LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

この場合は、たいてい補償してもらえます【受け取り時の破損です】

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には130名以上が参加。 メルマガ購読者:4500名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

ここでのテーマは、この場合は、たいてい補償してもらえます、です。
結論というかお伝えしたいことは、荷物受け取り時の破損です。

 

 

先日、ヤフオクで落札した商品が届いたら破損してました。
どうも状況から、送り元での梱包の甘さが原因。

さて、どうしよう、と考えるかもしれませんが、こんなときは、運送会社に交渉をするのがよいです。
以前は、外箱の損傷(外損)がないと補償してもらえなかったですが、最近は、外損なくても補償してもらえます。

 

今回は佐川急便でした。
さっそく到着場所の最寄りの営業所に電話して「荷物の破損があったのですけど」と。
で、多くの場合、第一声は「申し訳ございません」ですので、交渉術的に言えば、この時点で優位になってる気がします。
※つまり、電話するのが大事な気がします。念のため、威圧的に話す必要はないですよ。

以降「荷物の引き取りに来ます」という流れになれば、経験的に、ほぼ補償されます。
今回も「代わりの商品、もしくは代金をお支払いします」とのこと。

 

あとは、後日、ヤフオクでの決済金額が分かる画面を提出する感じになります。
実は、佐川急便は初めてでしたので、どうだろうか、と思ってましたが、スムーズでした。

これで、ヤマト運輸、ゆうパックに加えて、佐川急便でも事例ができましたので、運送会社全般で、大丈夫な感じです。
なお、ヤフオク出品者(送り元)に交渉しても無駄に終わる可能性が高いです。
※わたしも、出品者の立場であれば受け付けない気がします。

 

なので、最初から運送会社に連絡するのが得策です。
ちなみに、今回の商品はこちら
これ、すごく破損するのですよね、特に脚が。
※強度の設計が誤っているのではないかと思えるくらいです。

以前は、脚が壊れると言えばデロンギ製品でしたが、同様に、仕入れに注意した方がよい商品です。
※結構、高価格で、回転もよい商品なのですけどね。

 

ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

P.S.
話は変わり、趣味の話題です。
今、読んでる本がこちら
↓↓↓
[瀬尾 まいこ]のそして、バトンは渡された (文春文庫)

 

小説です。
2019年本屋大賞の受賞作。

唐突ですが、モテる人ってどんな人だと思いますか?
昔、作家の吉本ばななさんが”他人に寄りかからない人”と言われてました。
※”かまってちゃん”と真逆といえば納得かも。

 

主人公(女子)は死別、離婚で、何度も親が替わる境遇のなかで、子供時代から大人びていく育ち方をしていきます。
起伏の多いストーリーではないですが、主人公がとても魅力的にかかれていて、読ませます。

寝る前に読むと安らかに眠れる感じのおススメ本です。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、ぴったりの電子書籍(無料)をご用意しました。

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

会社員生活から抜け出したい。もうだいぶ働いた。若い世代のつきあげもある。中高年リストラの不安もある。そろそろバトンタッチして早期退職したい。そんなふうに思うことはないですか。

でも一方で、収入が不安。せどりで収入といっても、自分にもできるのか分からない人生100年時代なので、余命は長い。しっかりした収入手段にしないといけない。そういう気持ちもあるかと思います。

 

ここでのわたしの提案は、であれば、まずは自分にもできそうか確認してみませんか?です。そんな趣旨で書きました。

先にお伝えすると、せどりは普通にやっても失敗します。
なぜなら、せどりの本質は、労働集約型で、体力勝負だからです。
せどり界隈が若者ばかりなのは、そういう内情があります。
50代は余計に失敗確率が高くなります。

 

そんななか、それだからこそ、
わたしの提案は「50代でも無理なくできるせどり」です。

・何が50代向けなのか?
・どうして無理なくできるのか?
・具体的にどう進めるのか?

すべて答えを書きました。加えて、実際に49歳で早期退職し、以降4年間、せどりで生計を立ててきた、わたしの体験談もふんだんにいれました働く時間は1日3時間のスローライフを実現できています。リアルな話としてお読みいただけます。

ぜひ、手にとって読んでみてください。
そして、せどりを始める前に、自分でもできる感触をつかんでください。

 

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

ご登録後、自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。同時に、わたしのメルマガも自動で配信が開始されます。なお、メール内に登録解除リンクがありますので、もしメルマガは不要ということであれば即座に登録解除が可能になっています。

それでは、この機会にぜひ入手いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には130名以上が参加。 メルマガ購読者:4500名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2021 All Rights Reserved.