【50代でせどり隠居生活】公式ブログ

 あなたもせどりで隠居しませんか?会社を辞めて1日3時間で安定月収70万の実践記(松尾幸典)

せどりをビジネス目線で見る

せどりから物販へ

投稿日:

ここでのテーマは
せどりと物販についてです。

結論というか
お伝えしたいのは

せどりは物販と違って
長続きしないと
言われることが
ありますが

そんなことは
ありません、です。

 

ときおり、

せどりは何年も
続けられるものではない

物販に移行すべき、という
定説(意見)を
聞くことがあります。

聞いたことが
ありませんか?

 

私なりに分析すると

ここで指摘されている
物販が長続きするというのは

メーカーや問屋と
取引関係を結ぶことで
仕入れが安定し
しかも
長くやるほど
取引量を増やしていけるので
規模も出て
さらに安定するという
ロジックかと思います。

 

その点、
せどりは
オークション等での
一期一会の
仕入れ機会に依存しているので
不安定である、と。

しかしながら
であれば、

せどりも
安定仕入れの仕組みを
作ればよいと
いうことになります。

 

せどりが
長続きしない
というのは

せどりでは
仕入れが
安定しないという点に
論拠を見出した話かと
思いますので

そこを解決することで
長続きするように
なります。

 

ということで
ここでのテーマでの
お話は以上です。

 

P.S.

と書きましたが、

一面的な話に
なり過ぎましたので

俯瞰しつつ

上述の特性を
踏まえた
物販ビジネスの
デメリットに
言及しますと

 

物販では
逆に

取引関係をもった
メーカーや問屋に
依存するという
リスクが
生じてきます。

 

すなわち、

取扱商品の需要低下や
あるいは
取引先である
メーカーや問屋自体の
業績不振が
直接的に
影響してくる
構造です。

 

しかも、
長い付き合いで
取引量を増やして
いたとすると

有事の際の影響が
ますます
大きくなります。

 

この点でいえば
せどりは
リスク分散されていると
言えるかと思います。

 

それでは。

おつきあいいただき
ありがとうございました。

 

-せどりをビジネス目線で見る

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中古スマホ市場を考える

ここでのテーマは 中古スマホ市場です。         結論というか お伝えしたいことは   中古スマホ市場が 今後、魅力的です。   &n …

no image

売れ過ぎているときは?

ここでのテーマは 売れ過ぎているとき、です。         結論というか お伝えしたいことは   売れ過ぎているとき、 つまり 数字が良すぎるときも …

no image

米国アマゾン出品セミナーに行ってきました。

ここでのテーマは 米国アマゾン 出品セミナーに 行ってきました、です。     結論としては、 私は 予定通り、 米国アマゾン販売は 始めませんが、   いろいろと 興味 …

キャッシュを手元に残すために

ここでのテーマは キャッシュを 手元に残すために、です。         結論というか お伝えしたいことは   自分のせどり実績を キャッシュフローで …

弱者の戦略を使う

ここでのテーマは 弱者の戦略です。         結論というか お伝えしたいのは、   せどりの実力が低いうちは ニッチを攻めましょう、です。 &n …

   

松尾幸典
49歳で会社を辞めて
専業せどらーに。
せどりは開始9か月で
月収70万になり、
隠居生活を過ごす。
詳しくはこちら


         
私のメルマガを読んでみませんか?
隠居生活を実現するための
時短・高利益・安定の3つを
同時に満たすせどりについて
ご指南します。
※メルマガは私の「せどり講座」です。

↓ご登録はこちら(プレゼント付き)。
*メールアドレス
お名前(任意。ニックネームでも可)


↓応援ください!(クリックください!)