LINE(友達申請)、お問合せ(メール)遠慮なくどうぞ

49歳で会社をアーリーリタイア。働くのは3時間だけの隠居生活を過ごしています。

せどりから物販へ

松尾幸典
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

ここでのテーマは
せどりと物販についてです。

結論というか
お伝えしたいのは

せどりは物販と違って
長続きしないと
言われることが
ありますが

そんなことは
ありません、です。

 

ときおり、

せどりは何年も
続けられるものではない

物販に移行すべき、という
定説(意見)を
聞くことがあります。

聞いたことが
ありませんか?

 

私なりに分析すると

ここで指摘されている
物販が長続きするというのは

メーカーや問屋と
取引関係を結ぶことで
仕入れが安定し
しかも
長くやるほど
取引量を増やしていけるので
規模も出て
さらに安定するという
ロジックかと思います。

 

その点、
せどりは
オークション等での
一期一会の
仕入れ機会に依存しているので
不安定である、と。

しかしながら
であれば、

せどりも
安定仕入れの仕組みを
作ればよいと
いうことになります。

 

せどりが
長続きしない
というのは

せどりでは
仕入れが
安定しないという点に
論拠を見出した話かと
思いますので

そこを解決することで
長続きするように
なります。

 

ということで
ここでのテーマでの
お話は以上です。

 

P.S.

と書きましたが、

一面的な話に
なり過ぎましたので

俯瞰しつつ

上述の特性を
踏まえた
物販ビジネスの
デメリットに
言及しますと

 

物販では
逆に

取引関係をもった
メーカーや問屋に
依存するという
リスクが
生じてきます。

 

すなわち、

取扱商品の需要低下や
あるいは
取引先である
メーカーや問屋自体の
業績不振が
直接的に
影響してくる
構造です。

 

しかも、
長い付き合いで
取引量を増やして
いたとすると

有事の際の影響が
ますます
大きくなります。

 

この点でいえば
せどりは
リスク分散されていると
言えるかと思います。

 

それでは。

おつきあいいただき
ありがとうございました。

 

 

隠居生活ができる”隠居せどり”は魅力的だけど、
どこから学び始めたらいいのかわからないという方に

ゼロベースから順を追って学べる
隠居せどりの基礎講座として
メルマガをご用意しました。

隠居せどりは、体系化され整合性を重んじていますので
学ぶ順番が大事です。

ご登録いただいた日から、メールが1日1通ずつ届きますので
着実に順序立てて学びが進められます。

特に、
・忙しいばかりで売上が伸びない。
・不良在庫ばかり増えて困っている。
・手元にお金が残らない。

というお悩みをお持ちであれば
隠居せどりは抜本的に解決する仕組みを持っています。

ぜひ、あなたのせどりに採り入れてください。

↓↓↓ご登録はこちらからです。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

今なら、メルマガ登録いただくことで
満員御礼を博しました
「せどり隠居セミナー」資料のLite版を
無料でプレゼントしています。

要旨を8ページにまとめていますので、
隠居せどりの骨子を短時間で学べます。

この機会にぜひ手に入れてください。

※ご登録後、自動返信メールにて資料のダウンロードURLをお知らせします。
 メルマガも自動で配信が開始されます。

この記事を書いている人 - WRITER -
松尾幸典
時短・高利益・安定のせどりをご指南します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 50代で隠居生活 公式ブログ , 2017 All Rights Reserved.