LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

売上を大きくする、たった一つの方法

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には120名以上が参加。 メルマガ購読者:4500名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

ここでのテーマは、売上を大きくする、たった一つの方法です。
結論というかお伝えしたいことは、取り扱い商品点数を増やすこと、です。

 

 

今日の話は、先日、わたしの塾で話したことです。※塾生の方は新鮮味がなくて、すみません。

さて、わたしは2016年にせどりを始め、せどり塾に入りましたが、そこで、塾長に教わったことのひとつです。
まずは問いかけがあり、

・自動販売機
・キオスク
・コンビニ

どれが売上大きいと思いますか?と。

 

これ、さっそく答えを言うと、自動販売機 < キオスク < コンビニ。なぜなら、取り扱い商品点数が多いから。すなわち、売上を大きくする方法は、ただ一つ、取り扱い商品点数を増やすことである、と。

 

教わったのはここまでで、ここからは、わたしの深掘りです。あと2つ。
まず1つめは、それでは、取扱商品点数を増やすにはどうしたらよいのか?

言われなくても、たぶん増やしたい気持ちは山々で、これにはいくつかハードルがあり、ひとつには資金不足。すなわち、仕入れ資金(運転資金)が多くないと、たくさんの商品が仕入れられないです。
そして、ここでの解決策は、せどりでよくいわれる”複利”で増やすこと、つまり、出た利益を仕入れ資金にまわすことで、雪だるま式に仕入れ資金を増やすイメージです。

最初の3ヶ月くらいはここに集中するのがよいです。

 

次に2つめは、少しだけ”ちゃぶ台返し”になりますが、果たして、ホントに取り扱い商品点数が多くなると売上が大きくなるのか?です。ここには実は、隠れた前提があって、それは取り扱っている商品が着実に売れていることです。
すなわち、取扱商品が多くなっても売れ残りが増えていると売上は大きくならないです(※当たり前ですが、視点が抜けて、とにかく仕入れを増やすことに注力しているせどらーの方も多いです)。

例えて言えば、コンビニで、セブンイレブンとローソンではセブンの方が売上がずっと大きいです。理由は、いろいろありますが、有名どころでは、POSシステムによる一品一品管理。すなわち、ブンは売れ筋商品を棚に並べることをシステムで徹底し、売れ残りをとことん減らしてます

わたしがせどりで回転率を一番重要視している理由も、この隠れた前提がとても重要だからです。
以上、どちらかというとせどりの構造的な話でしたが、分かりやすい切り口だと思いましたので、解説してみました。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.
話は全く変わり、最近読んだ本です。
↓↓↓
[郷ひろみ]の黄金の60代 (幻冬舎単行本)
『黄金の60代』郷ひろみ

著者は歌手の郷ひろみさん。中高年には、とても勇気がわく本です。

 

また掘り下げて紹介したいですが、軽いところで一つだけ。
本の中で、おすすめされていたのが「足ゆび元気くん」という健康器具。
↓↓↓
ドクターエル 足ゆび元気くん ハード 青 L

Amazonのレビューを見ても「すごく気持ちいい」って書かれてますね。
価格3300円が「高っ!」ですが、類似の安物を買うと単に損するだけという話も。

郷ひろみさんは4セットも、もってるそうです(さすが!)。

わたしも、さすがに値段的に買うのに、ためらっていますが、ご興味あればと思い、紹介してみました。冷え、むくみ、外反母趾などに効果的だそうです。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

 ご案内   せどり塾「ID WORKS」【50代向けです】
 ご案内  『50代から始めるせどり隠居マニュアル』(無料です)

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、ぴったりの電子書籍(無料)をご用意しました。

▽感想いただいた方全員にアマゾンギフト券(500円分)をプレゼント中です。
 2020年10月31日までの期間限定です。

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

会社員生活から抜け出したい。もうだいぶ働いた。若い世代のつきあげもある。中高年リストラの不安もある。そろそろバトンタッチして早期退職したい。そんなふうに思うことはないですか。

でも一方で、収入が不安。せどりで収入といっても、自分にもできるのか分からない人生100年時代なので、余命は長い。しっかりした収入手段にしないといけない。そういう気持ちもあるかと思います。

 

ここでのわたしの提案は、であれば、まずは自分にもできそうか確認してみませんか?です。そんな趣旨で書きました。

先にお伝えすると、せどりは普通にやっても失敗します。
なぜなら、せどりの本質は、労働集約型で、体力勝負だからです。
せどり界隈が若者ばかりなのは、そういう内情があります。
50代は余計に失敗確率が高くなります。

 

そんななか、それだからこそ、
わたしの提案は「50代でも無理なくできるせどり」です。

・何が50代向けなのか?
・どうして無理なくできるのか?
・具体的にどう進めるのか?

すべて答えを書きました。加えて、実際に49歳で早期退職し、以降4年間、せどりで生計を立ててきた、わたしの体験談もふんだんにいれました働く時間は1日3時間のスローライフを実現できています。リアルな話としてお読みいただけます。

ぜひ、手にとって読んでみてください。
そして、せどりを始める前に、自分でもできる感触をつかんでください。

 

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

ご登録後、自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。同時に、わたしのメルマガも自動で配信が開始されます。なお、メール内に登録解除リンクがありますので、もしメルマガは不要ということであれば即座に登録解除が可能になっています。

それでは、この機会にぜひ入手いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には120名以上が参加。 メルマガ購読者:4500名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2020 All Rights Reserved.