蔭で別の世界を手に入れたように思います。

 

このブログを立ち上げたのは、
わたしと同じ世代、同じ境遇の方に、せどりという収入の手段があることをお伝えし、
ご指南したかったからです。お読みいただきありがとうございました。
よろしければ他の記事もお読みいただけると幸いです。

 

>>次のページは
わたしのせどりが50代にぴったりな3つの理由

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、ぴったりの電子書籍(無料)をご用意しました。

▽感想いただいた方全員にアマゾンギフト券(500円分)をプレゼント中です。
 2020年10月31日までの期間限定です。

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

会社員生活から抜け出したい。もうだいぶ働いた。若い世代のつきあげもある。中高年リストラの不安もある。そろそろバトンタッチして早期退職したい。そんなふうに思うことはないですか。

でも一方で、収入が不安。せどりで収入といっても、自分にもできるのか分からない人生100年時代なので、余命は長い。しっかりした収入手段にしないといけない。そういう気持ちもあるかと思います。

 

ここでのわたしの提案は、であれば、まずは自分にもできそうか確認してみませんか?です。そんな趣旨で書きました。

先にお伝えすると、せどりは普通にやっても失敗します。
なぜなら、せどりの本質は、労働集約型で、体力勝負だからです。
せどり界隈が若者ばかりなのは、そういう内情があります。
50代は余計に失敗確率が高くなります。

 

そんななか、それだからこそ、
わたしの提案は「50代でも無理なくできるせどり」です。

・何が50代向けなのか?
・どうして無理なくできるのか?
・具体的にどう進めるのか?

すべて答えを書きました。加えて、実際に49歳で早期退職し、以降4年間、せどりで生計を立ててきた、わたしの体験談もふんだんにいれました働く時間は1日3時間のスローライフを実現できています。リアルな話としてお読みいただけます。

ぜひ、手にとって読んでみてください。
そして、せどりを始める前に、自分でもできる感触をつかんでください。

 

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

ご登録後、自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。同時に、わたしのメルマガも自動で配信が開始されます。なお、メール内に登録解除リンクがありますので、もしメルマガは不要ということであれば即座に登録解除が可能になっています。

それでは、この機会にぜひ入手いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には120名以上が参加。 メルマガ購読者:4500名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2017 All Rights Reserved.