LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

勝手に”伴走者”を作るとよい

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には130名以上が参加。 メルマガ購読者:4500名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

ここでのテーマは、勝手に”伴走者”を作るとよい、です。
結論というかお伝えしたいことは、良い環境を作るという話です。

 

わたしが若かりし頃、新入社員研修のときのことです。同期のみんなは、初対面なのに、研修期間中に打ち解けて、グループをつくり、夜は飲みに行ってましたが、わたしは輪の中に入れず、夜は、ひとり、ホテルでマックを食べてました。そんな社交性0なタイプでした。
そんな性格は今でも変わってなくて、人と会わない生活が全くさびしいとも思わないですが、ただ、ネット社会は便利なもので社交性0なタイプでもSNSなどで、程よい距離感を保ってつながることができます。

 

結局は、人は、他人の影響で、モチベーションを得るものらしいので、その意味で、おすすめなのは勝手に伴走者を作ることです。
まず、わたしは、努力し続けている人、努力しつづけないといけないと語る人が好きで、その意味では、先日、初めて読んだ著書で知った志村けんさんも相当ストイックな人で読んでて、励まされました。

それで、今、わたしのなかで、頂点にいるのはキンコン西野さん。毎日2000-3000文字の記事をオンラインサロンに投稿されていて、それだけでも他人を寄せ付けない努力家と思います。

もちろん、西野さんはわたしのことは認識していないですが毎日の投稿から、どれだけ、深く物事を考えられているのかがわかり、そして、そのことに、確実な意味があることを教えていただけるのがとてもありがたいです。分かりやすいところで、このメルマガを続けられる支えになってます。

 

せどりに転じても、せどりは孤独な作業です。ただ、せどらーの情報発信者で良い刺激を得ることのできる人はなかなかいないので、そんなときは、他業界でもいいので広げて、勝手に、自分の励みになる伴走者を見つけるとよいです。

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.
そんな西野さんも、先日「自分の才能が持続するのもあと10年」。つまり、50歳まで、と、さびしいことを言われてました。が、さすがの西野さんも年齢を重ねた後に見える景色は正確に見れていない気がします。
以前、漫画家の柴門ふみさんが言われていたことから、わたしは、自分のこの先の人生は、60歳は体が思うように動かなくなり、70歳は遠出が不安になり、80歳はいつ死んでも大丈夫。そんな経過・心境をたどることを想像していますが、むろん、来てみないと、実際に見える景色はわからないものです。

 

P.P.S.
話は変わりますが、以前にご紹介した『セラースケット』。先日、ふと見たら、プレミアム会員枠が空いていたので、プレミアム会員にコース変更しました。これで、なんといっても、アカウント停止時の個別サポートが受けられるようになります。

月々4980円と、少々高額ですが、わたしの場合、アカウント停止になるとタイミング次第では、売上保留金の100万円以上が没収されることもありえますので、そう考えると、安いものです。そこそこの売上規模を持たれてる方は、加入されるのが賢明です(※プレミアム会員枠は数か月ぶりに空きが出た感じですので決断はお早めに)。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、ぴったりの電子書籍(無料)をご用意しました。

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

会社員生活から抜け出したい。もうだいぶ働いた。若い世代のつきあげもある。中高年リストラの不安もある。そろそろバトンタッチして早期退職したい。そんなふうに思うことはないですか。

でも一方で、収入が不安。せどりで収入といっても、自分にもできるのか分からない人生100年時代なので、余命は長い。しっかりした収入手段にしないといけない。そういう気持ちもあるかと思います。

 

ここでのわたしの提案は、であれば、まずは自分にもできそうか確認してみませんか?です。そんな趣旨で書きました。

先にお伝えすると、せどりは普通にやっても失敗します。
なぜなら、せどりの本質は、労働集約型で、体力勝負だからです。
せどり界隈が若者ばかりなのは、そういう内情があります。
50代は余計に失敗確率が高くなります。

 

そんななか、それだからこそ、
わたしの提案は「50代でも無理なくできるせどり」です。

・何が50代向けなのか?
・どうして無理なくできるのか?
・具体的にどう進めるのか?

すべて答えを書きました。加えて、実際に49歳で早期退職し、以降4年間、せどりで生計を立ててきた、わたしの体験談もふんだんにいれました働く時間は1日3時間のスローライフを実現できています。リアルな話としてお読みいただけます。

ぜひ、手にとって読んでみてください。
そして、せどりを始める前に、自分でもできる感触をつかんでください。

 

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

ご登録後、自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。同時に、わたしのメルマガも自動で配信が開始されます。なお、メール内に登録解除リンクがありますので、もしメルマガは不要ということであれば即座に登録解除が可能になっています。

それでは、この機会にぜひ入手いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には130名以上が参加。 メルマガ購読者:4500名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2020 All Rights Reserved.