LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社を早期退職。働くのは3時間の隠居生活を過ごしてます。

値付けには徹底してこだわる

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には120名以上が参加。 メルマガ購読者:4500名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

ここでのテーマは
値付けには
徹底してこだわる、です。
 
 
 
 
結論というか
お伝えしたいことは
 
端数の値付けを工夫して
利益を上乗せできないか
見直してみましょう、です。
 
 
 
値付けは
利益額に直結します。
 
ですので、本来、
とてもこだわらなくては
いけないですが、
 
ご自分がどこまで
できているか、
以下で書くことに照らし
見直してみてください。
 
 
 
 
先日、山崎豊子さん原作の
商売を扱ったTVドラマを
見ていたところ
 
老舗商店の老番頭が
若社長を叱るシーンで
こんなセリフが
ありました。
 
「先代社長は
 1円でも安く仕入れ
 1円でも高く売ることを
 常に考えておられました。
 
 それにひきかえ、
 若社長は・・。」
 
うんぬんかんぬん。
 
人と比較されるのは
心情的につらいものですが
その視点はおいておいて。
 
 
 
 
 
 
 
 
ということで
急激に
実際的なせどりの
話に移りますが
 
私はいま、
せどりの
販売商品単価は
25,000円くらいです。
 
それで、値付けは
これまで100円単位で
やってきました。
(例:19800円)
 
が、
 
このセリフを聞いて
10円単位に変更する
ことにしました。
(例:19800円→19880円)
 
 
具体的には
全商品において
一律80円値上げすることに
しました。
 
 
 
 
 
 
さすがに、1円単位は
購入者に嫌がられそうで
避けましたが、
 
もし、
この値上げ後も
売れ行きが変わらなければ
1商品あたり80円の利益が
上乗せされることに
なります。
 
少額ですが、ちりも積もれば
結構な額になります。
 
こういう小さいお金を
大事にすることも、
思えば
商売では基本ですね。
 
 
 
 
ということで
ここのテーマでの
お話は以上です。
 
 
 
 
 
 
P.S.
 
反感買いそうですが
私は以前、
「売れすぎて困る」時期が
あって、
 
そのときに
全商品において
一律1000円
値上げしたところ
 
売れ行きは変わらず
利益だけが
上乗せされたことが
あります。
 
 
 
 
マーケティングの
理屈的にも、自分の
市場競争力が高い場合は
「値上げ」は
正しい打ち手です。
 
 
ただ、今回は
10円単位ですので
購入者の価格感度に
触れるかということが
焦点です。
 
マーケティングでは
価格弾力性といいます。
 
↓↓↓なんだか小難しいですが・・。
ここをクリック
 
 
 
 
中古家電の場合は
価格弾力性は
小さそうなので
 
なんだかいけそうな
気がする~、 ←古い?
ので、
やってみます。
 
ぜひ、ご自分の
値付けも
同じ観点で
見直せないか
点検してみてください。
 
 
 
 
 
 
P.P.S.
 
余談ながら
 
私がせどりの
超初心者だったときには
ちょうど
1万円とか、1万5千円とかで
値付けしていました。
 
が、さっぱり
売れ行きが伸びず
 
これらを
9800円とか14800円とかで
値付けしたところ
売れ行きが
伸びていきました。
 
 
 
 
こうした
端数の値下げで
お得感を覚えるのは、
 
日本人には
DNAレベルで
刻み込まれているかの
ようです。
 
 
 
 
もし、ご自分が
万一、”1万円ぽっきり”
とかで値付けしていたら
すぐに見直した方がよいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
それでは。
 
おつきあいいただき
ありがとうございました。

〈50代会社員の方、必見です〉

せどりでスローライフを過ごしたいというあなたに、ぴったりの電子書籍(無料)をご用意しました。

▽感想いただいた方全員にアマゾンギフト券(500円分)をプレゼント中です。
 2020年10月31日までの期間限定です。

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

会社員生活から抜け出したい。もうだいぶ働いた。若い世代のつきあげもある。中高年リストラの不安もある。そろそろバトンタッチして早期退職したい。そんなふうに思うことはないですか。

でも一方で、収入が不安。せどりで収入といっても、自分にもできるのか分からない人生100年時代なので、余命は長い。しっかりした収入手段にしないといけない。そういう気持ちもあるかと思います。

 

ここでのわたしの提案は、であれば、まずは自分にもできそうか確認してみませんか?です。そんな趣旨で書きました。

先にお伝えすると、せどりは普通にやっても失敗します。
なぜなら、せどりの本質は、労働集約型で、体力勝負だからです。
せどり界隈が若者ばかりなのは、そういう内情があります。
50代は余計に失敗確率が高くなります。

 

そんななか、それだからこそ、
わたしの提案は「50代でも無理なくできるせどり」です。

・何が50代向けなのか?
・どうして無理なくできるのか?
・具体的にどう進めるのか?

すべて答えを書きました。加えて、実際に49歳で早期退職し、以降4年間、せどりで生計を立ててきた、わたしの体験談もふんだんにいれました働く時間は1日3時間のスローライフを実現できています。リアルな話としてお読みいただけます。

ぜひ、手にとって読んでみてください。
そして、せどりを始める前に、自分でもできる感触をつかんでください。

 

↓↓↓こちらからご登録いただければ入手できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

ご登録後、自動返信メールにてダウンロードURLをお知らせします。同時に、わたしのメルマガも自動で配信が開始されます。なお、メール内に登録解除リンクがありますので、もしメルマガは不要ということであれば即座に登録解除が可能になっています。

それでは、この機会にぜひ入手いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
50代向けのせどりを教えています。 セミナー開催実績:合計10回以上述べ1000名以上が参加。 主催するせどり塾には120名以上が参加。 メルマガ購読者:4500名以上が購読。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2017 All Rights Reserved.