LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

「やってみたらいいじゃん」の罠【筋の良さが大事】

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には140名以上が参加。 メルマガ購読者:4500名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

ここでのテーマは「やってみたらいいじゃん」の罠です。
結論というかお伝えしたいことは、そう言って、フルボッコです。

 

 

わたしはこちらの番組を毎回みてますが、直近の回、これまでで、いちばん面白かったです。
↓↓↓

MCである、平成ノブシコブシの吉村さんがひたすらフルボッコされる回でした。

というのも、先週の2月26日(金)から吉村さんがオンラインサロン(『御馬鹿会議』月額1000円)を始められたということで、ゲストの有識者に、どう進めていけばよいのか、指南してほしい、というのが発端。
そして、フルボッコ。

 

吉村さんのたぐいまれな無策ぶりに対し、有識者のすごく”芯を食った”ダメ出しで滅多に見られないものを見た感がありました。
※念のため、誹謗中傷ではないです、すごく親身なダメ出しでした。

ただ、これには「やってみたらいいじゃん」の罠があると思っていて、よく「考えるより行動せよ」と言われますね。
でも、実際は筋が良くないと結実しないです。
そして、ここでいう、筋が良くないというのは問題の立て方。
一般化すると「ビジネスとはお客さんの問題解決である」と言われますが、でも、今や、お客さんの問題というのは目に見えなくなってます。

なぜなら、よく言われることでいえば、今や、昔の高度経済成長期のように欲しいものが欠乏していて、それを埋めるのがビジネスという図式でなくなったから。そんな時代ではなくなったから。

 

一方で、せどりはどうかというと、せどりの問題は、変わらず、以下の2つしかないです。

1.仕入れられない
2.売れない

問題の特定が難しくなくて、そして、解決の筋道も全然難しくないです。
解決の筋道とは、1は、仕入れリストの質と量、もしくは仕入れスキルが足りていないため。
2は、売れる商品を、売れる値段で出品していないため。

あとは、これらを分解していけばよいだけです。

 

それより、根本をたどり、なぜ難しくないかというと、お客さんの問題(ニーズ)を特定するプロセスがせどりにはないから、です。
本来、売れる商品をつくるのが難しいのですが、せどりでは、自分でつくらなくてよくて、すでに、Amazonが集めている膨大な商品から選別していけばよいです。

Amazonという、すでにある売買の場所で店を出している恩恵を得られてます。
そんな構図です。

 

なので、余談ですが、OEM商品を自分で開発し、Amazonに出品するとなると途端に難易度があがります。
「ライバル不在で独占できますよ」という惹句がありますが、その背後にある難しさとセットになってることを踏まえておかないと、決してうまくいかないです。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.
Amazonの売り場のコンセプトは「ここに来ると見つからないものがない」です。
モデルとしては、多品種小ロットのロングテール販売。

が、同時に、Amazonは、”売れる商品を探して売り場に置く”ことにも、相当、力を入れていると、最近の記事で読みました。
当たり前と言えば当たり前ですが、Amazonも、相当、商品リサーチをしてて、せどらーは、その恩恵を受けているという側面もあることになります。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、ぴったりの電子書籍(無料)をご用意しました。
▽現在、感想いただいた方全員に、アマゾンギフト券(500円分)をプレゼント中です。2021年4月15日まで(ご好評につき延長しました)。

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

会社員生活から抜け出したい。もうだいぶ働いた。若い世代のつきあげもある。中高年リストラの不安もある。そろそろバトンタッチして早期退職したい。そんなふうに思うことはないですか。

でも一方で、収入が不安。せどりで収入といっても、自分にもできるのか分からない人生100年時代なので、余命は長い。しっかりした収入手段にしないといけない。そういう気持ちもあるかと思います。

 

ここでのわたしの提案は、であれば、まずは自分にもできそうか確認してみませんか?です。そんな趣旨で書きました。

先にお伝えすると、せどりは普通にやっても失敗します。
なぜなら、せどりの本質は、労働集約型で、体力勝負だからです。
せどり界隈が若者ばかりなのは、そういう内情があります。
50代は余計に失敗確率が高くなります。

 

そんななか、それだからこそ、
わたしの提案は「50代でも無理なくできるせどり」です。

・何が50代向けなのか?
・どうして無理なくできるのか?
・具体的にどう進めるのか?

すべて答えを書きました。加えて、実際に49歳で早期退職し、以降4年間、せどりで生計を立ててきた、わたしの体験談もふんだんにいれました働く時間は1日3時間のスローライフを実現できています。リアルな話としてお読みいただけます。

ぜひ、手にとって読んでみてください。
そして、せどりを始める前に、自分でもできる感触をつかんでください。

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

ご登録後、自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。同時に、わたしのメルマガも自動で配信が開始されます。なお、メール内に登録解除リンクがありますので、もしメルマガは不要ということであれば即座に登録解除が可能になっています。

それでは、この機会にぜひ入手いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には140名以上が参加。 メルマガ購読者:4500名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2021 All Rights Reserved.