LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社をアーリーリタイア。働くのは3時間だけの隠居生活を過ごしています。

2つめのアカウントを作るべし。

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

ここでのテーマは、2つめのアカウントを作るべしです。
結論というかお伝えしたいことは、アカウント停止リスクに備えましょう、です。

 

 

先日、実家の福岡県に帰省しましたが、兼ねてより、このタイミングで狙っていたことがひとつあり、それは母親名義のAmazonアカウントをつくること。アカウント停止はアマゾンせどり最大のリスクです。

今度、少し前に大々的に宣伝されていた、Amazon対策セミナーというのに参加してきますが、目当てはアマゾンのアカウント関連情報と、アカウント停止にならない(?)プラチナアカウントなるものの入手です。また参加後にさしつかえない範囲で共有します。

 

それで、2つめのアカウントはアカウントの共倒れ停止リスクを回避しないといけないので、「別人」で作る必要がありますが、いつの間にか(というか調べたら、結構前の2017年6月頃より)「本人確認書類」が必要になっていました。内々に情報入手しましたが、具体的にはこちら。
↓↓↓
こちらをクリック

 

つまり、別アカウント作成のハードルが上がっていて、しかも、審査が意外と厄介という情報もありました。結局、本人確認書類として、紛れがないのは、次の2点を揃えることのようです。

・免許証
・銀行の残高証明書

わたしも今回はそれに倣いました。実際の申請は、もう少し経ってやりますので、またこちらも適宜共有します。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.

参考情報ながら、アカウントって”売買”ができます。しかも、かなり売り手市場な感じ。
売買サイトです。
↓↓↓
ここをクリック

でも、基本的にグレーな感覚があり、特に、”買う”のは、自分と関係ない名義なので、後々、厄介なことになりそうな予感がします。十分に注意です。

 

P.P.S.

新着レポートを紹介します。
↓↓↓
ここをクリック

店舗せどりでの中古プリンターの仕入れ方ですが、電脳でも十分に役に立ちます。
それに、プリンターは鉄板商品の1つですので、ぜひご一読してみてください。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

 

隠居生活ができる”隠居せどり”は魅力的だけど、
どこから学び始めたらいいのかわからないという方に

ゼロベースから順を追って学べる
隠居せどりの基礎講座として
メルマガをご用意しました。

隠居せどりは、体系化され整合性を重んじていますので
学ぶ順番が大事です。

ご登録いただいた日から、メールが1日1通ずつ届きますので
着実に順序立てて学びが進められます。

特に、
・忙しいばかりで売上が伸びない。
・不良在庫ばかり増えて困っている。
・手元にお金が残らない。

というお悩みをお持ちであれば
隠居せどりは抜本的に解決する仕組みを持っています。

ぜひ、あなたのせどりに採り入れてください。

↓↓↓ご登録はこちらからです。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

今なら、メルマガ登録いただくことで
満員御礼を博しました
「せどり隠居セミナー」資料のLite版を
無料でプレゼントしています。

要旨を8ページにまとめていますので、
隠居せどりの骨子を短時間で学べます。

この機会にぜひ手に入れてください。

※ご登録後、自動返信メールにて資料のダウンロードURLをお知らせします。
 メルマガも自動で配信が開始されます。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2019 All Rights Reserved.