LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

50代の引きこもり、どうやって生きていく【頼るべきは「せどり」】

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には110名以上が参加。 メルマガ購読者:4000名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

50代の引きこもりのリアルを知りたい。どうやって生きていくの?

某50代

こんな悩みに答えます。

せどり歴は4年。月収70万。
54歳、引きこもりです。
せどりで生計を立てています。

 

昨年のデータですが、中高年の引きこもりが61万人強にのぼっているとのこと。今年(2020年)も、様子は大きく変わっていないのではと思います。

内閣府は29日、自宅に半年以上閉じこもっている「ひきこもり」の40~64歳が、全国で推計61万3千人いるとの調査結果を発表した。7割以上が男性で、ひきこもりの期間は7年以上が半数を占めた。15~39歳の推計54万1千人を上回り、ひきこもりの高齢化、長期化が鮮明になった。中高年層を対象にしたひきこもりの調査は初めて。

日経新聞 2019/3/29記事より 

ただ、報道では、引きこもりの悲惨さや原因を報じるだけで解決策が示されることはないです。
そこで、この記事ではわたしなりの解決策を書きました。

 

50代の引きこもり、どうやって生きていく【頼るべきは「せどり」】

結論。頼るべきは「せどり」です。
なぜなら、引きこもりの状態でも収入を得られるからです。せどりには、ネットで仕入れ、ネットで売るという「電脳せどり」というスタイルがあります。実際にわたしがそうしています。引きこもり歴は4年になりました。ベテランです笑

 

そもそも、引きこもりが、なぜ非難されるのかご存じですか?
それは、生活収入がないためです。親の年金で暮らしたり、生活保護を受けたり等で、国の社会保障を圧迫するからです。なので、収入さえ作れば、引きこもりのまま、大手を振っていられます。もしくは、心おきなく無視できます。

個人的には「ひきこもり」は今後、市民権を得ていくと思っています。なぜなら、昨今、社会情勢の変化を見ると分かります。新型コロナによるリモートワーク化の流れもあり、個人で働くスタイルが増加し、会社にいかなくても働けるのが普通になってきてますね。これからはもっと自由な立場で、集団生活をしなくても、生きていけるようになります。

そもそも「引きこもり」という言葉がよくないですね。ホリエモンが言ってましたけど「積極的自由」なんて良いと思います。そうすれば、いよいよ、気後れすることも無くなります。

 

引きこもりは自由過ぎてつらい件【自ら自由を少し縛るとよいです】

引きこもりに入ってからの話ですが、やってみると分かりますが、引きこもりは自由過ぎてつらいです。人はやることがないのもつらいものです。わたしも会社辞めた直後は、ずる休み気分が続いて、落ち着かなかったです。

そんなときは自ら、自由を少し縛ってみるとよいです。
その方が不思議と落ち着くからです。経験者は語る、です。

具体的には、習慣とする作業をつくること。ただ、収入につながらない、習慣とする作業は不安を増すだけということもありえます。なぜなら、引きこもりをすると、生活収入に対する関心がより強くなるからです。

その意味でも「せどり」はお薦めです。
暇つぶしをしながら、収入の手段になるからです。

 

▼引きこもりでできるせどりについて、こちらの記事に書きました。ぜひご覧ください。

人生100年時代となり、50代の余生も長いです。
良き第二の人生を選択されることを願っています。

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

 おすすめ   せどり塾「ID WORKS」【50代向けです】
 おすすめ  『50代から始めるせどり隠居マニュアル』(無料です)

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、ぴったりの電子書籍(無料)をご用意しました。

▽現在、感想いただいた方全員に、アマゾンギフト券をプレゼント中です。
 2020年7月15日までの期間限定です。

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

会社員生活から抜け出したい。もうだいぶ働いた。若い世代のつきあげもある。中高年リストラの不安もある。そろそろバトンタッチして早期退職したい。そんなふうに思うことはないですか。

でも一方で、収入が不安。せどりで収入といっても、自分にもできるのか分からない人生100年時代なので、余命は長い。しっかりした収入手段にしないといけない。そういう気持ちもあるかと思います。

 

ここでのわたしの提案は、であれば、まずは自分にもできそうか確認してみませんか?です。そんな趣旨で書きました。

先にお伝えすると、せどりは普通にやっても失敗します。
なぜなら、せどりの本質は、労働集約型で、体力勝負だからです。
せどり界隈が若者ばかりなのは、そういう内情があります。
50代は余計に失敗確率が高くなります。

 

そんななか、それだからこそ、
わたしの提案は「50代でも無理なくできるせどり」です。

・何が50代向けなのか?
・どうして無理なくできるのか?
・具体的にどう進めるのか?

すべて答えを書きました。加えて、実際に49歳で早期退職し、以降4年間、せどりで生計を立ててきた、わたしの体験談もふんだんにいれました働く時間は1日3時間のスローライフを実現できています。リアルな話としてお読みいただけます。

ぜひ、手にとって読んでみてください。
そして、せどりを始める前に、自分でもできる感触をつかんでください。

 

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

ご登録後、自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。同時に、わたしのメルマガも自動で配信が開始されます。なお、メール内に登録解除リンクがありますので、もしメルマガは不要ということであれば即座に登録解除が可能になっています。

それでは、この機会にぜひ入手いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には110名以上が参加。 メルマガ購読者:4000名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2020 All Rights Reserved.