LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社を早期退職。働くのは3時間だけの隠居生活を過ごしています。

50代はせどり適齢期

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には100名以上が参加。 メルマガ購読者:4000名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

ここでのテーマは、50代はせどり適齢期です。
結論というかお伝えしたいことは、一念発起してやってみませんか、です。

 

 

わたしはストレスフリーの生活なので、心身ともに健康状態はすこぶる良いですが、一方で、体力が無いことには自信があります。ひきこもりで、徒歩10分以上の場所に行くのは月に2回くらい(!)という体たらく。なので、最近、体力増強を意識するようになりました。目的は、仕入れの集中力を高めるためです。

そんななか、目にとまったのがこちらの本です。
↓↓↓
[森谷 敏夫, 吉田 直人]の定年筋トレ - 筋肉を鍛えれば脳も血管もよみがえる - (ワニブックスPLUS新書)

帯のキャッチコピーのように「60代は筋トレ適齢期!筋肉を増やせば第2の人生が輝く」と。そして、なぜ60代が適齢期かといえば、定年前後は時間が自由に使えるようになるからということです。

でも、それならば、せどりこそ、50代はせどり適齢期です。「働き方改革」で時間はできたが、老後など、先行きが不安ということであれば、せどりは晩年を明るくするための有効な手段になりえます。

『定年筋トレ』によると、体が衰えるのは「年をとるから」ではなく「動かなくなるから」だそうで、せどりも、ずっと継続していれば数字も衰えないもの。実際、60-70代のせどらーも普通にいらっしゃいます。一念発起してやってみませんか。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.

さらにこんな本も。
↓↓↓

先は長いですね・笑。でも、ここでの課題は「転倒防止」だそうです。たしかに、転倒からの麻痺や寝たきりは親世代ではよく聞く話です。何歳になっても、筋トレは健康増進に役立つようです。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には100名以上が参加。 メルマガ購読者:4000名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2019 All Rights Reserved.