LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社をアーリーリタイア。働くのは3時間だけの隠居生活を過ごしています。

「アマゾン、偽ブランド品推奨」

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

ここでのテーマは「アマゾン、偽ブランド品推奨」です。
結論というかお伝えしたいことは出品者へのしわ寄せが恐怖です。

 

 

4月13日付け日経新聞の1面TOPに「アマゾン、偽ブランド品推奨」との記事が出ました。偽ブランド品の疑いが強い商品に対し、アマゾン推奨であるアマゾン・チョイスマークがついて販売されたとのこと。新聞の写真からはこの商品のようですが、これが7980円という破格の値段で販売されていたらしいです。

新聞では、さらに「アマゾンは他の通販サイトよりも審査が甘い」というコメントもありました。あまりアマゾンを刺激しないでくれー、とわたしは心の中で思いましたが、アマゾンにとっては屈辱であることが容易に想像されます。そもそも、アマゾンのような大企業で今回のような大きな事態に対策が打たれないわけはないです。

 

しかしながら、今回はAIもだまされたという真贋判定に対し、仮に、出品者にしわ寄せがきて、より厳しいチェックが求められるようになると、なかなか辛いものがあります。先般、参加した「アマゾン対策セミナー」では、ヤフオク、メリカリなどのオークションサイトで仕入れたものに対し、真贋の疑いがかけられるとまず、逃れられない。なぜならレシートがないから。アカウント閉鎖に追い込まれるのが常だとのことでした。

 

かといって、もし今後、オークション仕入れが成立しなくなると大きな転換が迫られることになります。と恐怖をあおってばかりですが、アマゾン対策セミナーで言われた、現時点での対策は次の2点とのこと。

・アマゾンのレビューを読む
・ヤフオクの出品者の過去履歴を読む

 

そうして仕入れ時に偽物をつかまないか、チェックすることを今は地道にやるしかないです。
ということで、ここのテーマでのお話は以上です。

 

P.S.

話は変わりますが、これ、やってませんか?
やってしまっていると、商品が全然売れなくなりますというレポートです。
↓↓↓
こちら

わたしはせどりを始めたときにすぐに気づいたので、当たり前にやっていないですが、逆に、当たり前にやりつづけていないか、チェックしてみてください。

 

それでは。お付き合いいただき、ありがとうございました。

 

隠居生活ができる”隠居せどり”は魅力的だけど、
どこから学び始めたらいいのかわからないという方に

ゼロベースから順を追って学べる
隠居せどりの基礎講座として
メルマガをご用意しました。

隠居せどりは、体系化され整合性を重んじていますので
学ぶ順番が大事です。

ご登録いただいた日から、メールが1日1通ずつ届きますので
着実に順序立てて学びが進められます。

特に、
・忙しいばかりで売上が伸びない。
・不良在庫ばかり増えて困っている。
・手元にお金が残らない。

というお悩みをお持ちであれば
隠居せどりは抜本的に解決する仕組みを持っています。

ぜひ、あなたのせどりに採り入れてください。

↓↓↓ご登録はこちらからです。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

今なら、メルマガ登録いただくことで
満員御礼を博しました
「せどり隠居セミナー」資料のLite版を
無料でプレゼントしています。

要旨を8ページにまとめていますので、
隠居せどりの骨子を短時間で学べます。

この機会にぜひ手に入れてください。

※ご登録後、自動返信メールにて資料のダウンロードURLをお知らせします。
 メルマガも自動で配信が開始されます。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2019 All Rights Reserved.