LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社をアーリーリタイア。働くのは3時間だけの隠居生活を過ごしています。

「あいつは、副長までいった男や」

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

ここでのテーマは「あいつは副長までいった男や」です。
結論というかお伝えしたいことは仕事に誇りを持っている人は好感がもてる、です。

 

 

わたしは、大学生時代、長く警備員のバイトをやってました。

それで、その警備会社だけなのか未だにわかりませんが階級制がしかれてました。一番上が隊長で、そのすぐ下に副長という幹部ポストがあり、当時、副長をされていた方はまだ30代でしたが、とても優秀な方。

その後は、女性問題で辞められましたが、辞められたあとも周りは口々に「あいつは副長までいった男や」とほめたたえられました。

 

わたしは、当時は、どちらかというと、夜勤に入ることが多く、ただ、仕事意識がまったくできていなかったので仕事中は、漫画ばかり読んでました。ある日、夜勤先の社員さんから怒られ、取り上げられましたが、次の日も、何事もなかったようにまた漫画を読んでました。

そんな低い意識のわたしにも当時の副長は仕事を誇りに持たれている大人物でした。わたしの仕事観の形成に影響を及ぼした最初の人物だったように振り返ります。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.

そんな昔話を思い出したのは、この春、甥っ子がめでたく大阪大学に合格
わたしが、夜勤に入っていた大阪伊丹空港の近所の会社のすぐ近くで、一人暮らしすることになったからでした。

松尾家始まって以来、最も頭が良いと思われる(わたしが思っている)甥っ子です。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

 

隠居生活ができる”隠居せどり”は魅力的だけど、
どこから学び始めたらいいのかわからないという方に

ゼロベースから順を追って学べる
隠居せどりの基礎講座として
メルマガをご用意しました。

隠居せどりは、体系化され整合性を重んじていますので
学ぶ順番が大事です。

ご登録いただいた日から、メールが1日1通ずつ届きますので
着実に順序立てて学びが進められます。

特に、
・忙しいばかりで売上が伸びない。
・不良在庫ばかり増えて困っている。
・手元にお金が残らない。

というお悩みをお持ちであれば
隠居せどりは抜本的に解決する仕組みを持っています。

ぜひ、あなたのせどりに採り入れてください。

↓↓↓ご登録はこちらからです。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

今なら、メルマガ登録いただくことで
満員御礼を博しました
「せどり隠居セミナー」資料のLite版を
無料でプレゼントしています。

要旨を8ページにまとめていますので、
隠居せどりの骨子を短時間で学べます。

この機会にぜひ手に入れてください。

※ご登録後、自動返信メールにて資料のダウンロードURLをお知らせします。
 メルマガも自動で配信が開始されます。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2019 All Rights Reserved.