49歳で会社をアーリーリタイア。働くのは3時間だけの隠居生活を過ごしています。

人がお金を出すときって。

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

ここでのテーマは
人がお金を出すときって、です。
 
 
 
 
結論というか
お伝えしたいことは
 
はた目からは
そうは見えなくても
 
本人には、
お金を出す価値を
感じているときがある、です。
 
 
 
 
 
 
 
 
プライベートな話に
なりますが、
 
わたしの母親は
長年、小さな商店の
お金勘定を
切り盛りしてきた商売人で
 
厳しい時期には
自分のお金で
運転資金を
埋めた経験もあって、
 
金銭感覚と
人を見ぬく力に
長けてました。
 
 
 
 
 
 
 
 
そんな母親でしたが、
 
先日、どうみても
買うことに疑問がある
 
高額な金融商品と
高額な給湯器に
 
手をだしていて、
契約寸前まで
いってました。
 
 
 
 
 
 
 
 
わたしにとってみれば
少なからず、
ショックな
出来事でしたが
 
ただ、翻って考えると、
一昨年に父親が逝去。
 
 
お金どうこうよりも
 
気持ち面で
さびしかったのかも
しれません。
 
 
 
 
 
 
 
 
想起したのは、
 
東野圭吾さんの
「殺人の門」という小説で、
↓↓↓
ここをクリック。
 
主人公が
年寄りに高額な商品を
買わせるシーンがあります。
 
 
 
 
そこでは、
年寄りに
お金を出させるコツは
 
お金の話はせず、
ひたすらに
親身になることと、
 
主人公が
先輩社員から、
アドバイスを受けます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
母親も、
田舎の一人暮らしが
さびしく、
 
担当の方の
親身な対応にあって
 
つい、お金を出そうと
したのかもしれません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もしそうであれば、
 
わたしは、
場所を選ばない、
せどらーなので、
 
おそらく、
母親の老い先もそんなに
長くないこともあり
 
どこかのタイミングで
一緒に暮らす時期を
つくろうかと
 
そんなことを考える
きっかけになりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
終始、わたしの
プライベートの話に
なってしまい
失礼しました。
 
 
ということで
ここのテーマでの
お話は以上です。
 
 
 
 
P.S.
 
ちなみに、
 
母親が買おうとした
高額な給湯器は、
「エコキュート」という商品です。
 
 
評判がよくないという
投稿も多いですよね。
↓↓↓
ここをクリック。
 
わたしも、まさに
上記の手口で
訪問販売を受けたことを
思い出しました。
 
ご注意ください。
 
 
 
 
 
 
それでは。
 
お付き合いいただき、
ありがとうございました。

 

隠居生活ができる”隠居せどり”は魅力的だけど、
どこから学び始めたらいいのかわからないという方に

ゼロベースから順を追って学べる
隠居せどりの基礎講座として
メルマガをご用意しました。

隠居せどりは、体系化され整合性を重んじていますので
学ぶ順番が大事です。

ご登録いただいた日から、メールが1日1通ずつ届きますので
着実に順序立てて学びが進められます。

特に、
・忙しいばかりで売上が伸びない。
・不良在庫ばかり増えて困っている。
・手元にお金が残らない。

というお悩みをお持ちであれば
隠居せどりは抜本的に解決する仕組みを持っています。

ぜひ、あなたのせどりに採り入れてください。

↓↓↓ご登録はこちらからです。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

今なら、メルマガ登録いただくことで
満員御礼を博しました
「せどり隠居セミナー」資料のLite版を
無料でプレゼントしています。

要旨を8ページにまとめていますので、
隠居せどりの骨子を短時間で学べます。

この機会にぜひ手に入れてください。

※ご登録後、自動返信メールにて資料のダウンロードURLをお知らせします。
 メルマガも自動で配信が開始されます。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。