LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

人はなぜ他人のスキャンダルが好き?【週刊文春について】

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には150名以上が参加。 メルマガ購読者:4500名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

ここでのテーマは、人はなぜ他人のスキャンダルが好き?です。
結論というかお伝えしたいことは、週刊文春について、です。

 

 

こちらの落合さんのネット番組、好きで毎週見てます。
先週のゲストは、週刊文春編集局長の新谷学さん。

週刊文春って、どんなイメージですか?
最も、過激な言い方をすれば、”他人を不幸にして儲けてる雑誌”。

 

そんなふうに言われることも多いということで、新谷さんが、すごくていねいに説明されました。

まず、文春のスタンスとして、例えば、なぜ、ベッキーさんや渡部さんの不倫を暴くのか?
それに答えて、言われたのには「影響力のある人の発信を正しく理解するために、裏の顔を知ることも大事」と。

加えて「そういう事柄を世の中の人は知りたがってる」。
つまり「基本姿勢は世の中の人が知りたいことを伝えてる」と。

さらにいえば「文春も活動を維持するために儲けないといけない」
知りたい人が多いスキャンダルのほうがお金になりやすいのは事実。

週刊誌は、世の中を移す鏡である。
このあたりが説明の核でした。

 

わたしは週刊誌やワイドショーは見ないので、逆に、それら自体や周辺への憎悪などもなく、淡々と、受け止めましたので、新谷さんの説明がすごく入ってきましたが、いかがだったでしょうか。
※一面的に物事を見てはいけない、とも思う機会になりました。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.

新谷さんの近著のこの本に、より詳しく書いてあります。
↓↓↓
[新谷 学]の獲る・守る・稼ぐ 週刊文春「危機突破」リーダー論

単にジャーナリズムのありかただけではなく、ビジネスとしての考察がふんだんに載ってて、ためになります。

紙の雑誌がどんどん読まれなくなっている今の時代にどう生き残っていくのか?
そして、そんなお題に対して『週刊文春 電子版』の成功は、どうやって生まれたのか?
とても興味深かったです。

 

P.P.S.
ついでに、わたしは、大学4年のとき、就職先の第一志望は文芸春秋社でした。
入社試験も受けました。

なので、10代後半のときは週刊文春をよく読んでました。
当時は、新谷さんと並ぶ、敏腕編集者の花田さんが編集長で、抜群に面白かったことを覚えてます。

しかしながら、入社試験は面接で落ちました。
面接官の方の「ありていにいって、人間には上半身と下半身がある」という言葉が印象的でした。
きみは、上半身しか扱えないのではないだろうか、というダメだしをされたように思いました。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

 ご案内  『50代から始めるせどり隠居マニュアル 入門編』(無料です)
 ご案内   せどり塾「松尾塾」【50代向けです】

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、ぴったりの電子書籍(無料)をご用意しました。
▽現在、感想いただいた方全員に、アマゾンギフト券(500円分)をプレゼント中です。2021年10月31まで(ご好評につき延長しました)。

 

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

会社員生活から抜け出したい。もうだいぶ働いた。若い世代のつきあげもある。中高年リストラの不安もある。そろそろバトンタッチして早期退職したい。そんなふうに思うことはないですか。

でも一方で、収入が不安。せどりで収入といっても、自分にもできるのか分からない人生100年時代なので、余命は長い。しっかりした収入手段にしないといけない。そういう気持ちもあるかと思います。

 

ここでのわたしの提案は、であれば、まずは自分にもできそうか確認してみませんか?です。そんな趣旨で書きました。

先にお伝えすると、せどりは普通にやっても失敗します。
なぜなら、せどりの本質は、労働集約型で、体力勝負だからです。
せどり界隈が若者ばかりなのは、そういう内情があります。
50代は余計に失敗確率が高くなります。

 

そんななか、それだからこそ、
わたしの提案は「50代でも無理なくできるせどり」です。

・何が50代向けなのか?
・どうして無理なくできるのか?
・具体的にどう進めるのか?

すべて答えを書きました。加えて、実際に49歳で早期退職し、以降4年間、せどりで生計を立ててきた、わたしの体験談もふんだんにいれました働く時間は1日3時間のスローライフを実現できています。リアルな話としてお読みいただけます。

ぜひ、手にとって読んでみてください。
そして、せどりを始める前に、自分でもできる感触をつかんでください。

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

ご登録後、自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。同時に、わたしのメルマガも自動で配信が開始されます。なお、メール内に登録解除リンクがありますので、もしメルマガは不要ということであれば即座に登録解除が可能になっています。

それでは、この機会にぜひ入手いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には150名以上が参加。 メルマガ購読者:4500名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2021 All Rights Reserved.