LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社をアーリーリタイア。働くのは3時間だけの隠居生活を過ごしています。

会社を作ったときに悩ましいことといえば。

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

ここでのテーマは
役員報酬の決め方です。

結論というかお伝えしたいことは
なかなかに悩ましくて、
それでいて奥深いです。

 

 

せどりで、数字が順調であれば
会社をつくったほうが良いときが
いつかは、やってきます。

 

わたしは昨年末に会社を作りました。

そして、
いちばん悩ましいともいえるのが
役員報酬(自分への給与)の金額です。

 

前提として、会社を作ると、
自分のお金と会社のお金を
分けないといけなくなり、

会社から給与という形で
お金をもらうことになります。

 

昨年末は、報酬額を高くしすぎて
明らかに失敗しましたので、

今回の決算のタイミングで
修正を図っています。

 

 

そこで、先日、
自分なりに
どうやって決めたらよいのかを
考え、税理士さんに相談。

こんな感じでまとめました。

専門家の目からいえば、
細かい点で
いろいろ指摘事項はある一方で

大きくは外していないと
いうことでしたので
ご紹介してみました。

 

身近ではないテーマだったかも
しれませんが、

いつか会社を作られたときのために
頭の片隅においておいて
いただけたらと思います。

 

ということで
ここのテーマでのお話は以上です。

 

P.S.

話は変わり、

アマゾンアカウント閉鎖に関する
50ページ超の新着レポートを
ご紹介します。
↓↓↓
ここをクリック

様々なパターンが網羅されており、
保存版ともいえますが、

特に、わたしの目を引いたのは、

とうとう、
古物商免許を
持っていないことでの
アカウント停止事例がでてます。

※28ページ目からの記載です。

 

 

実例は、初めて見ました。

持たれていない方は
早めにとっておかれることを
おすすめします。

 

 

それでは。

お付き合いいただき、
ありがとうございました。

 

隠居生活ができる”隠居せどり”は魅力的だけど、
どこから学び始めたらいいのかわからないという方に

ゼロベースから順を追って学べる
隠居せどりの基礎講座として
メルマガをご用意しました。

隠居せどりは、体系化され整合性を重んじていますので
学ぶ順番が大事です。

ご登録いただいた日から、メールが1日1通ずつ届きますので
着実に順序立てて学びが進められます。

特に、
・忙しいばかりで売上が伸びない。
・不良在庫ばかり増えて困っている。
・手元にお金が残らない。

というお悩みをお持ちであれば
隠居せどりは抜本的に解決する仕組みを持っています。

ぜひ、あなたのせどりに採り入れてください。

↓↓↓ご登録はこちらからです。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

今なら、メルマガ登録いただくことで
満員御礼を博しました
「せどり隠居セミナー」資料のLite版を
無料でプレゼントしています。

要旨を8ページにまとめていますので、
隠居せどりの骨子を短時間で学べます。

この機会にぜひ手に入れてください。

※ご登録後、自動返信メールにて資料のダウンロードURLをお知らせします。
 メルマガも自動で配信が開始されます。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2018 All Rights Reserved.