あなたもせどりで隠居しませんか?

電話に出んわ?

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

ここでのテーマは
電話対応です。
 
 
 
 
結論というか
お伝えしたいことは
 
Amazonの購入者からの
電話はチャンスと
捉えましょう、です。
 
 
 
 
 
 
 
 
先日、マツコさん有吉さんの
TV番組で
 
電話対応が嫌で会社を辞めた
新入社員の話をやってました。
 
有吉さんも、
着信履歴があったら、即、何かの
不幸の知らせだと思い、
どきどきする、と言われてました。
 
 
 
 
 
 
私も、Amazonの購入者からの
着信は、いまだにどきどきします。
 
先日、折り返すと「リモコンが
本体と合っていない」という苦情でした。
 
しかしながら、お詫びしつつも
その後、調べると、その方は
別の出品者と間違えて、
私に電話されてきたことが分かり、
 
改めてお電話し、その旨、伝えると
「あなたの対応が良かったので、
 手元のは返品し、あなたの商品を
 買う」と言って、買ってくれました。
 
 
 
 
 
 
私は、せどりを始めた頃から
しばらくは
苦情・クレームの電話ばかりでしたが、
 
最近は、理由はよく分かりませんが
購入を検討されている方からの
電話も多くなり、半々くらいです。
 
そして、購入検討されている方には、
特に良い対応をしなくても、
電話のあと、たいていは買ってくれます。
 
 
 
 
 
 
 
 
せどりも商売ですので、
このあたりは、地道に
売上を積めるチャンスと考えて
臆せず対応されることをお薦めします。
 
数をこなせば、いくらかは
慣れてきますので。
 
 
 
 
ということで
ここのテーマでの
お話は以上です。
 
 
 
 
P.S.
 
電話対応にあたっては、
まずは専用の電話番号を
持つことです。
 
そうすると、
プライベートの電話番号では
知らない電話番号には出ない、
ということもできますので。
 
ご存知の方も多いと思いますが、
取得方法はこちら。無料です。
↓↓↓
ここをクリック
 
 
 
 
 
 
 
 
P.P.S.
 
件名の「電話に出んわ」というのは
だじゃれですが、
 
私が大学生の頃、
留守番電話メッセージに
趣向をこらす、というのが
流行っていて
 
当時の友だちの一人が
吹き込んでいたメッセージの
一節でした。
 
 
 
 
留守番電話というのも
すっかり通り過ぎた
文明の機器ですが、
 
趣向を凝らすことで
個性を発揮する手段にも
なっていた時代と
振り返ります。
 
 
 
 
 
 
それでは。
 
お付き合いいただき、
ありがとうございました。

 

隠居生活ができる”隠居せどり”は魅力的だけど、
どこから学び始めたらいいのかわからないという方に

ゼロベースから順を追って学べる
隠居せどりの基礎講座として
メルマガをご用意しました。

隠居せどりは、体系化され整合性を重んじていますので
学ぶ順番が大事です。

ご登録いただいた日から、メールが1日1通ずつ届きますので
着実に順序立てて学びが進められます。

特に、
・忙しいばかりで売上が伸びない。
・不良在庫ばかり増えて困っている。
・手元にお金が残らない。

というお悩みをお持ちであれば
隠居せどりは抜本的に解決する仕組みを持っています。

ぜひ、あなたのせどりに採り入れてください。

↓↓↓ご登録はこちらからです。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

今なら、メルマガ登録いただくことで
満員御礼を博しました
「せどり隠居セミナー」資料のLite版を
無料でプレゼントしています。

要旨を8ページにまとめていますので、
隠居せどりの骨子を短時間で学べます。

この機会にぜひ手に入れてください。

※ご登録後、自動返信メールにて資料のダウンロードURLをお知らせします。
 メルマガも自動で配信が開始されます。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2017 All Rights Reserved.