【50代でせどり隠居生活】公式ブログ

 あなたもせどりで隠居しませんか?会社を辞めて1日3時間で安定月収70万の実践記(松尾幸典)

仕入れツール「電ブレ」

電ブレ。落札数を稼ぐ力技。

投稿日:

ここでのテーマは
電ブレでの、
落札数を稼ぐ力技です。
 
 
結論というか、
要点としましては
 
”即決”リストを
作ること、です。
 
 
 
 
 
 
先日、なかなか
落札できないという
人の話を聞いて、
 
自分は、せどりを始めた頃、
どうしていたか、と
振り返る機会がありました。
 
そして、当時、すでに
実績とキャリアのある人から
教えて貰ったことの
一つをご紹介します。
 
 
 
 
 
 
それは、”即決”リストを
作ること、です。
 
要は、入札案件の中には
即決案件があるかと思いますが、
それだけのリストを作って、
ひたすらに見張ることです。
 
 
 
 
 
 
電ブレでの説明になりますが、
 
やり方は「編集モード」にて
購入方法の一括変更で
「フリマ」に変えるだけです。
 
画面はこちら。
↓↓↓
ここをクリック
 
そうすると、即決案件だけが
引っかかるようになりますので
 
あとは、四六時中(!)
見張るだけです。
 
とにかく、即決案件が出たら
誰よりも早く、間髪入れず、
落札することです。
 
 
 
 
ということで
ここのテーマでの
お話は以上です。
 
 
 
 
 
 
P.S.
 
最後のオチ(=四六時中、見張る)に、
がっかりされたかもしれませんが
 
私は、せどりを始めた頃には
 
今回のことを電ブレよりも
はるかに手間と時間がかかる
BidMachineで
とりつかれたように
一心不乱にやってました。
 
とにかく、
スキルが無かったので
時間と労力で補うしかない、という、
差し迫った気持ちでやってました。
 
(でも、悲壮感はなく
 ゲームのように、
 夢中にやってました)
 
お蔭で、相応の成果は出ました。
念のため。
 
 
 
 
 
 
P.P.S.
 
それにしても、
電ブレで
即決リストを作る、というのが
こんなに
簡単な操作でできることを
実は、初めて知りました。
 
電ブレは、あまり語られないかも
しれませんが、
UI(ユーザーインターフェース)
の良さも、ずば抜けています。
 
BidMachineだったら、
1商品ずつの手作業ですので
とてつもなく大変です。
 
(その意味でも
 よくぞ、当時は
 やっていたものです)
 
 
 
 
私は、会社員時代は
デジタルソフトの開発を
長年にわたり、やっていて
 
中には
「使えるものなら
 使ってみろ」と
いわんばかりの
UIの悪さを持つソフトを
世に送り出したことも
あります。
 
なので、
開発者の立場や苦労も
よく分かり
その点でも
電ブレ開発者のお二人を、
とても尊敬しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
それでは。
 
お付き合いいただき
ありがとうございました。

-仕入れツール「電ブレ」

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

電ブレで新境地が見える

ここでのテーマは 電ブレで新境地が見える、です。     結論というか お伝えしたいことは 別記事で書いた 「赤・青しか見ない」ことは イコール 当日の入札しか見なくなるので おの …

電ブレ時短法。赤青しか見ない。

ここでのテーマは 電ブレでの 時短のワザです。     結論というか、要点としましては 「青と赤しか見ない」です。         &nbs …

電ブレ。販売価格の値付け方法。

ここでのテーマは 販売価格の 値付け方法です。     結構なノウハウだと思います。 ぜひお読みください。           & …

電ブレ。高値売り商品を抽出する方法。

ここでのテーマは 電ブレ、ラベル活用です。     結論というか お伝えしたいのは   電ブレで、 高値で売れる商品だけを 抽出するラベル活用方法を 開発しました、です。 …

Amazonにこんなのが増えてきた?

ここでのテーマは Amazonに こんなのが 増えてきた?です。         結論というか お伝えしたいことは   最近のAmazonの売り場で …

   

松尾幸典
49歳で会社を辞めて
専業せどらーに。
せどりは開始9か月で
月収70万になり、
隠居生活を過ごす。
詳しくはこちら


         
私のメルマガを読んでみませんか?
隠居生活を実現するための
時短・高利益・安定の3つを
同時に満たすせどりについて
ご指南します。
※メルマガは私の「せどり講座」です。

↓ご登録はこちら(プレゼント付き)。
*メールアドレス
お名前(任意。ニックネームでも可)


↓応援ください!(クリックください!)