LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

せどりと転売の違いって何?【結論は同じだけどイメージが違います】

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には120名以上が参加。 メルマガ購読者:4500名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

せどりと転売の違いって何?

せどり初心者

こんな疑問に答えます。

せどり歴は4年。月収70万。
安定的に生活収入を得ています。
せどりで隠居しています。

せどりと転売の違いって何?【結論は同じだけどイメージが違います】

せどりの定義をみてみます。出典はWikipedia。

せどり:
せどり(競取り、糶取り)とは、『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。また、それを業とする人(三省堂 大辞林より)』を指すが、一般的には古本用語を元にした「掘り出し物を第三者に販売して利ざやを稼ぐ」商行為を指す言葉。近年では転売と呼ばれている

「近年では転売と呼ばれている」とありますね。
つまり、結論としては、せどりと転売は同じものです。

でも、イメージは違います。
転売は、特に”転売ヤー”と呼ばれ、世間の悪評を買ってます。
なぜかというと、自分の利益第一で、不当に高く売っているからです。

 

具体的には、以下のことでイメージが悪くなってます。

(1)チケット転売

法律(「チケット不正転売禁止法」)で取り締まられています。
音楽ファンがチケットを取れないなど、行きたいコンサートに行く機会が失われるということで社会問題化しました。

チケット不正転売禁止法ポスター

 

(2)マスク転売

これも一時期、法律(「国民生活安定緊急措置法」)で転売禁止となりました。
実は、せどり界隈では確信犯でやっている人も多かったです。
大きくイメージを下げた一件でした。
こんな事件もありました。

 

(3)ハードディスク転売

こんな事件がありました。これは転売というより個人情報流出が問題です。
でも「転売事件」と報道されました。
すこぶる印象が悪かったです。

 

イメージが悪いからこそ参入チャンスです【誠実に商売しましょう】

転売のイメージが悪いことを理由に、せどりをやらない人もいます。
特に家族からよく思われず、反対にあう事例もよく聞ききます。

でも、だからこそ、逆に参入チャンスです
その分、競争が減っています。

家族には、儲かってから知らせるのもありです。
儲かったお金でプレゼントして、家族の評価が変わった事例も聞きます。

プレゼント箱を持つ人のイラスト(男性)

結局、適法でやればよいだけの話です。
お客様第一で、誠実に商売しましょう。

 

最後に、すでに、せどりをされていて、転売ヤーという世間からの非難に心が折れそうな方へ。
石田梅岩という人のことを書いた本がお薦めです。

>>なぜ名経営者は石田梅岩に学ぶのか?

商売の原理原則に立ち戻れます。
せどりも転売も、本質的には、どちらもシンプルに、モノが欲しい人とモノを提供できる人を結ぶ行為です。
その基本原則にそっている限り、それが社会貢献にもなる「三方よし」になるもの。
価値ある経済活動には違いないので、臆することはないです。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

 ご案内   せどり塾「ID WORKS」【50代向けです】
 ご案内  『50代から始めるせどり隠居マニュアル』(無料です)

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、ぴったりの電子書籍(無料)をご用意しました。

▽感想いただいた方全員にアマゾンギフト券(500円分)をプレゼント中です。
 2020年10月31日までの期間限定です。

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

会社員生活から抜け出したい。もうだいぶ働いた。若い世代のつきあげもある。中高年リストラの不安もある。そろそろバトンタッチして早期退職したい。そんなふうに思うことはないですか。

でも一方で、収入が不安。せどりで収入といっても、自分にもできるのか分からない人生100年時代なので、余命は長い。しっかりした収入手段にしないといけない。そういう気持ちもあるかと思います。

 

ここでのわたしの提案は、であれば、まずは自分にもできそうか確認してみませんか?です。そんな趣旨で書きました。

先にお伝えすると、せどりは普通にやっても失敗します。
なぜなら、せどりの本質は、労働集約型で、体力勝負だからです。
せどり界隈が若者ばかりなのは、そういう内情があります。
50代は余計に失敗確率が高くなります。

 

そんななか、それだからこそ、
わたしの提案は「50代でも無理なくできるせどり」です。

・何が50代向けなのか?
・どうして無理なくできるのか?
・具体的にどう進めるのか?

すべて答えを書きました。加えて、実際に49歳で早期退職し、以降4年間、せどりで生計を立ててきた、わたしの体験談もふんだんにいれました働く時間は1日3時間のスローライフを実現できています。リアルな話としてお読みいただけます。

ぜひ、手にとって読んでみてください。
そして、せどりを始める前に、自分でもできる感触をつかんでください。

 

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

ご登録後、自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。同時に、わたしのメルマガも自動で配信が開始されます。なお、メール内に登録解除リンクがありますので、もしメルマガは不要ということであれば即座に登録解除が可能になっています。

それでは、この機会にぜひ入手いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には120名以上が参加。 メルマガ購読者:4500名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2020 All Rights Reserved.