【50代でせどり隠居生活】公式ブログ

 あなたも老後の不安をせどりで解決しませんか? 早期リタイアし、せどりで生計を立ててます。(松尾幸典)

同世代(50代)の方へ

せどりに会社員経験が活きる理由について

投稿日:2017年7月12日 更新日:

ここでのテーマは
せどりに
会社員経験が
活きる理由です。
 
 
 
 
 
 
結論というか、
お伝えしたいことは、
 
私が隠居せどりを
いちばん、お伝えしたい
50代会社員の方、
 
ぜひセミナーに
いらしてください、です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なぜ私が、常々、
50代の会社員の方に向けて
メッセージを送っているのか?
 
それは
同じ境遇であるから、が
ベースであり
大きな理由ですが
 
加えて、長い会社員経験は
せどりでの
アドバンテージに
なることを
伝えたいから、です。
 
 
 
 
 
 
 
 
ひとことで言えば、
せどりを
”ビジネスとして
 見られること”が
アドバンテージになります。
 
 
難しく聞こえるかも
しれませんが
 
これまでの
会社員経験のどこかで、
 
例えば、
売上は販売単価×数量 で
あることを
知っていて、
会社の業績数字を
扱ったことがあるとか
 
もしくは
在庫を滞留させることが
物販ではいかに良くないかを
知っていて、
暗たんたる気持ちで、倉庫に
山積みされた品物を見た
ことがあるとか
 
もしくは
黒字倒産の意味を
知っていて
実際に黒字倒産で自分の
会社がつぶれたとか
(←そうそういないと
 思いますが・笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
こうしたことは、
せどりをやるうえで
とても有効な知見になり、
アドバンテージになります。
 
せどりもビジネスですので、
さまざまなレベルで
会社員経験が活かせます。
 
そのあたりも
セミナーでは紐解いて
お伝えしていきます。
 
 
 
 
申込みはこちらです。↓↓↓
ここをクリック
 
 
参加できない方向けにも
最新情報をお届けするための
エントリーもご用意しています。
 
(「【無料】資料請求&先行案内申込み」ボタンを
  クリックし、ご登録ください)
 
 
 
 
 
 
ということで
ここのテーマでの
お話は以上です。
 
 
 
 
P.S.
 
あなたも会社のために何十年も
尽してきたのであれば、
そろそろ”許して貰いましょう”です。
 
私は偽らざるところで
この感覚を持ち得たことで、
会社を早期リタイアしました。
 
実直に、長い年月、
会社に尽くしてきた人も
パフォーマンスが下がれば、
次第に不要人材になっていきます。
 
会社自体も存続しないといけないので
無理のないことです。
 
 
 
 
 
 
ただ、そこで、大事なのは
自分に蓄えられている
ポテンシャルを知り、
それを発揮できる環境に
変えることだと思います。
 
 
いつかは第二の人生に入ります。
 
早めにスタートして、
早めに軌道にのせませんか、という
提案でもあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
それでは。
 
お付き合いいただき、
ありがとうございました。

-同世代(50代)の方へ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

会社での居場所

ここでのテーマは 会社での居場所、です。         結論というか お伝えしたいことは   せどりをやって 会社の束縛から 軽くなりましょう、です …

がんばれ中高年

ここでのテーマは がんばれ中高年です。     結論というか、 お伝えしたいことは   もう一花、 咲かせましょう、です。       &n …

サラリーマンは生かさず殺さず

ここでのテーマは、 サラリーマンは 生かさず殺さず、です。         結論というか お伝えしたいことは、   たまには、 何もしないで 過ごす時 …

将来に不安を感じたときには。

ここでのテーマは   将来に不安を 感じたときには、です。         結論というか お伝えしたいことは   不安から逃れる いちばんの …

また一歩から。

ここでのテーマは、 また一歩から、です。         結論というか お伝えしたいことは   初心を忘れずに、 大事に、です。   &nb …

   
5/27、6/10、6/24の申込み受付中です。 こちら 

松尾幸典
49歳で会社を辞めて
専業せどらーに。
せどりは開始9か月で
月収70万になり、
隠居生活を過ごす。
詳しくはこちら


私のメルマガを読んでみませんか?
初めて隠居せどりを知る人向けの
ゼロベースからのせどり基礎講座です。
詳しくはこちら


↓ご登録はこちら(プレゼント付き)。
*メールアドレス
お名前(任意。ニックネームでも可)

         
     

↓応援ください!(クリックください!)